「お前が嫌いとか語るのはお前のアイデンティティ確保のためだろ?」と言う御意見への瑣末な返信

モヒカン族の最後 (福音館古典童話シリーズ 30)
んーと。
今週は、マッチョな気がする。


ただ嫌いな音楽を語るのか、その音楽が嫌いな自分を語るのか。 - ようこそ宇宙
がっつりダメ出しいただきましたので久々に反応しますね。
ブログ開設祝いとして、親愛の情をこめて。

ウチは、大概スルーです。


ポップソングがきらいな理由 - あざなえるなわのごとし
この「ポップソングがきらいな理由」記事は、別に一般的な一定クラスタパラダイム批判な中身ではないんですよ。
前にもどこかで書いたのだけど(ホント、ウチ読まれてないなー)主語はひとつひとつ書かない。

以下に(自記事引用しつつ補てん)してみると、

わかるわー(オレは)。
嫌いやわー(オレは)。
禿同とか言わないけど、これが(オレの)禿同と言う感情なのね。
ヒルクライムとかな(ぼそっ)。

基本的に(オレは)甘ったるい曲は嫌いだが、こういう(オレが)嫌いな曲について考えると(オレは)面白いので(オレが嫌いな理由を)さっくり考えた。

「お前らー!お前らの好きなポップソングってのはなー!」などと言ってるわけじゃない。
記事冒頭に
「オレはこんな風に好きじゃないんだ」
と考え、上記引用部が書いてある。
そこへ「お前何こきおろしてんだよ?」の反対意見はおかしい。
「今回は皆さんが思ってるクソみたいなポップソングがなぜクソなのか教えてあげます」
ともし書いてあったならば、がっつり批判も受けましょうが。
音楽としてダメな理由じゃないですよ?
オレが嫌いってだけですよ?
「ポップソングがダメな理由」じゃなく「ポップソングが嫌いな理由」ですよ???
あくまで個人の趣味嗜好。
……足してないとそうは読めないか、これ。


もし反対だとしたら「キミは嫌いだというけどこんなにいいんだよ?」なら理解できる。

肉が嫌い→え?でもお肉美味しいよ

これは解るということです。
あくまで「自分の~」だから(自記事引用しつつ補てん)

他にもビジュアルだの売り方だのあるんだろうが、薄っぺらい行動主義とお仕着せのクリーンさ、キレイでそれっぽいうわべを飾ったモノに対しての生理的な違和感(感覚的)が、売れてようが何だろうが(オレは)嫌いと感じるんだろう。
無根拠なポジティブシンキングを嫌悪するからこそ(オレは)サブカルなんてやってるわけで。

とあくまで「自分はこう感じるしこう思う」なんですよ、この記事。

Q&A

一方で二つ目の記事ではそんな音楽たちを「ポップソング」とまとめてしまってる。

そりゃあ「ボクが思うポップソング」ですから。
それにリンクを貼ってる時点で「○○と○○など」とは書かない。

その為のリンクであって、だから「ポップソング」と言う呼称は当然リンク先記事内容を受けて書いてる。
しかもまぁ「ボクがきらいな理由」なので、ボクの中の「ポップソング」の定義がダメと言われても一般ベースのパラダイムではないのですね……。

そもそもポップソングの定義って、曖昧なものです。大衆音楽なのか、ポップミュージックのことなのか。少なくともGreeeen遊助、ファンモンあたりの音楽だけを指した言葉では決してないはず。

「ボクがきらいな理由」なので、ボクの中の「ポップソング」の定義がダメと言われてもですね……。
世間のポップソング批判ならこんなに論拠薄弱な記事になりませんよ?ウチでやる場合。
「自分が嫌いな理由」なので雑なだけです。


少し話が逸れるんですが、以前他の方のブログで必要以上に細かい補足をされてて最期に
「今はこういうのを書かないといけないんですよね...はぁ」
とありましてね。
つまりそれだけ「ここからここまでです」と言うことをハッキリ銘記しておかないと主語を大きく捉えられやすい、ということなんですよね。
特にウチの場合、話が斜めに跳んだり、急に余談(こういう)になったりするので、その辺はブログ書く人は気をつけましょうね。
こういうのを書かないといけないんですよね...はぁ。

「ポップ=軽さ」というイメージは確かにありますが、この二つ目の記事を書いた方は一つ目の記事の方の嫌悪感に便乗して、「ポップソング(J-POPのことを指してると思う)」という大きなくくりのダメ出しをしたいだけのように思えるのです。

えーと、「ボクがきらいな理由」なので、ボクの中の「ポップソングのダメ出し」がダメと言われてもですね……。
だって自分が嫌いだったらダメだしするでしょう。
「大きなくくりのダメ出し」をする場合は生理的嫌悪は背景にしません。
それでやると論旨の根本が「感情」になってしまうので批判の根拠として弱い。
ですから記事では「嫌い」な展開しかしてないわけです。

そもそも「ポップソング」全般嫌いと書いてないのですが……。

そして「ポップソング」をダメ出しすることは、この方にとって自分の愛する音楽やジャンルの肯定、ひいては自分の「サブカル」というポジションの肯定につながるんだと思います。

えーと。
マジでウチ読んでます???
愛する音楽ジャンルって、ウチって随分広いんですが……。
「自称サブカル」だからアングラロックしか聴かないとか思ってません??

