吸血鬼のオシャレで気だるく憂鬱な日常 映画「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」


映画『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』予告編 - YouTube

吸血鬼のアダム(トム・ヒドルストン)はギターをはじめ弦楽器なら何でも自在に弾きこなすミュージシャンとしてアンダーグラウンド・ミュージック・シーンで活躍している。
しかしここ近年の自己破滅的な人間たちの振る舞いにアダムは抑鬱を抱えていた。そんなとき恋人イヴ(ティルダ・スウィントン)がデトロイトに住む彼の元を訪れる。
もちろん、彼女も吸血鬼で2人は何世紀も愛し合い、生き続けてきた。久々の再会もつかの間、イヴの破天荒な妹エヴァ(ミア・ワシコウスカ)が突然2人に会いにやってきて3人の運命は、ゆっくりと変わり始める・・・。


さすがジム・ジャームッシュ
オシャレ映画語りが口を揃えて「これは素晴らしい」と言うけれど、深く聞かれても
「んー、傑作だよねー」
「退廃的な感じがサー」
「やっぱ暗喩が深いよね、アーティスティックって言うか」

などと自称「映画通」が、描かれてる中身はよくわからないけれどなんとなく何かわかってる風に通ぶって語りたくなる作品に仕上がってる。
観てる人間のほとんどが「なんとなくこんな感じー?」みたいな印象で終わること請け合いだから適当に言ってもそれっぽく伝わる。

雰囲気は抜群で終始、主人公ら吸血鬼はアンニュイなテンションで、出歩くこともなく昼間は寝て、夜活動する。
そんな安寧の中で生き続ける吸血鬼の日常が延々と描かれ、特に危機やアクションもなく(だってジム・ジャームッシュだし)ミア・ワシコウスカ演じるエヴァが危なっかしいくらい。


Yahoo!ムービー辺りの感想を眺めても、

話が好きとか嫌いとかは何も感じず、ただひたすら、ヴァンパイアという闇の存在であるのに聖性さえ感じられるイヴや、そのイヴに引っ張られてようやく生きのびたような、強い吸血鬼のイメージから懸け離れているアダムを、憂鬱で美しい音楽に埋もれながら見ていられたら。
もうそれだけで、そこらの数多の映画以上に満たされます。

ただ、たまに彼らが関わってきた有名人たちの話が差し挟まれるのだけど、それらの挿話は、もうちょっと「いかにも有名人の名前や裏エピソード出したった!」感が出ないようにつくってほしかったかなあ。そこだけ、ちょいと我に返ってしまうというか、乗り切れません。

ストーリーも、現代を生きるヴァンパイアの儚さが描かれており、どこか「矢沢あい」の漫画を思わせるような印象でした。

ジャームッシュ特有のハデなところが無い映画ではあると思いますが、味わい深く何度でも見返したくなる中毒性のある作品だと思います。

この辺は「何かよくわからないけれど映像素晴らしいわよ!☆☆☆☆☆よ!」と言った感じ。
まぁ、そんな映画だから。
王家衛とかリンチとか、ジム・ジャームッシュとか。
サブカルご用達監督は、ともかく「雰囲気」が大事。

そして、吸血鬼なのに非暴力的で洗練された方法で血を得ていることも興味深く、自己主張や生存競争から離れた“現世からの浮遊感”を純粋に浮かび上がらせているのであります。
監督自身のクリエイターとしての心情と近侍をバンパイアに投影して語る“現代の寓話”で、画面から照射される“現実から乖離した浮遊感”が肝の映画であります。

http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id347005/rid44/p1/s0/c9/

この感想にある「吸血鬼は監督のクリエイターとしての心情と近侍」というのが、多分この映画の骨子だと感じた。

アーティストと言うのは何かを表現しなきゃあならないがそれを理解出来ない俗物相手にやってる。
家の前までやってくるファンや金や名声や、そういうものでないところで隠遁しひたすら作りたいのだけれど、血を吸った後の死体をそこら辺に捨てておけば良かった中世でない現代に生きるには、それなりの資金も必要で、だからアングラミュージシャンとしてこっそり曲を発表しつつ、しかし人前に姿は絶対に現さない。
「オレの造りだす芸術はお前らみたいな俗物にはわかんねーンだよ」と言う奢りと、しかしそんな俗物を相手にしなきゃあ生きていけないジレンマ。
人間を「ゾンビどもめ」と蔑みながらもその血を吸わなきゃ生きられない吸血鬼のニアイコールで、しかも中世なら吸血鬼の城で過ごしてたんだろうが、生き続ける上で人間の社会の中で密かに生きていて、時折姿を現すが、それは本意ではない。
ひとの血を吸わなくても生きられるならどこかの山奥にでも住んで象牙の塔を気どるんだろうが、吸血鬼である以上それは叶わない。

有線の電気(電線)を批判して「テスラはあんな無様なやり方よりもっとスマートなやり方で云々」(もっと違う言い方だったが意味はこんな感じ)というのが何度が象徴的に出てくるのだけれど(ニコラ・テスラの世界システム)、これにしろ有線によって繋がりたくないという嗜好のメタファーだし、現代の人間の文明への否定なんだろう。
電線に繋がれ、絡み合いもつれい複雑で無様な格好。


人であればいずれ死ぬが、それも叶わず永遠に生きたまま理解者も得られず。
理解してくれるのはただ同族の妻だけ。
人間とは違う時間に生きながらも、人間の中で生きなければいられない。
安寧の中で永遠の生に飽きて木の弾丸を作って(木の杭の代わりに)自分を撃とうかとも考えるが死に切れもせず、餓死しようとするが結局通りかかった人間を襲ってまた生き延びる。
俗物を蔑みながらも充分俗物な吸血鬼の姿が、アンビバレンツでこじらせたアーティストの姿と暗喩の二重写しになってる。

この映画を観て「この映画って言うのはさ―」と語る人間に突き刺さるブーメラン、という仕組み。
俗物が偉そうに語ってんじゃねーよと。
ニヒリズム横溢する感じもジム・ジャームッシュですねー(深々と突き立つブーメラン)。


劇中音楽が素晴らしくって、グランジブリストルサウンド辺りの歪んでビビってる音が使われてる。
アンニュイで気だるい作品世界そのままの音楽センスはさすがジャームッシュ。ポーティス・ヘッドとかマッシブ・アタック好きならハマると思う。

特に後半に出てくるヤスミン・ハムダンのこのシーンは秀逸。


EFFECTOR(エフェクター) サングラス 【UNDER COVER×EFFECTOR】 『kimberly』 Col.NV/SG(ネイビー/サングラス)
劇中、吸血鬼がかけてるサングラスはEFFECTORのものだそうで。
CRADLE | News & Topics | ジム・ジャームッシュ監督作品 映画『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライブ』とクレイドルのアイウェア
EFFECTORのセルフレームって主張が強いから顔が負けるんだけども(以前試した)、さすが眉目秀麗な方々がかけるとあのサングラスに負けないんだからさすがです。
ルックスがジザメリっぽくなる。
あと重いので頭痛持ちにはキツイ。


洋ロック好きなら是非どーぞ。
特に何も考えなくても「生き続けるのも大変よねー」「お耽美だわ―。退廃よー」とかいう感想でも充分観れた感じになれるかもしれない。

あと語るときはブーメランに気をつけて。

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ [Blu-ray]オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ [Blu-ray]
トム・ヒドルストン,ティルダ・スウィントン,ジョン・ハート,ミア・ワシコウスカ,ジム・ジャームッシュ

東宝
売り上げランキング : 661

Amazonで詳しく見る