梅なんとかさんの「匿名の批判は卑怯だ」理論

数日前、梅なんとかいう方がトンチンカンなことを言ったとかでネタにされてた。
そのまとめを「梅なんちゃらさん……」というコメ付きでRTしましたところ、


あ、そうなの?
と思ってみたら見事にブロックされてる。

Σヾ(・Д・´●)ノわぉ!!

え?
賛も否もなく「梅なんちゃらさん……」としかコメントしてないんですが。

梅なんとかさんに興味なかったんですけど、ついでなので砂のお城「匿名での批判は卑怯」を軽くつついておきますね。
ほっといても勝手にそよ風で崩れそうですが。




【スポンサーリンク】




梅なんとかさん

まず梅なんとかと言う方を知らないひとはhagexさんの記事でも見てください。
ランサーズ絡みで燃えましたっけね。

本来語るべきでない依頼内容を遠回しに書いちゃう時点でいろいろ香ばしい。

知ったか失笑記事から匿名批判への流れ


ほぼ無名の実名コンサル屋の梅なんとかさん、知ったか上場ゴール論で失笑を買う : 市況かぶ全力2階建


で、まぁこれでネタにされた、と。

そもそもの認識からしておかしいのでいろいろ突っ込まれ不満だったらしい。
論点を変えるべく連ツイをスタートする。



梅なんとかさん、とても基本的なことがわかっていないことがバレる。
ちなみに一般化して語った、とのことですが……そういう意図だとすれば、多くの読者がそう思わなかったことを書き手として自身の技量を顧みてなんぼでしょうに、そもそも記事の書き手としてどうなんですかね。
「謙虚に受け止める」どころか、まったくもって受けとめてない。

踊り子と観客と


頼まれたわけでもないのに実名でわざわざ記事を書いて公開するというのは、自分から舞台に上がり踊るようなもの。
フェアじゃないなんて当たり前。
踊り手と観客、舞台の上と下。
そもそもの行動が違う。
読み手が、匿名か否かを批判するなんて筋違いも甚だしい。
f:id:paradisecircus69:20130508113744j:plain
SNSでは、名乗らなきゃならないわけではなく、匿名でも実名でも選べる権利がある。
どちらが偉いわけでもない。
どちらが正しいわけでもない。


梅なんとかさん、自分から名乗り勝手に舞台に上がり、トンチンカンなことを叫んで見せた。
一部の匿名の人びとからおひねり(PV、宣伝効果)も飛んでくることもある。
拍手(賛辞)を受けることもある。

なのに観客が座布団投げて(批判)来たからって
「オレの踊りがわからないお前らは投げる前に名乗れ!」
と言い出すってのはどーなんすか?


普段は、匿名でRTしてくれる、記事を読んでる人々を利用してる。
「匿名」が問題ならいろいろ看過しちゃあだめでしょう?

グロースハックだって「匿名」の人びとを前提としてるでしょうに。

・匿名で絶賛、拡散→オッケー、大歓迎
・匿名で批判、ネタ→卑怯、ブロック

自分にとって都合のいい「匿名」は構わない、自分にとって都合の悪い「匿名」は卑怯。
とてもじゃないですが過去に「言論統制」と騒いでた人が言うことじゃあない。

都合のいい「匿名」は見過ごす

エスパー魔美 (1) (小学館コロコロ文庫)
エスパー魔美のお父さんの有名なセリフがありますが、

「マミくん、それは違うぞ。 公表された作品については、見る人全員が自由に批評をする権利を持つ。 どんなにこきおろされたとしても、さまたげることはできないんだ。 それがいやなら誰にも見せないことだ」

くたばれ評論家

読まれる、ということは賛辞も批判もある。
それが嫌なら誰にも見せなければ宜しい。

「批判するには実名でなければならない」なんて俺ルールが通じるわけがない。
批判するにはフェアでなければならない、なんてルールもない。
書き手と読み手は立ち位置が違うのだからフェアになんてなるわけもない。

「実名ガー実名ガー」ってんならFacebookだけやってりゃあいい。
匿名の連中が嫌なら有料サロンで、実名の人だけ相手に商売やってりゃあいい。

ツイッターなんて大半匿名のSNS界隈。
嫌ならツイッターやめて、公開のブログ記事を書かなければいい。
非公開にしなさい。
批判する自由と同じく、垢に鍵をかけるのも自由。

……ま、あれですかね。MAMONO氏がよほど怖かったんですかね。



批判され、自身のミスをろくに認めもせず読み手の「匿名批判が卑怯だ」と無理筋。
自分に何か言われれば途端「言論統制が―」と騒ぐ割に、自分の記事を読む相手の批判や態度は統制したい。

そんな人間に僕はなりたくないね。

グロースハック 予算ゼロでビジネスを急成長させるエンジン