読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有吉がバカにするMAISON KITSUNEの「Parisien」キャップはダサいのか?


有吉弘行、ブランド品だからとありがたがる人に「ブランドだろうと、ダサいものはダサい」 | 世界は数字で出来ている

有吉弘行:お前が、MAISON KITSUNE (メゾン キツネ)かなんだか分からないけどかぶってて、クスクス笑ってて「おい、パリジャンって書いてあるぞ、ダサいなぁ」って言われて、その時、お前、顔を真っ赤にして言うのか?「これ、有名メーカーだぞ」って。その自分、どうだ?ダセェだろ?

西堀:帽子に「パリジャン」って書かれてたら、笑っちゃいますね(笑)

有吉弘行:「でも、これはMAISON KITSUNE (メゾン キツネ)が作ったパリジャンだから、これはオシャレなパリジャンだし!」って思ってんだよ。そんな看板や肩書で、頭を下げるんじゃねぇよ!バカかよ!


話に出てるのは、

このキャップでしょうね。

今年の春は、キャップとスタジャンが流行なので。
デカデカと「パリジャン」って書いてある。

MAISON KITSUNE

MAISON KITSUNEって昔は代官山のボンジュールレコードくらいしか展開してなかった気がするんだけども、青山に路面店を出して、ここ数年での持ち上げられ方は新興ブランドの中でも出色かもしれない。
新宿南口のルミネ1、正面入り口左脇に三月から出店してる(あの立地であの客の入りだと撤退も早そうだけれど)。

先日、SMAP香取が服の本を出したときの特典がKITSUNEとのコラボTって聞いたとき「え?KITSUNE?」って二度見しましたから。

服バカ至福本【初回入荷限定特典付】服バカ至福本【初回入荷限定特典付】
香取 慎吾

集英社
売り上げランキング : 27655

Amazonで詳しく見る
MAISON KITSUNEはフレンチカジュアルで、きれい目のブランド。
A.P.C.あたりを連想していただくといい。
そういえば先だって勘違い増田が、KITSUNEの名前挙げてたものなぁ……。

「パリっ子」はダサいか?

「パリジャン」がダサい、というのはそれを読んで意味を考えちゃうと……まで繋がってんので、昔でいえばマルコムエックスの帽子被ってたら黒人に襟首つかまれた、みたいなもので、書かれている文字のその意味も含めて考えるか、その文字を図形として見るかってところなんすけどね。

パリジャンって着てればそれが「パリ人気取りだ!」まで考えるからおかしいってツッコミ。
じゃあ違う文字ならオシャレなのか?と。
そうなるとオシャレかそうじゃないかの境目は文字しかないってことになる。
自分が解らないならオシャレだが解るからダサい、それもおかしい。

とはいえ「パリジャンの文字がダサい」対して「いや有名ブランドだから」はおかしい、と。
そりゃあその通り。
だってブランドだろうがダサいものはダサい。

有吉弘行サエコもかぶってたの。それはカッコよく見えるの。オシャレだし。

西堀:はい。

有吉弘行:でも、サエコは言わなかったよ。「MAISON KITSUNE (メゾン キツネ)だし!」って言わなかった。

西堀:言わないよ(笑)

有吉弘行:「すみません。似合わないですね」って笑ってた。

西堀:本人がそういうなら良いですよね。

有吉弘行:それなのに言ってくるヤツがいたからさ。「何なんだよ、ダセェな」って思ったんだよ。…おい、次行くぞ。

有吉が言ってるのはこの

・Parisienロゴは意味がダサい
・ブランドだからオシャレだ、っていう反論(意識)がダサい

って二つの部分……特に後者なんすよね、この話って。

書いてある意味がダサかろうが、着るひとが着ればオシャレに見える。
でも「ブランドガー」っていうお前はダサいぞ、と。


とはいえ、もう有吉がダサいと思おうが、とっくに流行ってるからいろんなヤツが被ってんのな……。
KITSUNEのキャップって今シーズン、セレショのアダム・エ・ロぺとかBEAMSにすら置いてるんだから驚く。

