読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「○○」なんて誰も読みたくない!バトンに回答します

ブログ


「開封の儀」なんて誰も読みたくない! - Hagex-day info
hagexさんから回ってきた
「○○」なんて誰も読みたくない!
バトン。
自分が読みたくない、個人的に嫌いなブログのコンテンツを言う企画らしい。
hagexさんに逆らえないんで、仕方なくやってみたいと思います。
(え?回してない?そうでしたっけ??)




【広告】




1.おすすめの○○ベスト100をランキング形式で

淀川長治 究極の映画ベスト100〈増補新版〉 (河出文庫)
うっ。。。( ̄x ̄;)
ウチでもたまにリストはやる。
自分の好きなジャンルでおススメ、みたいなのを。

ところが作ってると10でもしんどい。
ホントに好きだとこだわりがあるから10もあげるとすると中には
「あー、そういえばこんなんあったなー、いれとくか」
みたいなのも入ったりする。

多分、がっつり好きなら5で「ちょっと5だと少ないけどホントに好きなものだけだなー」というのが作っていて楽しい。
20になるともはや義務感。
記憶を辿って忘れかけてたあれやこれやまで引っぱり出す。

50なんてやったこと無いけど、もう流れ作業でしょう。
100なんて....。

某ブログでは「キーワードを増やすことでアクセスが増える」というSEOの話をしてその上で「おすすめの○○ベスト100を~」なんて記事を挙げてたので、露骨なキーワードアクセス狙いのお仕事。
まぁ、アレはアクセスが増えりゃあなんだっていいんでしょう。
ブクマするほうがよほど。
気持ちがこもって無いアクセスを増やすための記事、破たんした記事を書かせればあれほどの逸材はなかなか。
さすが踊り子が目を付けてるだけのことはある……。

2.ブログ論ばかりを語りたがる

必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア"の極意
ウチでもブログ論は書くし、書いちゃダメってことは無いんですよ。
どこぞで「ネタが無い時に書くんだろうが!」と言われてましたが、ウチみたく常に下書きストックがある上で書く場合もある。
流れってのがありますから。

ところが、某ブログ(前述のとは別の)を見てると記事の内1/2がブログ論って言うwww
なんかブログ論でよく見かけるな―このブログ、と思ったらそればっかり書いてる。
しかも目新しくも無い何周目のヤツ。
いわゆる既出過去ログなんだけども。

もうあんたはブログを語りたいからブログ始めたのかよ?、と。
何のためにやってんだかわかんねーんですよね、あーいうひと。
まぁ、いいや。
ブログ論はいいけど乱発は注意しましょう、と言うことで。

3.文章術

人の心を動かす文章術
昨日も「ブログの記事は起承転結では無い」とか、なんかSD画質の時代劇の再放送みたいな記事があがってましたが、大半のブログはブログの文章術なんてないし「面白い!」「すごい!上手い!」とかコメントがついてるブログを見ても文章術とか文法とか構造が良いわけじゃなく単に口語体を崩して感覚的に書いてる→平易に伝わる→つまり上手い!になってるだけ。
文章上手くもなんともないし面白くも無いんだけど。

文法を守って、なんて言ってもこのブログにしろ口語体で言文一致で書いてはいるけど、これを文語体で書いたり、あるいはもっと堅苦しく広く正しいとされる日本語で著述したとすればどうだろうか?
文章術なんて過去に山ほど出ていて、一番は好きなブログの文章を解体してみること。
マネして書いてみるとクセもよくわかる。
人気ブログが「ウチではこんな文章術を~」と言うなら説得力もあるけど、見たことも聞いたことも無いやつが「アクセスアップのための文章術とは~」なんて書いてるのをよく信用するもんだなぁ。

文章術で文章が上手くなればアクセスが増える人気ブログになれるなどと言った、宣伝文句や惹句、保証も無く、実際を伴うこともない、詐欺まがいの幻想に踊らされているに過ぎない。

4.大メジャーなお勧め

寄生獣 フルカラー版(1)
「知ってますか?!このマンガ超面白いんです!ワンピースって言うんですけど!」
「寄生獣って言うマンガメッチャ面白いんでおススメします!!!」

お前は帰りたての帰国子女か。
いらんわー、それ。

「ワンピースのコマ割りを分析してみた」
「ワンピースとヤンキーイズムとEXILE ~友情~」

なら読んでみたい。
それなら面白そうだしいろいろと知見がありそう。
でも、そういうモノが書けない。
書けないからこそ
「オススメマンガ!ベルセルク!」
とか書いちゃう。
TSUTAYAの人気作品のコーナーか。
言われるまでも無い。
三浦健太郎が連載前に読みきりで書いてた雑誌掲載時から知っとる。

まとめ

いやー、他にもいろいろありますけど嫌われて得も無いのでこんなもので。
最近は浅薄なライフハック、自己啓発系(「嫌われる勇気」の記事も一巡したし)も随分と落ち着いてきたのだけど、代わりに夫婦とか子育てとか。
その辺は自分の生活でいろいろアレなんで記事自体は仕方ないですけども、コメント欄がいつもの方々のコメントが並び井戸端会議みたくなってるのは、アレはなんだろうかなー。
身内ブクマを超えた「井戸端ブクマ」ですか。
ウチみたいなタイプは生きづらくなったな......。

奴らがなぜこんなクソツマラナイエントリーを書くかというと、理由は簡単、「手抜きで書け」&「自慢できる」からだ。自慢はわかる。素敵な商品を買ったら、それを自慢するのは当然だ。オレもしたい。

hagex氏がこんな風に書いてたけど要は「何の工夫も無い、今さら教えてもらうまでも無いことが延々と書かれてる」ものがホテントリしてたりすると、もうムキー!っとなる。ツマンナイ。
なんかひと工夫あるだろ?なんかねーか?って言う。
書いてる側だからそういう
「オレだったらこれは避けるなー」
「オレだったらこれは書かないな」

が解るから嫌いってのもあるかもしれない。


わたしの愛しいアップルパイへ。
次のバトンは誰に回しましょうか。
2ch、発言小町、はてな、ヤフトピ ネット釣り師が人々をとりこにする手口はこんなに凄い (アスキー新書)