読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会派ブロガーちきりん、ピケティに逆張りす

社会

21世紀の資本

「ネットで議論はしません」投げっぱなしパワーボムでお馴染み ちき・荻上じゃないよ・りん。
本日も自分の頭で考えれば解るでしょー?っていう技巧派の叙述トリックを投げてる。
※以下、社会派ネタ素人の戯言



【広告】





上記記事を読んでいて、よしもと新喜劇の桑原和男並みに何度もずっこけたんですが、

格差について語る時、「トップ 1%の人が全資産の 30%を持っている」とか「全体の 5%にすぎない富裕層が、アメリカの資産の 50%を保有している」みたいな言い方がされるんだけど、これって何が問題なのかわかりません。

これに関しては別にいいですよ。

それは事実でもあるでしょうから。
ところがですね、

ところがその100億円を、一般の人 1万人にそれぞれ 100万円ずつ渡したら、大半の人がその 100万円を銀行に預金するんだよ。んで、銀行はその 100億円で国債を買ったり、短期金融市場でお金を転がすだけです。

それって、お金の使い方として無意味だよね。そんなことしても何ひとつ生まれない。だったら、トップ富裕層の人にまとめて使って貰った方が明らかにマシでしょ。

え?
なぜ急に
「100億円を、一般の人 1万人にそれぞれ 100万円ずつ渡したら」
になるんだろ???
富の偏在、からのぉ~、再配分。

富の偏在を是正するための最善手って「みんなにお金を配るべきだ」ではないでしょう。
というか格差社会の問題は「持つ人」より「持たざる人」の方で。
働いても稼げない、一度沈むと浮かびあがれない、気持ちがあっても報われず持てない人らこそなんですけどね。

そしてお金持ちがお金を使い、お金を持ってない人が貯め込むのは、単純にお金の総量(総資産)と比率が違うから、ですよね。
だから


お金があれば、ソシャゲに1,000万円だって突っ込める。
それは保有資産に対しての比率が小さいからですよ。

お金を持ってる→使える額が大きい→だから大きく動く。

100億持ってるひとにとっての1,000万と年収1,000万のひとの1,000万は全く異なる。
実際1億ありゃあ生きていけるんだから、99億までは使える。
使うかどーかは別として。

1,000万を1,000人に配ったら全員が全員貯金するかどうかって話でもよくね?
だったら中には会社を起こす人だっているかもしれない。
1億円を100人の会社経営者に撒いてみたらどうですかね?
ならお金も回りますけど??
なんで今さら定額給付金レベルの批判を??

Occupy Wall Street

http://www.flickr.com/photos/68751915@N05/6355360253
photo by 401(K) 2013

たとえばアメリカで1%に対してOccupy Wall Streetなんてのがありましたが(実効はどの程度だか知りませんけど)、アレにしたってウォール街で高速取引で儲ける人々が金を蓄えて、それが社会に貢献してるかどーかって言えばそれってどーなんでしょうね?
格差社会で大きな会社を作って人を雇い雇用を生み出し社会を動かしてる人らよりも、金をひたすら回して回してそこからこぼれ落ちる滴を啜って生きる(帝愛グループ会長 兵藤和尊byカイジ)マネーゲームのプレーヤーらも1%を占めている内にいるのにまるで「孫正義みたいに金を社会に還元してガンガン回す経営者が1%の大多数」みたいな理論を振りかざされるとなんだかモヤモヤする。

しかもなぜか
「100億円を、一般の人 1万人にそれぞれ 100万円ずつ渡したら」
さらに、このおかしな前提を軸に話を進めてる。
誰かが「格差社会を是正するには、一部の金持ちが100万円づつ1万人に配るべきなんだ」とかトンデモ理論でもブチあげたのなら解らなくもないですけど、明確に穴のある仮想敵を作り上げてボッコボコにするならそりゃやりやすいですよ。

「自分の理屈にとって都合のいい自分が想像した敵」
を相手に正論をかます技巧は一部の「自分の頭で―」なひとがよくやる手法なので覚えておきましょう。

後段の正当性

http://www.flickr.com/photos/68532869@N08/15838939830
photo by Japanexperterna.se

問題は、お金を大幅に増やした実績をもつトップ数%の人が富を独占していることではなく、

経済的に恵まれない人たちが、満足に食べていけないとか、必要な教育を受けるお金がないとか、病気になっても医療が受けられないとか、そういう状態にあることです。

これって全然違う問題なので、あまりごっちゃにしない方がいい。「何が問題で、何は問題じゃない」というのをきちんと理解しないと、単なる妬みになってしまう。

穴だらけ理論で「金持ちは問題じゃないんだよー」を確定させるためにあんな変な話で進めた。
前段で「金持ちが金を持ってていいじゃん」にし、後段で「問題はそうじゃないんだ」と言うところへ持って行く。
前段で実績を作り、それを土台にして後段の正当性を強める、と言う構造なんでしょうが。

