ブログを更新するために書くのか?書きたいから更新するのか?

“プロ・ブロガー本”合本「必ず結果が出るブログ運営テクニック100」+「必ず結果が出るアクセスアップテクニック100」


365日毎日ブログを書き続けてきたけど、結局何も起こらなかったよ。 - マトリョーシカ的日常
何周目感が無くもない。
ウチは2011年末からこのブログを(ブログ自体はそれ以前からやってましたが)やってますが、毎日なんて更新してません。
不定期、と書いてますがだいたい土日はおやすみ。
もしくはストックの記事があがってるので、書いてるのは祝日が無ければ週五日程度。
週末ネット断ちというのをやってる。


「山があるから登るんだ」とよく言うけれど、山に登って何かがあるわけじゃあない。
健康のため、とか体力づくりとか、理由はどうあれ他のもっと手軽な手段だってある。
でも、選択肢の中から山登りを選んだ。



【広告】





「ブログを毎日更新するんだ」という行為は、行為そのものが目的。
プロブロガーとか言う人種であれば〇〇万PVだとか、〇〇万円だとか、具体的な数値目標を示せるし安定してそれが得られる環境を作るのが第一。
でもそうじゃないなら単なる日記と同じ。

「毎日」という呪い

「ブログを毎日更新するんだ」と「ブログを更新するんだ」は全く違う。
毎日、という一言がつくことで呪いがかかる。

基本的に自己管理の個人ブログは週一だろうが月一だろうが更新頻度は問われない。
でも自分で自分に対して「ブログを毎日更新するんだ」という呪いをかければ、毎日更新するという行為自体に意味が産まれる。
実際には、意味なんてないけど。

それは「〇〇をコンプリートするぞ」って言うコレクターと変わらない。
コンプリートしてもしなくても他人にはどーでもいい。
ラジオ体操に毎日行くぞ、みたいな。
切った爪はビンに集めて保存してる、とか。

元の意味なんてないのに意味があるんだ、と自分の中で意味を付けてしまった。

とても長い距離を潜水していた気分だ。去年からはてなブログを本格的に始めて、ちょうど一年前から毎日記事を更新していた。週に三回の書評と日曜の定点観測と、あとは適当なブログ論とガジェットと平凡な記録。「一年書けばきっと何かが起こるはず……!」そう思っていた。

遠泳だろうが、山登りだろうが自己満足があるかないかの世界でしかないし、そこで
「一年書いたが何もなかった」
と感じたならそれは自分の思い込みが足りなかったんだろう。
だから気づいてしまう。
思い込みの強い人なら

「今日でなんと10,000記事目です!!!」
「何と今月10万PV達成なんです!!!」
「一年間365回更新達成です!!」

と意味のない行為に意味を見いだせる。
キリ番踏んだ、とか昔から意味のないことに意味を見出すケースは多い。
買い物したら金額が777円だったとか。
童貞を30年間守ると魔法が使えるようになるとか。

平賀源内が「土用の丑の日」を考えたのだってそう。
もともと夏場に売れなかったウナギを売るために「土用の丑の日」というコピーを考えた。
意味は無いのにそこに意味を与えた。
バレンタインデーのチョコレートだって販促なわけですがそれに社会的に意味を持たせた。
誕生日だとかもそう。
平賀源内に学ぶイノベーターになる方法 (イノベーションのための理科少年シリーズ)

大承認

ウチは2013年に895記事、2014年がこれで563記事ですが。
トータルで1,500記事越えてますけどね。
一日一記事なら4年分くらいですか。

一年で365回更新とどっちが大変なんですかね。
あまりネタに困ったこともないですけど。

何か圧倒的な大承認が欲しくなるけど、僕が皆に与えられるものは別段何もないので、それは難しい事だった。「わたしはつくることでしかみたされないにんげんなんだ!」と意気込んで、何かを製作しよう試みるが、完成したためしがない。本当はいろいろつくってワクワクしたいけど、僕の中のゴロリが言う事を聞かない。

以前に、ツイッターで某村長に(どーいう流れだったか忘れたが)
「(ブログで)有名になりたい?」
と聞かれたことがある。
考えてみると別に有名になりたいわけじゃない。

セミナー開いて講演やったり勉強会をやりたいわけでもない。
本を出したいわけでもないし、書くほどのネタもない。
居酒屋だかフーターズで、ブロガー数人集めてワーワーやれれば満足。
少人数で濃い話を出来れば楽しそう。

承認欲求、という意味なら誰かの書いた記事に「それはオレの読み筋と違うなぁ」というときに読まれたいくらい。
自分自身の存在は知られなくていいが、自分の言ったこと書いたことは知られたい。
大承認は、承認と同時にめんどくさい連中も多く呼び寄せるのでそれほど欲しくない。

それでも、なぜ僕が書き続けているかというと、人は書き続けている限り負けないからだ。この一年の間、いろんな人がはてなブログに現れては消えていった。彼らはレシピを公開していたり、書評を書いていたり、日常雑感を投げかけていた。一部の人は燃えていた。

