読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事実と言う名のウソ 映画「白雪姫殺人事件」

白ゆき姫殺人事件 [DVD]

湊かなえのベストセラー小説を井上真央と綾野剛の共演で映画化。美人OL惨殺事件をめぐり、地味なOL・城野美姫に疑惑の目が向けられる。TV番組のディレクター・赤星雄治は彼女の足取りを追い掛けるのだが…。監督は『ゴールデンスランバー』の中村義洋。<< 



【広告】





とあるOL殺人事件を中心に、取材をする中でさまざまに実像が歪められ、憶測が連鎖。
虚構が現実とすり替わっていく。

綾野剛扮する契約社員ディレクターがツイッターで情報漏らしまくるあたりは、なかなかの皮肉。
そのまま撒き散らした情報が脊髄反射的に繁殖して行くのも今っぽい。

SNSは当然のごとく無責任な正義論と憶測が広げ、インタビューで知人や友人、同僚は主観と改ざんによる記憶を話し、ワイドショーは取材をモザイクに繋ぎ合せ虚構を作り上げていく。

こーいう周囲の証言で事件の外堀を埋めるタイプのミステリというと宮部みゆきの「理由」や貫井徳郎「愚行録」、恩田陸「ユージニア」を連想する。

理由 (朝日文庫)

「誰かがケーキを食べ栗だけが残っていた!?」
「掃除中に蹴ったぞうきんが頭に乗りそれが切っ掛けで彼女は殺人犯に……!!」

などとわざとらしいくらいの小さなエピソードが大仰に取り上げられるのも意図的にワイドショー偏向報道のバカバカしさを強調する道具として機能しさせている。
ワイドショーの中で皿に乗ったクリがスポットを浴びてるなんて笑わせる。
偏向し恣意的な方向へ誘導するように作られてる番組。

白ゆき姫殺人事件 [DVD]

黒澤明「羅生門(藪の中)」じゃないけれど、それぞれがそれぞれの書きかえられた記憶と推測を話し、それを映画では再現して見せるから、幾つもの現実が劇中で平行に存在する。
認識は主観により、前提によって歪む。

バークリーの「毒入りチョコレート事件」のようにさまざまな憶測と推理が入り乱れ、それを視覚化してみせることで観客の認識もゆがめる。

深読みする要素もそれほどなくわかりやすい。

惜しむらくは城野美姫(井上真央)のキャスティング。
菜々緒のキャスティングは絶妙だったのに井上真央は、いや、あの役にはかわいすぎる。

もう少し地味目で普通っぽいキャスティングが欲しいところ。
若ければ西田尚美とか星野真里がハマったのに、惜しい。

あと同級生役で野村佑香が出て来てかなり懐かしかった。
「学校の怪談」観てたなー。


ネットの無責任さとデマの拡散が比較的薄めの印象。
ワイドショーの偏向の方が強い。
大炎上してるわけでもなかったし。
なかなかその辺の、炎上の雰囲気を出すのって難しいけども。

まとめサイトなどが取り上げ
「REDSTARこと赤星雄治が情報ダダ漏れ→テレビ局を解雇されるまでの経緯まとめ」
拡散されまくる……くらいは劇中あっても面白かったかもしれない。

あと城野美姫のツイ垢が特定され、凸されまくって言及通知が止まないなどという描写があっても面白かった気がするけど、演出でそれは難しいか。
過去ログさらされてRTとか。

終わったあとで「あたしは信じてた」「お前も同罪」とつっこまれる辺りもSNSあるある。

なかなかよく出来てました。
今どきっぽい描写たっぷりのサスペンス映画。


『白ゆき姫殺人事件』予告編 - YouTube