文系脳向けネット入門に「アカマイ 知られざるインターネットの巨人」をオススメする理由

アカマイ 知られざるインターネットの巨人 (角川EPUB選書)
みなさんはインターネットに詳しいでしょうか?


ネットをブラウズする程度なら大した知識は必要ありません。
誰でも簡単に、インターネットの知識に関わらずアクセスしウェブページを観ることは出来ます。

それなりに詳しいひともWi-Fiやサーバーとクライアントなどは知っていても、
「インターネットの膨大なトラフィックを支える裏方」
については知らない方も多いと思います。
自分も知りませんでした。






無名の巨人

CDNサービス(Content Delivery Network)などを手掛け、現在インターネットを流れる情報のかなりの部分を担っている巨大企業アカマイ。
しかしその知名度はGoogleYahoo!などと比較しても圧倒的に低い。

なぜならアカマイが取引を行う相手は企業。
サーバー/クライアントで言えばサーバー側を支えるのがアカマイ。

膨大なアクセスに耐え、効率的にトラフィックを流し、高度なセキュアを提供する。
トラフィックに関わらず安定してサーバーを維持し、効率的にコンテンツを配布する。
一般に知られず、ユーザーに快適なインターネットを維持している裏方アカマイ。


本書「アカマイ 知られざるインターネットの巨人」には、そんな無名のインターネット巨大企業アカマイが、現在のインターネット世界において一体どのような役割を担っているのか、について書かれているのですが、単にそれだけの本に留まっていないところが少し変わっています。

インターネット入門

皆さんは、インターネットに関する知識をどの程度持っているでしょう?

アカマイについて知るには、それなりのインターネットに関する知識が必要になります。

「アカマイ 知られざるインターネットの巨人」と言うタイトルの本ですから、ある程度インターネットの技術面にも興味があるひとが手に取るのでしょうが、とはいえその知識の多寡はさまざまあると思います。
中には「パケットくらいなら解るけど」「HTMLはわかるけどー」と言う程度の知識で手に取るひともいるでしょう。
インターネットは、日々使うし興味もあるけど技術的なことは苦手で……と言う方もいるかもしれません。


本書には「アカマイを知るためのインターネット入門」と題し、かなりの部分を割きインターネットの基礎から説明。
知識がほとんどないひとにも解りやすく基礎からインターネットの概要が解るようになっています。

これが入門書として非常にクオリティが高い。
あとはTCP/IPプロトコル階層でも説明すれば、それで足りてしまうんじゃないかと言うくらいよく出来ています。
しっかり読みこんで行けば自然とインターネットの技術的な側面が理解できるようになる上に、現在アカマイの行っていることも理解できるようになっています。

著者は、ブロガーとしても有名な「Geekなぺーじ」のあきみちさん

「専門的な技術に詳しいひとが、技術を文系脳や無知な人向けに書く」と言うのは、なかなか難しい。
インターネットに関する本はバカみたいに簡単か、バカみたいに難しい本が多くなるのはそのためでしょう。
理系脳で理解しやすいお勧め本で挫折する文系脳の死屍累々はよくある光景。

この「アカマイ 知られざるインターネットの巨人」のインターネット解説はとても丁寧。
プロトコルやパケットに始まり、ルーティング、IPアドレス、ASやアカマイの提供するSureRoute、ネットワークの金と力の関係など、インターネットの末端の詳細から全体の概要まで、さまざま丁寧に書かれている。

文系脳向け

読みながら「あーそういえばそうだったなー」などと(個人的にはネットワークに関して多少なりと知識もあるので)振り返りつつ面白く読めましたし、もし誰かにインターネットの入門本を聞かれれたら、本書を間違いなく挙げるでしょう。
ちなみにあきみちさんのブログから引用すると、

ただ、いままでの書籍と非常に大きく違うのが、編集者がIT系の技術とは全く無縁に近い方だったという点です。これまで、専門書を扱う方々としか書籍執筆作業を行ったことがなかった私にとっては、非常に多くの発見がありました。自称「超文系脳」な編集者の「ここがわからない」という数々の厳しいツッコミに対処することで、これまで私が書いてきた文章とは全く異なるタッチの書籍に仕上がっていると思われます。

http://www.geekpage.jp/blog/?id=2014/8/12/1

だから解り易かったんですね...。
ナイス編集者。

このまま文系向けインターネット入門を書かれてもよいのでは……。


更に技術的に詳しく……という方は技術書、専門書でも読むか、ジョン・マコーミック 「世界でもっとも強力な9のアルゴリズム」をお勧めします。

世界でもっとも強力な9のアルゴリズム世界でもっとも強力な9のアルゴリズム
ジョン マコーミック 長尾 高弘

日経BP社 2012-07-23
売り上げランキング : 3140

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
パケット通信、圧縮のアルゴリズム、公開暗号鍵の技術などについて解りやすく書かれています。

まとめ

単に専門書のようなジャーゴン横溢し、インターネットに詳しい人向けに技術的な話を延々書いてあるわけではなく、海底ケーブルが切断してしまった際の事故対応や具体的な事例を挙げてあったり、アップルに買収されていたかも?などというエピソードなどもあったり、そう言う辺りが文系脳でも理解しやすくなってる。
専門でない自分でも充分知的な満足感が満たされました。
とても面白くて一気読み。

技術的な話が苦手な文系脳のひと、そうでないひとにも、お勧めの一冊。

アカマイ―知られざるインターネットの巨人 (角川EPUB選書)