topisyuさんへの供物 「メタ・アンチミステリ」まとめ

思いっきり名前指定で書く記事も珍しいですが。
id:topisyuさんの記事に
「もっとメタなミステリを読んでいただきたい」
と言う旨のコメントしたところおススメを聞かれたので書いてみます。
リンカーン・ライムも好きですけどね。




【スポンサーリンク】




ミステリといってもいろいろあります。
アームチェア、パズラー、サスペンス、バカミス、メタミス、アンチ、本格、新本格。
トピシュさんということで、ここはやはり
「通好みのミステリ(とはいえ入り口なので通にはオーソドックスな)」
を挙げたいかな、と思う次第です。

もし一般ピープルが相手であれば、もっとベタな綾辻行人の館シリーズとか、西尾維新とか無難なところを推すのですけれど、topisyuさんくらいの読解・理解力だと、単に物語世界内に視点を置いてキャラクターに感情移入し物語を消化するよりも、物語世界をメタ構造的に俯瞰して見るほうが面白いのではないかな?と思うのですよね。
構造と要素理解ですね。

一元的な世界観だけで収まらない作品は活字媒体の醍醐味でもあります。
映像媒体は、視覚からのストリーム情報が多いせいで構造への論理的な視点がぶれますから仕方ないのですが(画面の枠の外を読むというのも面白いですけれど)*1

はてブや記事に多く見られるメタでアンチな視点、という文化はミステリには多くあります。
ただそういった作品は映像化が難しいので知名度が低くもあるんですね、残念ながら。

以下縛りはアンチ、メタ辺り*2を中心にコード型新本格、邦ミスです。
作家を挙げるので、気になるものがあれば。

……要は好きな作家を延々語ります。
とっくに読んでおられるかも知れませんが。

何かのきっかけになれば幸。

麻耶雄嵩

普通の方でしたら初めに麻耶雄嵩はまず勧めませんが、トピシュさんなら大丈夫でしょう(と勝手に決めてみました)。
新装版 翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件 (講談社ノベルス)
デビュー作「翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件」です。
「最後の事件」というと「沙粧妙子-最後の事件-」や「チャーリー・チャン最後の事件」辺りを連想される方が多いと思いますがデビュー作で「最後の事件」というのも面白いですね。
登場するのは、銘探偵メルカトル鮎。
銘探偵です。名探偵ではありません。
事件は解決せずに最後の墓碑銘のように登場するので銘探偵。
さんざブログ記事を書いた後にブコメでズバッと切るブクマラーみたいなもんですね。
シニカルでニヒリズムが横溢し、黒い悪意とカタストロフが持ち味。
しかしロジカルです。
夏と冬の奏鳴曲(ソナタ) (講談社文庫)
麻耶雄嵩の最高傑作?「夏と冬の奏鳴曲(ソナタ) 」
こちらも麻耶雄嵩らしい独特の持ち味と賛否両論の大オチが待ち構えております。

竹本健治

匣の中の失楽 (講談社ノベルス)
「黒い水脈(via 埴谷雄高)」「推理小説三大奇書」と呼ばれる作品があります。
小栗虫太郎:黒死館殺人事件
夢野久作 :ドグラマグラ*3
中井英夫 :虚無への供物*4

この中で中井英夫作「虚無への供物」に影響を受けて書かれたのが竹本健治「匣の中の失楽」になります。
「匣の中の失楽」は、ミステリ読みに絶賛され、のちにこの作品と前段の作品らを合わせて「四大奇書」と呼ばれることもあるそうです。

「匣の中の失楽」は今さら説明するまでもない傑作です。
衒学的(うんちくが多い。量子力学とか)で物語世界を物語世界が否定しあう構造は「読者はどこに寄りかかり読むべきなのか」という無意識部分すら危うくします。
もちろん源流となった「虚無への供物」も素晴らしい作品です。

