ケヴィン・ベーコン指数的に「在日ファンク→→→ビョーク」まで繋げてみる

※タイトル通りのお遊び小ネタ
爆弾こわい 岡村靖幸REMIX
在日ファンクを聴いて日本に在りながらファンクを再認識する - 太陽がまぶしかったから
在日ファンクから関連、連想を辿り関連なさそうなビョークに繋げてみるケビン・ベーコン指数的な小ネタ。

映画俳優の共演関係の「距離」をケヴィン・ベーコンを起点に計測する「ケヴィン・ベーコンとの六次の隔たり」(Six Degrees of Kevin Bacon)という遊びがある。ケヴィン・ベーコンと共演した俳優を「1次」、「1次」の人物と共演した人物に「2次」というように隔たりの指数(「ベーコン指数」Bacon number と呼ばれる)を与えるもので、その指数をなるべく小さくしようとしたり、より遠くの人物に結びつきを見出そうとしたりものである。

ケヴィン・ベーコン指数


今度アルバムを出す在日ファンク。
現代のメジャーでは珍しい本格的なファンクバンド。

個人的にファンクは好きでして、記憶を辿るとファンクな音で最初にハマったのって岡村ちゃんなわけです。

在日ファンク / 爆弾こわい 岡村靖幸REMIX - YouTube
在日ファンクx岡村靖幸REMIXは当然どハマり。
こんなに相性のいいREMIXもなかなかないよね、と。

岡村靖幸は、単純にシンプルなファンク・サウンドと言うだけではなく、そこにサンプリングやアコギも複雑に絡み独特で唯一無二な音世界が造られてる。

岡村靖幸 どぉなっちゃってんだよ JUSTPOPUP - YouTube


岡村靖幸というと「和製プリンス」とか言われたりもしましたが、そんな本家本元のプリンス(ジ・アーティスト・フォーマリー・ノーン・アズ……じゃないんですよね、もう)の「BAT DANCE(空耳の「農協牛乳!」でお馴染み)」をこの前ようつべで聴き返してたら、いやはや、すげーわ、これ。
なんちゅー曲だ。

サンプリングで継ぎはぎする音ネタを全部手前でやっちゃって、プリンス節も前回。
クオリティ高すわ。


アメリカのファンクの元祖と言うと当然JBですよね。
JBはここにいる - あざなえるなわのごとし
過去にこんな創作小ネタも書いてますが。


James Brown Funky Drummer - YouTube
もともとブロンクスでレコードをかけて踊らせていたところ、一番盛り上がるのがこのJB「Funky Drummer」のドラム部分だった。
そこで二枚のレコードをかけて一番盛り上がるドラム部分ばかりかけたのがサンプリングの始まりとか言われてますよね(「文化系のためのヒップホップ入門」、「ヒップホップ家系図」参照)

そんなドラム部分をループさせた音源↓

Funky Drummer Loop - YouTube


初期ヒップホップと言えばアフリカバンバータにグランドマスターフラッシュ。

レフトフィールドと一緒にやったこの「Afrika Shox」のPVは有名ですね。
監督は、クリス・カニンガム

クリス・カニンガムというとスクエアプッシャー「Come On My Selector」のAKIRAチックな世界観が好きでして。

昔、ギブスンの「ニューロマンサー」を監督するって話がありまして(いつまで言ってんだ……)。
押井守ルパン三世並みの残念ポシャり企画ですかね。

クリス・カニンガムはエイフェックスなんかのPVとか、あとビョークのPVも撮ってます。
このAll is full of loveは有名ですね。ベタ。


ディレクターズレーベルってDVDにこの手のPVが全部入りで出てます。
ゴンドリーとスパイク・ジョンズの初期作入ってるのでかなりお得感ありまっせ。
DIRECTORS LABEL スペシャル・トリプル・パック (初回限定生産) [DVD]


なんとなく繋がりましたね。
在日ファンク→岡村靖幸(1)→プリンス(2)→JB(3)→アフリカバンバータ(4)→クリス・カニンガム(5)→ビョーク(6)
ケヴィン・ベーコン指数は6。


とりとめがなくなってきたので、スパイクジョンズが素人ダンス同好会に混ざってショッピングモールで踊るFATBOYSLIM「PRAISE YOU」のPVでお別れします。
ではでは。
※これ、海を渡るのが大変だとよく解った