「蹴られたロボット犬」は、本当にかわいそうか?


Googleの新しいロボット犬は、押されても立ち直って歩き続ける - TechCrunch

Boston Dynamicsを買収したGoogleから発表されたロボット犬SPOT。

しかしこの記事をみているとコメントに

Googleの新しいロボット犬は、押されても立ち直って歩き続ける - TechCrunch

すごいけど蹴られてばっかりでかわいそう。もうちょっとかわいそうじゃない映像で性能をアピールしてほしい

2015/02/15 11:30

Googleの新しいロボット犬は、押されても立ち直って歩き続ける - TechCrunch

ロボットだと分かってても蹴られると心が痛むのは不思議。

2015/02/10 19:31

Googleの新しいロボット犬は、押されても立ち直って歩き続ける - TechCrunch

蹴られてるのかわいそう。

2015/02/10 22:09

発表された動画での、ロボット犬のテクニカルな面よりもテストとして蹴られ倒れない状況を「蹴られるのかわいそう」と感じる人が多い、と言うのはとても面白い。
実に素直な反応だな、とも思うが。




【スポンサーリンク】




ロボットは可哀そうなのか?

このような反応は別にはてなに限ったわけではなく、

ロボットの動作や外観が生き物に似れば似るほど、これが生き物ではないと思うことは難しくなる。短文投稿サイトのツイッターにはこんな投稿が相次いだ。
「ロボットは素晴らしい! でもこれが蹴られるのは可哀想に思えた。本当に犬みたいだったから。気の毒なスポット!」
「あの可哀想なロボットたちを蹴るのをやめてくれ。あいつらが何をしたっていうんだ」
「犬を蹴るのは、たとえロボット犬だったとしても、間違ったことに思える」
一方で、「グーグルが安定性を試すためにロボット犬を蹴ったことにみんなが憤慨している。ロボット犬だよ。ロボットだよ」という投稿もあった。

こういう反応が多くあったらしい。

以前、スパイク・ジョンズが撮ったIKEAのCMを思い出す。

このCMでは古くなった電気スタンドが捨てられ、新しいものに交換される。
道端で雨に濡れる電気スタンド。
部屋では新しい電気スタンドが代わりに輝いている。
すると男が登場し、
「電気スタンドが可哀想だって?そんなわけないだろ。新しいものの方が良いに決まってる」
と言ってのける(ぶっちゃけ)。
もちろん、これは電気スタンドを可哀そうに見せるために演出をしている。
人間の感傷は演出次第でどのようにでもなる。
もし捨てられるものが可哀そうなら、毎日ゴミ捨て場は可哀そうで溢れかえってる。

PIXERが描く電気スタンドはまるで生き物のように動く。
するとそこに似た動きをする生物を重ね合わせて考えてしまう。

見た目は、電気スタンドでしかない。

つまり人間とは見た目だけではなく対象の動きによって、その対象に感情などの発生を類推している、という側面が強いとも言える。
ウミガメが産卵の際に涙を流すのを見て、ウミガメにすら感情移入する人間。
その辺は認知心理でいろいろ研究してそうだが。

ひとは見た目が何割か

人間は、見た目で感情移入する。
見た目は感情移入にとても大事な要素で、たとえば綿の入った布団に感情移入しなくても、綿の入ったぬいぐるみになら感情移入する。
その構成物質が変わらないとしても布団とぬいぐるみにおいて感情移入の可不可差は大きい。

そしてコンテクスト(背景)に感情移入する。
コンテクストがあれば人間は何にでも感情移入できる。
思い出の道具、思い出の場所、思い出の匂い。
「失った我が子が寝ていた布団」と「トイザラスから買ってきた新品のぬいぐるみ」であれば感情移入は前者に強い。


自販機に車が突っ込むのと若者が笑いながら蹴るのでは大きな差がある。
「蹴る」と言う行為自体ではなく「誰かが蹴っている」という行為と状況の観察によって受け取り手に感情移入が発生する。
つまりこの「蹴る」と言う行為の主体が「誰か」ではなく「何か」なら可哀そうと感じるのも減じる。
たとえば実験施設内で巨大な振り子のようなもので横合いからロボット犬が叩かれた映像が流れてそれでも「可哀そう」と感じるのか否か。


そして犬の形(四足歩行で犬を想起させる)からこそ感情移入する。

もし中の機構がむき出しで、ケーブルなどがワシャワシャしていれば、果たして同じようにしても感情移入できるか。
ムカデのように足が山ほどあったり、あるいは表面がネチャネチャしていれば感情移入するか。
感情移入しないどころか「気持ちが悪い」と感じるかもしれない。
その辺は不気味の谷にも通じるところではある。

似ているということ

似姿、とは○○に似ていればそれと関連付けて考える。
ただ単に四足歩行テスト用の機械の塊にも関わらず「これはロボットの犬だ」と言われれば犬と関連付けて扱い考え脳内で処理している。
だから心も痛む。

別にロボット犬を見て可哀そうと思うのがバカバカしい、とは思わない。
感情移入することで甲子園の熱戦で泣いたり、残酷な犯罪で怒ったりする。
点が三つあればひとの顔に見えてしまう、ひとの脳はその程度のスペックでしかない。
感情移入による「自分ごと化」という機能があるからこそ人間は社会性の生き物。


とまれその感情移入が暴走して、繊細チンピラになったり、あるいは過剰に反応してしまってはバカバカしい。
犬に服を着せたりするあの感じとか……まぁ、仕方ない面もあるけど。

考えることの科学―推論の認知心理学への招待 (中公新書)