オシャレじゃないひとに「オシャレ」と言われても説得力はないのに、オシャレじゃないひとが「ダサい」というとダサく感じるんだから面白い。
そこの美的な選定感覚が鈍感だから「オシャレじゃない」んだろうに、その感覚が基準でもマイナス評価なら説得力を持つ。
謎だ。

KITSUNE高いわ……。

美しい人々

ビューティフルピープルって日本のブランドがありましてね。
beautiful people | ビューティフルピープル - EDOMAE TRAD
去年だったかな、コレクションテーマが「寅さん」だったんですよ。
EDOMAE TRADという名前で、雪駄とかね、寅さんをイメージさせるチェック柄のアイテムとか。
日本人からすれば微妙じゃないですか。
チェック柄見ただけで渥美清とあのテーマ曲が浮かぶ。
でもその前提として知識が無いひとが見たら、どうなんでしょうね。

beautiful people 2013 S/S COLLECTION - YouTube

あざとい→一周回ってオシャレ

今は知らないけれど、少し前までKENZOが流行ってた。

でもKENZOのアイテムは、最近派手というかあざといものが多い。
この目の帽子なんて「ガーゴイル?」「ともだち??」なんかを連想して結び付けて見るとダサい。

しかしこれを細身のモデルさん辺りが被ってるとオシャレに見える。
あえて、それを被ってる、みたいに裏読みをさせるからオシャレに見えてしまう。
見せる、というか。
他の着こなしに隙が無いのにこれだけ「あれ?」ってアイテムならそれは「おぉ、狙ってんな?!」になる。
自他問わず、誰かの中でそれが完結して整合性を持って納得できているのであればそれは正しい。

胸にデカデカとトラの顔とか。
そこそこの年なら「お前はゴライオンか?!」のツッコミが安牌。
でもモデルさんが着ると……一周回ってオシャレ。なのかな。よくわからんけど流行ったのは間違いない。
一周回って、あえて、とか非常にメタな感覚が前提になってる。
ファッションってコミュニケーションツールとしての側面もあるし、だからこそメタな価値観なんてものも有効性を持つ。

Kenzo tiger |
いろんな海外セレブがこぞって着てる。
GIVENCHYのリカルド・ティッシがあざといのをずーっとやってて、その流れもあるかもしれないけれど。

まとめ

ブランド物かどうか、以前にまず似合うかに合わないかがあって、そのうえで合わせ方だとか着こなしだとか流行だとか知識だとか、そーいうのがあったうえにブランドってものがあるのだけれど。

でも昔はアムラーだとか「安室が着てるからオシャレだ」とかシャネラーだとか「シャネルだからオシャレだ」みたいなセンスなしの狭窄視野のブランド、ファッションカリスマ信仰があったものですけど、最近はモノに対する付加価値が下がっていっているので、こういう「○○なのでオシャレなのだ」という価値観は絶滅危惧種のような気もするのですよね。
でもあいのりとかテラスハウスとかその辺にいるのかな?知らんけど。

そーいう懐かしの「オシャレテンプレート教義」を今も信奉するのはヤンキーイズムに裏打ちされていると決まってるもんですが、そーいう意味でKENZOのあざといデザインとか、MIHARAYASUHIROの先だってのコレクションの「ヤクザ・チンピラの美意識」をテーマにしたコレクションとか、その辺りへのマーケティングの意味も込められてたのか、と想像すると面白い。

あざなえるはこう思った

ま、何がダサいかって難しいし知らねぇ(ぶん投げ)。

ラノベ版の
「あなたがライトノベルと思うものがライトノベルです。ただし、他人の賛同を得られるとは限りません。」
と同じくファ版にも
「あなたがオシャレと思うものがオシャレです。ただし、他人の賛同を得られるとは限りません。」
これを掲げよう。


あ、KITSUNE好きなんすよね。
今年はシャツくらい買うかなー。
メゾンキツネ (MAISON KITSUNE) トリコロールチェックボタンダウンシャツ【43】【並行輸入品】