この辺面白いところで、いわゆる金目当てで〇〇PVと言う人らは意外と続く。

そこに具体的な目標があるから行動が破たんしづらい。
実際上手くいけば対価としてフィードバックもされる。

ブログで人生が変わって、講演会をしながらアフィピラミッドの上に立って、ブログのHOWTO本だの、Ingress本だの出版して暮らしていけるウハウハ人生が待っているのかもしれない。
カリスマブロガーとか呼ばれてチヤホヤされるかもしれない。
そういう具体性のある行為は頑張れる。


しかしアフィとか一切気にせず、よくわからないがブログの毎日更新を掲げて、日常の雑感だの、本の感想だの、ネタがないけど頑張って何か小ネタで更新したり、ふと書いた記事がバズって喜んでたら今度は燃えたりして、折角頑張って更新してるのにどうしてこんなに悪口を言われなくちゃいけないんだ、悪いことしたわけでもないのに、文句ばっかり言いやがって、だったらお前らが書いてみろや、とブチ切れ、しかし炎上が終われば閑古鳥が鳴いて、今度は自信のあるいい記事を書いても全く見向きもされず一日20PVとかで、自殺に関しての真剣な記事だとか記事が重いから徐々に忌避されて、ホッテントリにシックスセンスの感想とか入って150ブクマ越えてて、こんな今さらの映画感想記事でホッテントリとか頭おかしいのかお前らとかモニターの前で呟きながら、こいつら相手に記事を書いてるのがマジでバカバカしくなってきたわ、とブログ休止の記事を書き始める……。
なんて光景だってよく見る光景。


更新が続いてるひとって、更新に意味を見出してない。
息をするように、書きたいから、言いたいから、読ませたいから、そういう欲求以外の何もない。
だから続く。
毎日更新してだから何?
書きたい、言いたいから書くのであって、更新を強制して書くこともないのに薄っぺらい記事を書いて更新の数を合わせるだけの行為に意味があるのか?と。


求めれば、得られなければならない。
でも求めなければ得る必要もない。
ただし何かを得ても喜びもないけど。

元々価値や意味のないことに無理やり意味を見出しているんだから、そこに何か求めて得られず潰れるよりは意味なんてないと達観してそれでも続けるなら続ければいいし嫌なら辞めればいい。死ぬわけじゃない減るわけじゃない。
反対にブログをやめればその分のリソースで色々やれる。
長い目で見ればそのほうがいいのかもしれない。

肩の力を抜く

かつてhagex大明神が

アクセスが集中して喜んだり、炎上に巻き込まれて悲しんだり、コメント欄に応援メッセージが書かれて舞あがったりするけど、結局は周りに影響を受けず、自分のペースにコンスタントに更新できる人がいちばん強い。
PVアップ術じゃ、受けるブログの書き方講座じゃ、はてなブックマークの人気エントリーに入る方法じゃ、確かにそれらのテクニックはあるし、オイドンもある程度ノウハウを持ってるけど、そんな技術は関係なく、ブログで大切なのは「何か言いたいことがある!」の有無なんだよな。

ブログは「言いたいことがある人だけ生き残る」マラソンレース - Hagex-day info

と書いてた。

自分が何か言いたいからこそ更新する。
更新するために書く、だから続かないし意味がない。

A 目的:言いたいことがあるから書く 行為:ブログ更新
B 目的:毎日ブログ更新 行為:ブログ更新

Bの空疎さがハンパ無い。
それだけの話だし、毎日言いたいことがないなら書かなきゃいい。
更新してるかしてないかなんて本人以外は大して気にしてない。
どれだけ気合を入れてもウケない記事があるし反対に気を抜いたってウケる記事もある。

このブログでは繰り返し書いてるんだけども、大人気ブログだろうがそれが三年、五年、五十年後にも人気ブログのわけがない。
ほとんどが消える、忘れられる運命。
今いろいろ見ていてこれから先も残っていきそうなブログなんて数えるほど。
肩の力を抜いてるやつが一番強いんだと思いますけどね。

局長は、システマの本でも読んでまずシステマブリージングを勉強してください。
どんな状況でも力を抜き、同じ呼吸を続ける重要性がわかりますよ。
4つの原則が生む無限の動きと身体 ロシアンマーシャルアーツ システマ入門


ブログなんて片手間でやるものですよ、と帰国したスポンジボブも過去に言ってましたっけ。

なんども言っていますが、白い生き物と契約でもしていないかぎり、ブログなんて片手間でやるものです。自分が納得できないコメントや批判が来たら、XVIDEOSでも見て寝ましょう。それでもイライラが収まらなかったら、戦うか無視するか…… 片手間やってる作業で必要以上のストレスを感じるのは割が合いません。
だからこそ、ネットバトルになったときは「どれほどの信念を持ってるか」が肝になるわけですが。
そんじゃねー

僕と契約して「はてなブロガー」になってよ - Hagex-day info