新ブログ番外地 ブックマークの流れ者


網走番外地 / 高倉健 - YouTube

話すより書くことが好きなあなたに・・とにかく書け! - ICHIROYAのブログ

 だから、とくに、話すことが苦手で書くことが好きな人には、自分のことを書いて欲しい、自分の見ている世界を書いて欲しいと思う。
 自分が見ているものを、自分が感じる通りに書けば、誰かがあなたの記事をみつけ、それに共感し、その共感の輪は大きく広がっていくだろう。
 あなたが乗り越えるべきは、まず、「自分が書くものなど特別なものではない、もっと上手く書ける人がいる」という固定観念
 そして、いくつかの、「バカ!」という声だ。
 
 でも、それを乗り越える価値は、たしかにある。


 で、余計なアドバイスかもしれないけど、現在、書く場所に一番相応しいのは、やっぱり、はてなブログだと思う。

んども。
低気圧のせいか、今週は体調不良でフラフラしとります。
栄養ドリンクを飲みつつ……。


冒頭引用は、Ichiro Wada氏による「君の声を聞かせてくれないか」「さぁ、ブログやろうぜ!」エントリーより。

(批判でも何でもなく)はてな界隈を見ていて思うことを、以下つらつら。
「やっぱり、はてなブログだと思う」
→そうかしら?と言う記事。


PVは絶対的な指標ではない。
けれど一定のモチベーションの源泉にはなりうる。
ある人にとっては単に収入源だろうけど、多くの個人ブログの書き手には「読まれる」と言うこと自体が記事を書くときの原動力にもなりうる。


ところが、
たとえば自分なりに精いっぱい書いたところで大して読まれもせず、読まれりゃあ読まれたでidコールで呼び出され「こんなもん読ませやがって」「で、お前は何さま?」とよく知らんやつにアップかまされたり*1

あるいはYoutubeや商品画像やリンクをペタペタ貼って「新卒が買うべき~」「新入社員に読ませる~」「渋谷系の~」なんて記事に無言ブクマが集中しホッテントリ、数千ブクマでPVホクホク、

もしくはオフパコだか何だかの釣り記事だの、あるいは「誰もてめぇの為に書いてねーんだよクソが!!」「はてなごるぅぅぅぁぁっ!!!!」とか露骨に煽ってるやつとかは変に盛り上がり、しかもそもそもの倫理観が欠けてるから炎上だろうが屁でもない。

で、増田辺りで「id:~はよぉ、」みたいに悪しざまに多く言われる前者。

そらぁマッチョな書き手しか残らない。


特にはてなは、ね。
そういう「マッチョで当然」「メタな視点を持てない人間は向いてない」というのがパラダイム
アメブロライブドアにそーいう空気感があるのかは知らないけど。
主にブックマークだろうけど、親和性の高いブログも引きづられる。


はてな村ガー、となんだかんだ言うけれど結局hatenaというサービスを使うマジョリティは無言ブクマ層。
単にホテントリを狙いPVを稼ぎたければお役立ちだのリンク集だのまとめだのの方が確率は高い。
毎日ライフハック系はホテントリしてる。
ブコメでやんや言うブクマラーは、全体からすればマイノリティ。
しかし書き手からすれば、来てほしいマジョリティは来ず、マイノリティの方がやってきて盛んに手斧振り下ろしダメージ与えてくるんだから始末に悪い。
でも、薄~~~~~~~~~~~~~~いまとめ記事を書くとマジョリティの無言ブクマ。
でも書いてて面白くない。


ブログを書いていて「読まれたい」というのは、自然な気持ちだが、それは「書きたいものを」「主張したいことを」書いてもなかなか得られない。
記事のクオリティや志とPVは比例しない。
はてな(ブックマーク)が面白くなくなった」
とよく見かけるけれど、それは果たして「マッチョな書き手が減った」とでも嘆いてるのか。
それとも「まとめばっかじゃねぇか」と嘆いてるのか。
どちらにしろそれを招く状況ってのはつまり「記事のクオリティを反映できるブクマがされてない」からこそなんだろう。

面白くなるようなブログをひたすらブクマをした結果なのかね、それは。


何のために書いてるのかわからん。

無料で無償でどこかの誰かを楽しませるために書き手はボランティアで書いてるわけじゃない、ってところが理解できずに
「ブログを書くヤツは面白いものを書いて読み手を楽しませるのが当然」
ってパラダイムでもあるのかね。
おそろしいおそろしい。


書き手にとって、読み手にとっての面白さは副次的でしかない。
プロじゃねーんだから。
書き手が「面白く読んでほしい」ということと、読み手が「面白いものを書け」ってのは全く違う。
「書きたい」が素人・個人にとっての高プライオリティ。
「PV欲しい」が高プライオリティなのはプロブロガーとか何とかいう人種。

その辺もブログを始めてから書き手は学ぶわけで。
ブログ指南書、初心者のための記事なんかにそんなものは載ってない。
「マッチョな世界で生き残るためのブログ指南書」でも書いた方がいいのかもしらんね。
需要あるなら。
いや、ブログ書くのも大変だわ。


ブクマもする側として考えてみるに、読み手は
「ブログの書き手を育てる」
って考えも必要なのかもなーと最近思ってる。


とはいえ、はてなの主力はメタとゲスパーだから、最終的に生き残るのは、観察者としてヲチしメタ視点も含めあらゆるもめ事をネタとして記事に昇華できるハイエンドなゲスパーか、倫理観が欠如していて「誰もてめぇの為に書いてねーんだよクソが」とブーメラン刺さったまま逆ギレするような書き手とか、あるいはどっかで情報商材に誘導するような典型的なブログやってたがうまく行かずにはてなにやってきて「ドラッカー名言集」だの「新社会人が読ませたいビジネス書10」だのを書いてるようなライフハッカーとか、どっかのニュース記事をコピペしてPVを集めてプロを名乗って講演して食ってる量産アフィリエイターとか。

真っすぐに、真面目に、キチンと書こうと気持ちはあるが隙もある。
そういう人間は育たない。

荒野で生き残るのは、強者か愚者。
後は棺桶屋と墓掘りだけ。
いいやつほど早く死ぬ。


気づけば舞台の上はミスキャストでいっぱい。
おもちゃだって雑に扱えば壊れるのは当たり前。


ブログを始めるのはいいけど、やるならアメブロとかの方がいいんじゃないかしら。
少なくとも増田で揶揄されるようなことはあまりない。


いつか、ホテントリにイケハヤチルドレン@高知が並ぶといいですね。


あー、つかれた。
必ず結果がでるブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える"俺メディア"の極意

※Ichiro Wada氏から「え?アメブロってどうなの?」とあったのですが、とりま比喩で、イメージ的に「本来的な日記としてのブログ」イメージが強いというだけで挙げております。ライブドアでもさるさる日記でもWordpressでもBloggerでも交換可表現です。失礼しました

*1:そう言うやつは大概、賛否両論でもなきゃあ読みに来ることすらない。定期読者と別枠のマッチョなヲチ趣味