格差を云々言うのって持ってる人らが金を放出するべきだ、よりも持たないひとらをどう救うのか、あるいは持てる人と持たざる人の差をどうやって小さく金を流動的にするか、と言う話なんだけれど、資本主義社会である以上、一定の遍在は避けられないところで、だからこそ難しい。
これを強調したいんだアタシは、というわけですね。

ところがですね、

経済的に恵まれない人たちが、満足に食べていけないとか、必要な教育を受けるお金がないとか、病気になっても医療が受けられないとか、そういう状態にあること

これ↑が問題だ、と言うのに

・・・あたしとしては、今よりずっとたくさんのお金を富裕層に預けたいくらいです。

そのまま、また「金持ちは―」の話に戻る。
f:id:paradisecircus69:20141225111601j:plain
え?

金持ちが金を持ってるのは問題じゃない、って言ったならその話続ける意味なくね?
ちきちきりんりんさま的に

金持ち>>>>中間>>>>>貧乏
↑問題じゃない       ↑問題

なんでしょう?
だったら「持っていないひとらをどうするか?」の話にシフトしようよ。

金持ち>>>>中間>>>>>貧乏
↑預けるべきだー      ↑放置

なにこれw
問題は提起するだけで放置して「格差は開いてよいのだ―」「富は偏在すべきだ―」とか余計なことを敷衍して行く。
いやいや、その話どーでもいいから。
金持ちが金持ってていいんでしょう??

金持ちに金を預けたら経済格差が是正されるの??
金持ちがさらに金を持てば雇用が創出され経済が活性化するって?
でも金持ちが持った分、国が持たないわけですけど、どう回すんだろうね??

社会派ブロガー

http://www.flickr.com/photos/54217251@N05/5690273284
photo by halfrain

てかみんな、自分の大事なお金(自分の分の年金原資とか)を、「厚生労働省の役人か、孫正義氏のいずれかに預けなさい」って言われたら、どっちに預けるの??

たぶん、厚生労働省の役人の家族でさえ、孫さんに預けるんじゃないかしら。

……会社は会社と言う組織のために儲けるわけで、これがしたいならソフバンの株でも買えってだけなんですが。
国に金を渡すの(税金)って別に金を増やしてほしいから預けるわけでもなく、公共サービスや国家という仕組みを運営させる運営費のために払ってるわけですが、なぜそこで会社経営者にスライドしてんだろ?
そもそも国と会社は、存在理由が違うのにそこを同列で語られてもなんだかなぁ、と。
年金の金が減ったりしてるのはお手盛りでじゃぶじゃぶ勝手に使ってるからで、それは経営者が会社を大きくするために稼ぐのとはまた別の話じゃね?
公的年金運用をフラッシュトレーダーにでも任せよう理論、とかってんならまだ解らなくはないですが、会社の経営者に預ける方がマシって「社会派」と言われるひとが言うことなんだか……。
んー。

社会派なちき・じゃーねー・りんがこの程度のことを理解していないわけもなく、だとしたらかなりネタでも尽きて雑なエントリーでもトバシときゃあそれなりにでもなるとでも思ったんだか、さすが自分の頭で考えてnetgeekのデマをまき散らすちきりんだけのことはあるなぁ、と。
ま、素人目線の意見なんで社会派ブロガーの方が正しいのかもしれませんけどねー。
それはそれで。

 「日本に顕著だが(成長力の落ちた先進国では)若者の賃金の伸びが低い。第2次大戦後のベビーブーム世代と比べ資産を蓄積するのが非常に難しい。こうした歴史的状況において、中間層の労働収入への課税を少し減らし、高所得者に対する資産課税を拡大するのは合理的な考えだと思う。左翼か右翼かという問題ではなく、歴史の進展に対応した税制のあり方の問題だ」

グローバル化に透明性を パリ経済学校教授・ピケティ氏 :日本経済新聞

ちきりん、ピケティに逆張り。
どっちを信用するかっつーとピケティにしますわ。

ただ21世紀の資本高過ぎ&分厚すぎなんでちょっと……。
来年発売の「トマ・ピケティの新・資本論」の方を読むかも知れんけど。
トマ・ピケティの新・資本論


あ、ちなみにあの方、相変わらずnetgeekのデマツイを撒きっぱなしです。
さすがですね。

f:id:paradisecircus69:20141127163840j:plain
久々にワロタ。
間違いは認めません、議論はしません、修正もしません、自分の頭で考えろ。
わかった?じゃーねー(ラングりん)。