一つ目の記事の方がまっすぐに自らの嫌悪感を書いたのに対して、二つ目の記事の方はいろいろなものに名前をつけながら、自分のアイデンティティを主張しているようにしか思えません。


自分の知っている(ポップソングに比べたら)コアな音楽を羅列して、自分を「サブカル」と自称して、「サブカルだけど多角的な視点も持っているんですよ」ということで、「ももクロ」の名前を挙げる(ように読める)。

そんなにコアでもないですけどね。
自分の知る限りのメジャーなんですが……どれも。
自分をサブカルと称するのは、これまでに蓄積がさんざあるからなんですが、それを「自称」というならまず「お前はサブカルじゃない」の定義から始めなければなりませんね。

「サブカル」も「ももクロ」も「ポップソング」も、一人のアイデンティティのためにやり玉に挙げられ、使われているように感じてしまいました。

個人のブログはあくまでアイデンティティの発露だと思うのですが、それをしてはいけない理由とはなんですかね。
やり玉と言われますが、では個人ブログでは「音楽の好き嫌い」すら書いてはいけないという理解ですかね。
公開している以上、「嫌い」という意見にすら反対が来るのは理解できますが「お前が嫌いと言うのは間違ってる」ではなく「お前が嫌いと書くのは、自分のアイデンティティ確保のためだ」と言われるとですね……それ、記事単体への批判じゃなく書き手への人格批判ですかね?

あと「ももクロ」は、アイデンティティ確保のための道具だとでも????
ウチは、はてなで「ドルオタキモッ」と言われながらも前から「ももクロ」をずーーっと語ってますが??
何度もライブにも行ってますし↓
"ももクロ" - 記事一覧 - あざなえるなわのごとし


一応書きますが、「ボクがきらいな理由」なので。

別に悪いことだとは思いませんが、「ポップ」にもこの方の言う「サブカル」にもワクワクするわたしとしては、残念だなぁと思います。

ウチの言う「サブカル」がどの「サブカル」が理解出来るのですね。
それは素晴らしい。
ようやくそういう方が出て着て嬉しく思います。
なかなかいないんですよね。最近のブロガーは皆「ボクの生き方が~」と言う方なので。
70’~現代までのオタクの変遷とサブカルの変化を語れる書き手は希少だと思います。

嫌いな音楽がないとのことですので是非お勧めのラップを教えていただきたい。
今掘ってるジャンルなので。
あと地下アイドルも是非ご教授いただければ幸い(そっち系弱い)。

ひねくれずに良いものは良い、と受け入れることは、心の安定にもつながります。

なのでウチはロックからヒップホップ、アイドル、ボカロまで手広いんですよ……。
「嫌いと言わずに受け入れろ!」ということでしたら「良いものは良い」のその「良い」が何なのか定義してほしいところですね。
売れ筋で軽薄と言われるリア充のあの辺のポップソング(あくまでも自分内定義)を「ここが良いのだ」「お前は嫌ってるがそれは間違いだ、こういうところがいいのだ」と書いていただければ非常に嬉しい。
理解しづらいモノの魅力は、咀嚼できる形に置き換わらないと理解が難しいのですよねー。


ちなみに便乗と言われてもブログってのは言及しあうのは通常の手管ですからね。
禁止されてる、手段として汚いってんなら解りますけど、ブログって言及して広がっていくのが面白いんじゃないんですかね?
嫌いな音楽 - K Diary
こちらのxkxaxkx氏の記事が書かれてすぐ(そのときはブクマしなかったけど)にこちらが書いてるので「便乗」と言われても。
もともと人気が出るかどうかもわからないうちに書いてたので。

どのブログも多くは日々ニュースに「便乗」しネタに「便乗」してることになるんですが。


で、ウチの記事はあくまでも「自分が嫌い」なのですが、それを読まれて記事にされた、と。
で、一人のアイデンティティを擁護するためにお前はポップソングを批判した、と言う記事を上梓された。
で、このように言及されて「お前の記事はダメだ」「お前のポップソングってのはダメなんだ」と書かれているのを読んだわけですが。
で、何かしらお望みでしたら出来る範囲で対処いたします。
記事全文打ち消しなり、記事削除なり、「嫌ってすいません」の謝罪文掲載とか。
垢消せは厳しいですが、それ以外で。

プレゼント

こんな感じでこちらからは以上です。
ようこそはてなへ。


じゃあ、ポップソングなしゃちほこ置いときますね。

チームしゃちほこ「いいくらし」MV - YouTube