マジックがウリなのにCG多すぎてがっかりな映画「グランド・イリュージョン」

グランド・イリュージョン Blu-ray

4人のスーパーイリュージョニストチーム“フォーホースメン”彼らはラスベガスでショーをしながら遠く離れたパリの銀行から金を奪い、観客を驚かせた。FBIとインターポールから追われることになったホースメン。彼らはどうやって金を盗んだのか? 彼らの目的はいったい何なのか?!最後のショーが終わる時、すべてのトリックが暴かれる!

一言で言うなら「メラニー・ロラン綺麗」ってとこぐらいですかね。
あとは……弱いなーw



【広告】





手品師が銀行から金を盗む?!って設定はとても面白いんだけどトリック自体はそんなに難しいものじゃなくて、だから観ながら「こーいうトリックだけど(銀行から金がなくなるってことは)犯罪は犯罪だからなー」と思ってたら証拠不十分で警察から解放。
で、再びマジックショーをやるんだけど、この辺の手品がCG頼りでその辺がしんどい。
大きなシャボン玉の中に女優さんが入って空を飛んだりとか。
別にCG使わなくてもそれっぽい手品でいいのに、そこでCGってのが納得いかない。
役者さんに無理でも仕掛けの大きいやつならそれっぽく撮れたでしょうに。

あと催眠術万能すぎ。
かかり放題かけ放題。
こんだけ催眠術使えるならなんでストリートマジシャンやってんのっていう(幾ら持ち逃げされたからって)。


フォーホースメンは謎の存在に従って色々やってるわけですけど、その動機がめちゃめちゃ弱い。
計画は成功しても間違いなく犯罪者として追われるわけですから手品師として現代社会でやっていくのは難しい。
それを捨ててでもやる目的が「ほへっ?!」っていう動機。
だってあの後彼らは〜に入るわけですけど、それをあそこまで信じたのがあの3DCGなんすかね。
んーw


ちなみに、途中で某エピソード出た時点であれがメインの動機というのがわかってしまい、ということは絶対最後に……と思ったらやっぱりアレ。
その辺りのシナリオの弱さも、うーん。


手品ってアナログだからすごいんですよ。
CG使うならなんでもありなわけじゃないですか。
だからCGと分からないようなレベルのCGを使うなら凄さも感じるんだけど、モロにCG使ってしまうと、普通の手品が反対にしょぼく見えてしまう。
同じ恐竜でもジュラシックパークとREX 恐竜物語は違うんですよ。
CGで綺麗にやり過ぎることの弊害が目についた。


何にも考えずに観て「うわー、面白かったー」って見方だといいのかもしれない。
メラニー・ロランはキレイだし。

いろいろ考えてしまうとちょっと疵が多い。
キャストはいいんだけど、それ以外が弱い残念な感じ。志は高いと思うけど。

グランド・イリュージョン 本予告 - YouTube