Youtuberで生きていくためにはいろいろ大変

マックスむらい、村井智建を語る。
マックスむらい本の帯をHIKAKINが書く、という狭い界隈で輪になって数珠を回すような香ばしいルーレット・システムは(たとえば本田雅一氏の本の帯をスタパ齋藤氏が書くような)結局のところYoutuber界隈での権威者が未だに数名しかおらず、しかも外部からのコンテンツ評価(特にコンテンツクオリティ)が低いと言うところに根ざしているように感じる。
つまりここ数年で終わりそうなムーブメントに片手すら突っ込んで汚れるのも嫌だな、と思ってらっしゃるのかもしれません。
f:id:paradisecircus69:20141219122135j:plain
「ぷぎゃー、お前Youtuber本の帯に推薦とか書いて持ち上げてたじゃんwww」
と言う黒歴史化の可能性が高い案件だけに。



【広告】






Bugってハニー - YouTube

マックスむらいはいずれ「BUGってハニー」の主題歌を歌っていた高橋名人のように「あー、そんなひといたねー」になって、ウエンツ瑛士辺りがレポートに行ってすっかり出世してスーツで管理職として仕事にいそしむ姿がお茶の間に流れる可能性が高く、HIKAKINはYoutuberのプロダクション UUUMの役員か何かになるのが安定の道で、そもそもそういう能力で出てきた人はそっちに行くしかなく、演歌歌手が飲食経営に手を出し失敗するようにあまり異業種に手を出すのはよろしくないので、あくまでお御輿として乗っかってる方が健全で、ヘタに事業に口出ししてUUUMを広げようとか野望を持っていろいろやった挙句に、帝国データバンクの速報でお眼にかからないことを祈っておりますが。

すきなことでいきていく

Youtuberのいわゆる「好きなことで生きていく」と言うフレーズ。
これって別に好きなこと→動画作成、である必要はないわけで、言葉だけなら単に「趣味などを生かして生きていこう」と言うだけの話なんだが、何を勘違いしただか動画作成→好きなこと、と言う誤認と共に「みんなHIKAKINみたいに動画でマネタイズだぜ!」というイメージ戦略で新興Youtuberへの種まきに懸命。

ご大層にYoutuberなんて言っても、タレントを抱えさまざまなコンテンツを走らせるテレビと違い、まだ人力・手作業でコンテンツが変わり映えしない賞味期限が短い素人動画を自転車操業で作り続ける生き方は、飽きられりゃあそこでドボンでも仕方がないわけで、だからこそ業界的には第二のHIKAKIN、第二のバイリンガール~求心力のある新しいタレントを求めてる。
HIKAKINは既に陳腐化を始めているし、マックスむらいにしろゲームの人気次第。

そもそもコンテンツにタレントをはめ込むテレビと違い、タレントの魅力ありきでなければならないYoutuberは個人の人気に頼るしかないしんどいセカイ。
単純にコンテンツの作成力やノウハウなら、MXやTVKの方がよほど上。
民放なんて比べるべくもない。


タレントとしての華があるわけでもなく、メディアに出るにもフォーマットが違い過ぎて潰しも効かない。
だからYoutuber発マルチタレント、、カリスマという新しいメディア・キャリアを持てるようなスペックを持つスターが欲しいところだけれど、現行は……。

何度も言いますけどジャガーさんの方が面白い。
というかジャガーさん、時代が早すぎた。

ボクの仕事はサクラレビュワー

僕の仕事は YouTube

HIKAKINの単著「僕の仕事は YouTube」
元々、単に作った動画が中高生にウケたというだけのHIKAKINに本を書くだけの筆力があるわけもなく、断りゃあいいものを引きうけてしまったから結果出来上がった自伝。
当然のごとくレビュー欄がひど過ぎて

一読してすぐおしっこをかけました。書籍に放尿したのは生まれて初めてです。

多目的に使えます

今まで読んだ本の中でも屈指の作品です。
文章としてもおよそ大の大人が書くような文章ではなくまるで中学生のような非常にわかりやすい文章だと思います。
この本の素晴らしいところとして、別の用途でも活用が可能ということです。枕、トイレットペーパー、たき火などに有効に活用と出来るということ。素晴らしい汎用性。
是非皆さんもたった1000円で多目的に使えるこの本を購入してみてください。

サクラ(信者?)レビューを打ち消す★☆☆☆☆の嵐。
星5つのサクラレビュワーは、これ専用にアカウントを作っていたり、ダミーでごまかそうと少しだけ他にレビューしていたり一目でわかるからおもしろい。
星1つのマジレビュワーvs星5つのお仕事レビュワー。

まだマックスむらい本の方は、さくら(っぽいレビュー)しかないので、どーなるんだか。
UUUMではサクラ事業もやってん(ry

最後に


Youtuber界隈が、各所で一過性のムーブメントっぽい残念感満点の薄っぺらい動きをしていて、Youtuberという呼称自体が格好いいものではなくコレジャナイ感が漂う残念なタームとなっていて、何ともかんともなんだけれども、とりま未来のスターがいつ出てくるかもわからないのでこっそりと草葉の陰で見守っております。

来年あたり、あざなわチャンネルでも開設してボクもYoutuberとして好きなことでいk

高橋名人 ソングコレクション ~16連射20TH ANIVERSARY~


【関連過去記事】