そして「ゲーム三部作」
定本 ゲーム殺人事件
IQ208の天才棋士 牧場智久らが囲碁、将棋、コントラクト・ブリッジ(文庫版は三冊分冊。短編「チェス殺人事件」はハードカバーもしくは竹本健治の短編集に収録されてます)をテーマにした事件に巻き込まれる、というお話です。特にコントラクト・ブリッジをテーマにした「トランプ殺人事件」はよく出来ていまして、こちらは正統派なミステリながらも寡作揃い。

「ウロボロスの偽書」
ウロボロスの偽書
こちらは作家 竹本健治自身が作中に登場します。
竹本健治が連載する作品に本人の覚えのない殺人鬼の手記が紛れ込み……というお話でして、シリーズ「ウロボロスの基礎論」「ウロボロスの純正音律」と続きます。作中作品「トリック芸者」シリーズもいい感じです。
それぞれ実在の作家(綾辻行人、有栖川有栖など)登場するのもミステリ好きには琴線に触れるところかと。

山口雅也

生ける屍の死
ベタですがやはり山口雅也を挙げるなら「生ける屍の死」は外せないところです。
死人が生き返る世界で行われる殺人事件、という不条理な舞台のパズラーが魅力です。
他にパンク探偵キッドピストルズやゲームブック13人目の探偵士などありますが、今回はメタ・アンチなので。

ミステリーズ《完全版》 (講談社文庫)
そして珠玉の短編集「ミステリーズ」

密室殺人にとりつかれた男の心の闇、一場面に盛り込まれた連続どんでん返し、不思議な公開捜査番組、姿を見せない最後の客。人気の本格推理作家が明確な意図を持ってみずからの手で精密に組み上げた短編集。謎とトリックと推理の巧みな組み合わせが、人間の深奥にひそむ「ミステリー」を鮮やかに描き出す。

この説明で言い表されていますね。
さまざまなミステリのコードを使い描いたおもちゃ箱のような作品群。
中でもウチのブログで言及の多い「不在のお茶会」はメタな思考が横溢しております。
この短編がお好きなら積木鏡介「歪んだ創世記」も楽しめるかと。
歪んだ創世記 (講談社ノベルス)
表紙が故・辰巳四郎氏ですね、すばらしい。

殊能正之

故人に関しては過去に記事があるのでそちらを。
「ハサミ男*5」は有名ですが、前提として知識が無いと楽しめない作品が多いのも困りものなのですが(マイ○○・○○○ックとかH○ラ○○○○トとか)。
殊能将之氏の訃報を聞いて(追悼としての読書案内) - あざなえるなわのごとし
メタミスですかね。

舞城王太郎

いずれ舞城王太郎の記事は書くつもりでしたが……。
読まれてるかもですね。
煙か土か食い物 (講談社文庫)
暗闇の中で子供 (講談社ノベルス)
やはりデビュー作。
このころはまだミステリな作家でした。
「煙か土か食い物」「暗闇の中で子供」のメタ、アンチ、破たんはアニメ「エヴァンゲリオン」を連想させます。
見立てはとてもアンチですね。
そして「ディスコ探偵水曜日」でのまどマギの先を行く概念化もすばらしい。
ディスコ探偵水曜日〈上〉
パインハウスでの事件も解決されますが、そんなことよりも……ですね。
最近はブンガク的な作品が多いですが。


……あれですね。
よくわからなくても書店に行って帯に
「大森望絶賛!!」
とか書いてあればメタミスもしくは壁投本ですのでそれを目安にされるのも一興かと思われ。
大森望、最近はSFに寄○してるみたいです。

※過去にもリストを作ってるので重複多々ですがご了承ください。
※アフィよりブックオフがお得ですよ、もちろん。どれも古めなので安く手に入ります

*1:以下、映像化済作品は注釈に記載

*2:コード(類型)型ミステリの否定、物語世界の否定など自己言及的な構造をもつもの

*3:桂枝雀出演で映画化

*4:深津絵里主演でドラマ化

*5:豊川悦司主演で映画化