読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンパな男のハンパな極道 映画「悪いやつら」

悪いやつら [DVD]

1982年プサン。税関員チェ・イクヒョン(チェ・ミンシク)は、巡回中に摘発したヘロインを日本に密輸して一儲けをしようと考え、プサン最大の暴力団の若きボスであるチェ・ヒョンベ(ハ・ジョンウ)と出会う。イクヒョンは、その狡猾な頭脳と交際術を駆使し、ヒョンベの信頼を得ることに成功。力ではナンバーワンのヒョンベと、頭の回転が早く、ロビー活動の天才であるイクヒョン。2人は結束してプサンを掌握する。しかし、時は1990年、ノ・テウ大統領による“犯罪との戦争"が宣言されると、イクヒョンとヒョンベ、そして組員とを結び付けていた義理や秩序に亀裂が生じ、裏切りと謀略が始まる…クズが最後に笑うのか?

「悪魔を見た」でシリアルキラーを演じたチェ・ミンシクと「チェイサー」で犯人を演じた演技派共演。
人脈が広く口が上手いチェ・イクヒョン(チェ・ミンシク)と筋金入りの極道チェ・ヒョンベ(ハ・ジョンウ)が、繋がる。
この二人の関係性を軸に、極道でもない冴えない中年男が、闇の世界でのし上がっていく。







チェ・イクヒョン(チェ・ミンシク)が日本のヤクザから贈られる拳銃と言うのが暗喩で、チェ・イクヒョンを象徴してる。
豪華な飾りのついた拳銃だが弾が入っていない。
チェ・イクヒョンとは、そういうキャラクター。

反対にチェ・ヒョンベ(ハ・ジョンウ)は、スーツの下に入れ墨が入ってる。
こちらは武闘派のギャング。
人を殴るにも表情一つ変えない。

チェ・イクヒョンは、調子に乗るし酒癖もよくない。
しかし魅力があって人脈が広い。
そういう「仁義はないけど、金のために闇の世界に片足突っ込んだ」そういう男の顛末。


ところで冒頭にチェ・イクヒョンが
「日本に麻薬を売って全員薬中になっちまえばいいと思ってるんだよ、オレは!」
というセリフがあって、それが反日だ、という感想があった。

しかしこれって「悪党チェ・イクヒョンの理屈=間違ってる」と言う出し方なので(単に儲けたいだけ)このセリフって実は反日ではないのではないかな?と。ただ周囲にはそう言えば説得をしやすい=反日を口実にすれば納得させられる、じゃないのかなぁと思った。
だからこそチェ・イクヒョンは、日本のヤクザから盃を受け、贈られた拳銃を大事にする。
反日ガー」って言うなら、あの拳銃は捨てると思うんですがね。


面白かった。
男前らしい男前がいないキャスト。
イ・パクサ江畑謙介みたいな髪形のヤクザとオッサンとオッサンばっかり。

韓国のヤクザ映画がいい感じなのは暴力に容赦が無いと言うか、殴って倒れた相手をビール瓶で何度も殴ったり、鉄パイプで五、六人で叩いて袋にして~穴に落として土に埋め小便かけるとこまで徹底してやるところか。
ハリウッドにしろ日本の映画にしろ暴力がキレイなんですよねぇ。
初期の三池は、ウ○コだらけの子供用プールに女を沈めてましたが……あれはすごい。

昭和のヤクザものに通じる熱量の高い魅力が、韓国のノワール映画にある。

映画『悪いやつら』予告編 - YouTube