ちきりんは、なぜ嫌われる?

ちきりんは何故これほどまで必死なのか - クソログ

ちきりん氏が毎度正しいことを言ってるとは思わないが、ちきりん氏の発言というだけで反射的に批判してる人がはてなには相当数いて、頭悪いなぁと思う。

2015/02/22 12:06

ちきりんは何故これほどまで必死なのか - クソログ

はてな民はなぜこんなに、ちきりんのことが嫌いなの?

2015/02/22 18:51

いやいや。
愛されてるんだと思うんですけどね。
まだわからないかもしれませんが。

少し「ちきりんとはてな」について振り返ってみましょう。




【スポンサーリンク】




歴史

http://www.flickr.com/photos/62122462@N00/8954021256
photo by Eoghann Irving

ちきりんに対する不快感というものは、どう表現したらいいのだろう。

2010年5月の段階でこう言う増田が既に書かれている。
不快感、嫌いと言う心証には、5年近い歴史があるわけですね。


ちきりんは、海外が長いのと、株屋でデータマイニングやってたので、
海外事情とデータの読みが真骨頂。
逆に、それ以外は素人以下で、特に、データの読み方から敷衍しての
最終的にソリューションというか、具体的な提案レベルになると、
朝日新聞レベルのとんちんかんな事を言い出す。

内容はさておき、これが2010年、増田での言及。
大阪2児餓死事件に関しちきりんの記事が話題になった。
参照:大阪2児餓死事件 - Yourpedia



ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法
転機は2011年。
単著「ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法」出版。
そして名前が一気に広まったのはこのアルファブロガーアワード2011。
【BLOGOS Award 2011報告】大賞は匿名社会派ブログ「Chikirinの日記」のちきりんさん | Impress Innovation Lab.

表彰式に手作りのお面姿で臨んだちきりんさんは、自身のブログへの思いと受賞の気持ちを次のように語った。「新聞やテレビなどのマスメディアだと、ふつうは肩書きがすごく大事になると思うんですね。ネットは新しいメディアなので、肩書きやプロフィールがなくても、言っていることがまともであれば、ほんとうにみんな聞いてくれるんだろうか、読んでくれるんだろうか、ということにチャレンジしてみたいと思ったというのが(ブログを書く動機として)一番大きくて、そういう意味で、匿名でいろいろと好き勝手に書いてきたものが、このように評価されたことについては、ほんとうに嬉しく思います」。

次々単著を発売し、現在の評価の基盤を築く。


そして有名な「コメント欄非表示」ですかね。


これによって
「煽りでブクマを稼いで名前が知れ、単著を出した途端はてなを切り捨てる」
と見られてしまった。



自分もはてな有名人からインターネット有名人になって新聞や雑誌の仕事をもらえるようになってサイトのPVと他でごはん食べれるようになって、はてなブックマークのコメント内容を非表示に出来るくらいになりたい。 - orangestarの雑記


はてなに後ろ足で砂をかけて去っていく為のたった1つのライフハック - orangestarの日記

騒動を見つつ、この「後ろ足で砂をかけて去る」という比喩がはてな民の心証と合致していた記憶がある。
当時からとっくに「煽りタイトルの炎上屋」と揶揄されていたわけですから。
ブクマ集め、PVと名前を知らせ、そして非表示に。
さんざ是非が語られましたが。

とまれちきりんと言うひとは効率性マンセーなので「めんどくさいことはしない」


だから炎上PVを生む切っ掛けになったはてブであれ、必要なくなりあっさり切った。
基本的にこの方にとってのネットと言うのは自分が言いたいことを発信するためのツールでしかなく、そこからのリアクションに期待しているわけでもない。議論したいわけでも、交流したいわけでもない。
だからあたしの言うことに唯々諾々ついて来るひとだけでいい、と。

なぜ嫌われるのか?

http://www.flickr.com/photos/36829113@N05/3392966849
photo by angelofsweetbitter2009


こちらのまとめが典型なのですが、
・よくわからないけど言いっぱなし
・思い込みで書くことが多く、データは挙げても重視しない
・反対意見は無視

となることがままある。

先日の介護関連の言及トゥギャリもそうでしたが。



この方のツイがまさにその通り。
間違いはあって当たり前なのだから「あら間違ってました?(てへぺろ)」があってもいい。
しかし一切認めず「そのとおりですね、ちきりん正しい!」「さすがちきりんだ!こういう視点こそ自分の頭で考えるってことですね!」と言う絶賛の声だけをひたすらRTする。


とまれその対応は、実はおかしくもない。
フォロワーは好きでフォローしてるし、ちきりんの言うことが出鱈目であれそいつらが自分だけで勝手に納得すれば問題ない。
内輪で好きなだけマンセーマンセーやってりゃあいい。

もともとちきりんのブログは、情報や信頼性の保証をしておらず

内容に権威があるという意味ではなく、コメント欄も閉じてますし、みんなが作っていくサイトではなく、「ちきりんが言いたいことを言う!」サイトだという意味です。

http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20121115

ちきりんと言うひとが書くフィクションを愛でるブログ。
こういうことですからちきりんが何を書いても好きな人だけ褒めればいいし嫌なら見なければいいってことなんでしょう。
議論しないと言ってる方ですからあくまでもあれは「ちきりんの玉音放送」でしかない。

データやディテールの中身がデタラメでも
「問題提起(主論)こそが重要なのだ!」
「グラフがおかしいなんてどうでもいい!」

と曲解できる裸の王さま思考で無ければマンセーできない。
一般には事実を積み上げ、その上に主張を建てるわけですが、あの方の場合はそうでないことがままある。

個人的には、ちきりん御本尊より無理矢理捻じ曲げてでも正当化しようとする方々の方がよっぽど嫌いです。
RTすんな。撒くな。
お気に入りで終わらせろ。
キーキーパタパタめざわりだわ。

確かにちきりんが毎回トンデモナイことは書いてないでしょう。
でも見ないんですよ、購読でもしてなきゃあ。
で、たまに見るのはトバシて煽ってる記事だけ→「またかよ、ちきりん」になる。

愛されキャラ

http://www.flickr.com/photos/22682755@N00/6885092745
photo by stopherjones

冒頭にも書きましたが、ちきりんはなんだかんだ愛されてると思うんですよ。
青二氏だってあんなに愛されてるじゃないですか。
手斧に刻んだ猛火愛感(モヒカン)と言う文字には愛という字が入ってます(無理矢理

愛されなくなった「消耗してるの?」の方は、すっかり見かけなくなった。
一時期は、連日社畜と家畜煽りがクリティカルしてましたっけ。
いいですね、高知。
さようなら。

構われているうちが花、見放されたらおしまい。
ネット有名人なんて炎上であれ何であれ名前が出てなんぼの世界。
ずーっと変わらずあのキャラを5年とかやってるんですから。
それはそれですごい。


わかった?じゃーpJIPSDtなしjfPISJFPJSDF+CKxcZ
マーケット感覚を身につけよう