読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「愚行権」以前に正しいことすら認められるとは限らない

http://www.open.sh/entry/20140923/1411463422
http://www.open.sh/entry/20140923/1411463422
サイトーさんの場合、こういうモノもネタか本気か計りかねるところがあるんですが……。
反町か、と。




【広告】





先日ツイッターを見てたらツイートを著作権保護で云々って話が出ていて、とはいえ著作権と言うのは「著作物によって発生する利益」があるからこそ法で守られる。資本主義ですので。

著作権(ちょさくけん)は、言語、音楽、絵画、建築、図形、映画、写真、コンピュータプログラムなどの表現形式によって自らの思想・感情を創作的に表現した著作物を排他的に支配する財産的な権利である。著作権は特許権や商標権にならぶ知的財産権の一つとして位置づけられている。

著作権 - Wikipedia

この
「著作物を排他的に支配する財産的な権利」
「知的財産権」

と言う言葉が示唆してる。
たまになんでもかんでも「著作権で―」って話が飛び出すんだけど、著作権は別に無制限に「書かれた文字すべて」に適用されるわけではない。あくまでも「お金を生み出すお金」を守るための権利なわけで、だからもしツイートが高く売れるとかツイートでひと儲けとか始まると法廷論争になったりするので誰か本格的にマネタイズして揉めてください。
いい前例になるから。

【パクリ?】#アホ男子かるた「ツイート無断使用」書籍発売騒動まとめ【発売中止で終結】 - NAVER まとめ
最近だとこの一件を思い出す。
愚行権やなー。


で、まぁサイトーさんのいう愚行権だけれど、基本的に人間の行為は愚行が大半であると言う。
敢えて保護せんでもいいと思うが、もし「愚行権」という提唱を盛り込むのであれば「生存権」並みの基本的な人権レベルで盛り込まなきゃあならないかもしれない。

それを権利として保護しようとなると「愚行/賢行」の閾値が必要になるし、更には権利と言うことであれば当然ながら揉めればそこで「愚行権と他の権利とのコンフリクト」が発生する。
愚行権ってのは、ヘイトなんかも含むわけでだとすると名誉棄損を争ったりするかもしれない。
愚行権で損害を与えた場合賠償請求と愚行権がぶつかって減額されるとか?
それはヤバい(民事レベルはどーなんしょ

現状、刑事罰未相当の悪事・愚行に対して正しいことをする場合、その正しいことが守られる権利がないのに、愚行は人間らしいのだから守ろうと言うアンバランスな提言に違和感を覚える。
愚行以前にまず賢い行動=賢行は守られるべき権利を有してもいいんじゃなかろうか。
賢い、正そうとする行動も人間らしい本能だろうし、ネットの世界では「面白けりゃいいやんけ」という法的なグレーゾーンによってバイラルなど愚行メディアが日々横行し利益を挙げている。

とは言えそうするとその賢さ、正しさを果たして何に準拠して決めるのか?、と言うまた根本論になってくるわけで、これはこれでめんどくさい。

ぶっちゃけ愚行権と言うのは言わば「教室で騒いで何が悪いその権利も保障されるべきだ!」と悪ガキがのたまうようなもんで、ほっとけば勝手に愚行をしでかすにも拘らず「愚行をやって損をしないようにしよう」は根本がおかしい。

そもそも愚行が愚行として注目されるのは自分独りですっ転ぶんじゃなく、誰かを巻き添えにして転ぶことが多いわけで、それでも刑事罰未相当であれば愚行権で守られるとすれば、転ばされた方の権利が考慮されないかもしれない。

人は全て等しく愚かである。だから愚かな過ちを行ってしまうことがある。その中でも刑事罰に至らないような行為は愚行権の行使として尊重したほうがいいのではないか。誰だって愚かになりたい時があるのだ。自分の趣味に関しても、家族に関しても、国家に関しても、じぶんが愚かな行為をする権利は相互に認められるべきであると思う。

要は「刑事罰相当になりえない微罪レベルの(炎上などの起因となる)愚行」は権利として守られるべきである、と。
だが権利を有していて「愚行」が許されるのであればそれを糾弾し燃え上らせる行為もまた「愚行」に相当するのだけれども、どちらも「愚行権」を有する。
人間は愚かだからこそ権利を侵害した人を糾弾する。
愚かな行為を愚かにマウントをとり殴りつける。
炎上とは、愚かな人間を中心に愚かな人間が踊るハレの踊り。


愚行を行い失敗し、やけどをして人間は気づき成長する。
自身が傷つかなければわからないから愚かなのだとも言える。

もし愚行が権利として保護されれば、傷つくことなく学ばず成長せず「権利で保障されてんだからやっていいんだよ!」と愚行を繰り返す。
金持ちの子供が、金があるから許される的な。
刑事罰に相当しなければどれだけ愚かしい行為を繰り返しても権利として保障される。
それって今、ネットにひと山幾らでいる気がしますけど。。

善行、賢行、正しい行為が称賛される世の中は正しく機能しそうだが、現状それすら称賛されるとは限らない。
愚行を犯して現状学びすらしない人間が多数いるのにさらに権利で守る意味は如何に在るか?


Rage Against The Machine - Guerrilla Radio - YouTube

より前時代的にカオスにしよう、混乱を守ろう、ファック・リテラシー!ネットは堅苦しすぎるから混乱させるべきであると言うサイトーさんがフルボリュームでレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンを流し、拡声器で千葉繁並みにがなりたてつつ、ゲバ棒振り回して叫ぶのは構わないので、とりまサイバーサングラスかけて安田講堂で立てこもってきてください。

あ、愚行権は棄却に一票で。
レッド(1) (イブニングKCDX)