読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小川一水「コロロギ岳から木星トロヤへ」

読書 SF

コロロギ岳から木星トロヤへ
西暦2231年、木星前方トロヤ群の小惑星アキレス。
その星に住む少年リュセージとワランキは宇宙船に閉じ込められてしまう。
そして2014年の地球。
北アルプス・コロロギ岳の山頂観測所に突然巨大な生物が突っ込んでくる。
天文学者 岳樺百葉にそのカイアクと名乗る生物は
「西暦2231年、木星前方トロヤ群の小惑星アキレスに尻尾が引っ掛かってしまった」
と言い、突っ込んだままのコロロギ岳の山頂観測所から退くには西暦2231年、木星前方トロヤ群の小惑星アキレスにある宇宙船に引っ掛かった尾を取る必要があるのだ、と告げる。

 



【スポンサーリンク】


 
 
 
SFの定番タイムパラドックスというのは過去が改ざんされることで未来が変わるという矛盾が発生してしまう状況なのだけれど、このタイムパラドックスうんぬんを超越して「時間を泳ぐ」カイアクというでっかい大根のような(この次元のこの物語の時間では先端部しか見えないので)生き物が過去と未来を時間を超越してリアルタイムに繋いでしまう。
この2231年と2014年をリアルタイムに繋ぐというのがキモで、本来なら数百年スパンので離れた地球と木星近くと言う時空間をリアルタイムで繋ぐのは当然物理的にかなり無理があるのだけれど「時間を泳ぐ生物」の身体を通じて繋がることで「その生物が調整してリアルタイムにしてる」という空想科学的なセンスオブワンダー。
そんなアホな、を科学的考証をベースに描いて見せる夢物語がSF。

頭が2014年、尾が2231年。
意思疎通が出来るのは当然2014年なわけです。
だから過去から未来へ「その尾を外して」のメッセージを送らなきゃならないのだけれど、そのために世界を巻き込み「200年あとまで残るメッセージ」を作って、それで変化した未来から送られてくる「リアルタイムなメッセージ」に応じてまた過去から手を変え品を変え「カイアク救出作戦」「未来改ざん計画」を行う。
スケールはとてもでかいんだけれどもやることは「子供らに尾を外すよう頼む」という小さなことで、とはいえ未来はてんやわんやで閉鎖空間だの敗戦だの放射能だのサルだので一筋縄ではいかない。
しかもカイアクが留まったままだと、どんどん巨大化(ひとの認識できる時空間に身体が出現する)していき、日本の空をカイアクが埋め尽くしてしまう、なんて状況は遅れてきたアンゴルモアの大王状態。


一風変わったタイムトンネル(?)もの。
小川一水らしい奇想に溢れた佳作の小品。


5/23は「天冥の標8 ジャイアント・アーク PART1」か。
電子書籍になるのはいつなんだか……ね。
天冥の標Ⅶ