毒説キャラを使って社会を切る!ティムール・ヴェルメシュ「帰ってきたヒトラー」

帰って来たヒトラー上

2011年8月にヒトラーが突然ベルリンで目覚める。彼は自殺したことを覚えていない。まわりの人間は彼のことをヒトラーそっくりの芸人だと思い込み、彼の発言すべてを強烈なブラックジョークだと解釈する。勘違いが勘違いを呼び、彼はテレビのコメディ番組に出演し、人気者になっていく…。

話題になった「帰ってきたヒトラー」を読んだ。

ヒトラーと言えば、世界史の授業とブルーノ・ガンツの映画と、水木しげるのマンガとか、あとはチャップリンの独裁者で揶揄してるのは知ってる」程度の日本人が読むのと、ドイツ人とユダヤ人が読むのでは当然感想も感覚も違うだろう。

劇画ヒットラー (ちくま文庫)劇画ヒットラー (ちくま文庫)
水木 しげる

筑摩書房
売り上げランキング : 26030

Amazonで詳しく見る
前提になる知識だとか環境だとか人種によって読み口がまるっきり変わる作品、だと思う。
一般的な日本人としての感想。


あとがきの部分から一部引用するが、

ヒトラーに関するこれまでの説明やアプローチや視点はどれもみな同じだった。そして人々の多くは自分の精神衛生のため、彼を一種の怪物として解釈してきた。
(中略)
だがそこには、人間アドルフ・ヒトラーに人を引きつける力があきらかにあったという視点が欠けている。
(中略)
人々は、気の狂った男を選んだりしない。人々は、自分にとって魅力的に見えたりすばらしいと思えたりする人物をこそ選ぶはずだ

著者ヴェルメシュは、ヒトラーという「カリスマ」をベースに、現代社会にもし過去の”常識”を持ったままのヒトラーが突然よみがえったら?という話を書いている。
なので「なぜヒトラーがよみがえったのか?」という原因だとかそういうものは考慮されない。
この作品でそれはどうでもいい。
自然でも科学でも魔術でも。

この作品でのヒトラーは、終始ヒトラー自身で周囲からは
ヒトラーを徹頭徹尾演じている変なコメディアン」
だと思われている。
だからヒトラーが率いるドイツ軍が過去に犯した虐殺などを追及されヒトラー自身は過去のこととして語るが、周囲から見れば「コメディアンがヒトラーのつもりで過去のことを語っている」というズレが生じる。
なので不謹慎と思われることや過激なことも本人からすれば「自分が思っている、過去にあった/やった」のだけど周囲からすれば「(この人ではなく)ヒトラーがやった、過去にあった/やった」で当事者が当事者と思われない。
そりゃ歴史上の人物が急に眼の前にいたからって、本当に信じるのはアニメのセカイくらい。

前半は、まずヒトラーが生きていた当時になかったテクノロジーとのギャップが描かれる。
昔やってた「もしもアフリカの部族が東京にやってきたら?」みたいな。
しかしヒトラーは、1945年まで生きていたので今の科学技術は確かに進んでいるが当時の技術と地続きでそれらが発展したものと理解してすぐに吸収する。
もちろん携帯電話が鳴りだしても出る方法が解らずとりあえず端末に向けて叫ぶ、みたいなスラップスティックはあるわけだけれど。

そして後半はヒトラーがテレビ演説する。
テレビで切るのは、現代の矛盾や社会的な問題。
ヒトラーの理想論的なものがベースで現実的でないからこそそれがいえる。

人種的な差別観は、当然のようにある。
でなければ、ガス室に送ったりしない。
しかしその部分以外での、まともさや理想論者な部分を広げられていて、その辺りが作者のいう

アドルフ・ヒトラーに人を引きつける力があきらかにあったという視点

だからこの作品で描かれるヒトラーに人間的な嫌悪感を感じにくくなっていて、そう読ませるのが作者の思惑だろう。

有吉とかマツコがドギツイことを言っても許される。
それはそういうキャラクターとして認識されていて、だからこそ歯に衣着せず言いたいことをズバリ言ってる。
復活したヒトラーだからこそ言いたいことを言い、現代の政治や資本主義による社会の抱える問題をあからさまに皮肉る。
「究極の毒キャラを使って現代社会を切る」
そーいう本だと思う。
厚さの割に読みやすいし、なかなかおススメ。

ただコメディ作品としては……笑えるのかな?
高尚と言うか少し前提知識がないと。
帰って来たヒトラー下