笑っていいとも!終了から1年後のタモリ

新訂版 タモリのTOKYO坂道美学入門

2014年3月31日。
笑っていいとも!が終了し
た。
あれから一年が経つ。

当時はいいとも!が終わってタモリはどうなる?!、いいとも!ロス、テレビのひとつの時代が終わる、などいろいろ言われた。

けど、現在どうだろう?



【スポンサーリンク】




サブカルおじさん

先日のタモリ倶楽部、テーマは「接岸」

船が港に接岸するテクニックを見ながら語る非常にマニアックな中身。

タモリ倶楽部はピンセットや真空管などテーマは毎回マイナーなので平常運転。

夜タモリは初期のフォーマットのまま、最近では少しこなれ感が出てきて、タモリ自体よりも狂言回しの宮沢りえのバラエティ慣れが面白い。

夜タモリは、タモリの名前を冠しながらも、能町などバラエティ経験の浅い他の出演者の成長を見る側面もある。

ブラタモリ京都編を昨日放送していたが、こちらにしろレールを押さえる釘が犬釘と呼ばれるのはイギリス製の釘が犬の頭に似た形をしていたからで、アメリカ製は亀のようだからタートルと呼ばれている、など蘊蓄が実にマニアック。

どれも「サブカル教養(無駄知識)」バラエティを数多くこなしてきたタモリらしい番組が多い。

いいとも!の縛りがなくなり、タモリは心配しなければならないどころか生き生きとかつての「サブカルおじさん」としての側面を発揮してテレビに出続けている。

今のテレビとタモリ

今の何でもセンシティブに反応する視聴者に対して知的なバラエティを得意とするタモリは貴重なタレント。

知的でありつつ、長年いいとも!をこなし親しみやすさも持ち合わせる。

純粋な笑いだけではないタレントとしとしての属性。

笑いは下品さや差別的になりかねない側面も強く、だからこそ教養を背景に持ち下品になりきらない笑いを得意にするタモリは強い。

ダウンタウン、とんねるずらが持たない側面を強く持っている。

お昼の看板はいいとも!からヒルナンデスに変わり、あれほどヤバいと言われ続けたバイキングもなんだかんだ続いている。

タモリはいいとも!の呪縛から解き放たれサブカルおじさんとして生き生きと活躍。

当時は感傷的にいろいろ言われたが、一年が経ち振り返れば、いいとも!終了は時代の終わりではなく、新たな局面への変換点だったのがわかる。

今の時代のテレビだからこそタモリが求められる。

そういう気がするし、もはやタモリを縛るいいとも!は無い。

いいとも!が終わったことは時代の節目かもしれないが、それは今の時代に合わせるための節目だった感じすらある。

SWITCH Vol.33 No.5  TAMORI MY FAVORITE THINGS ジャズタモリSWITCH Vol.33 No.5 TAMORI MY FAVORITE THINGS ジャズタモリ


スイッチパブリッシング 2015-04-20

Amazonで詳しく見る