読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エイプリルフール

創作 小ネタ

エイプリルフールには、ウソをついてもよいとされる。
そこでこんな話を思いついた。


とある男が公園のベンチに座って本を読んでいる。

男の周りでは、近所のよく知る少年らが公園で隠れんぼをしていた。
鬼になった少年が懸命に探すがどうにも見つからないらしい。
そこでこっそり「あっちにいたよ」とウソの方向を教えた。
なにせエイプリルフールだ。

その少年が死んだらしい。
マンホールのフタが空いていて、そこから頭を下にして落ちたそうだ。


数日後。
公園にいると死んだ少年と隠れんぼをしていた一人がやってきて
「ボク見たよ」
と言った。

「オジサンの座ってたベンチの後ろに隠れてたんだ」
と言った。

「でもエイプリルフールだものね」
と言った。
「ウソだよ」


その少年も死んだらしい。
マンションのベランダで遊んでいて、そこから頭を下にして落ちたそうだ。


ウソはつかない方がいい。


恐ろしき四月馬鹿 角川文庫 緑 304-46