読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月村了衛「機龍警察 自爆条項」

読書

機龍警察 自爆条項 (上)

軍用有人兵器・機甲兵装の密輸事案を捜査する警視庁特捜部は、北アイルランドのテロ組織IRFによるイギリス高官暗殺事案を察知した。だが特捜部には不可解な捜査中止命令が。首相官邸、警察庁、外務省、そして中国黒社会の暗闘に、特捜部の契約する〈傭兵〉ライザ・ラードナー警部の凄絶な過去が浮かび上がる。世界標準のスケールと圧倒的リアリティを持ち極限までに進化した“至近未来”警察小説、戦慄と驚愕の第二弾

月村了衛著「機龍警察」の第二弾。



【スポンサーリンク】




目には目を歯には歯を、と言うけれど犯罪はどんどん過激にエスカレートし、武装される。
唐草模様の風呂敷抱えたドロボウ相手ならトリガーハッピーな警官でも充分だけれど、バズーカ抱えたテロリスト相手にはかなわない。
警察の目的は「逮捕」だけど犯罪者はどんどん強くなって、相手も兵器を使い始める。
そうすると警察側でも兵器を用意しなきゃあならず目的も「できれば逮捕」になる。
そりゃあ軍用兵器使って街中で暴れるテロリスト相手に「逮捕するぞー!」なんてのんきなこと言ってたら市民の被害が止まらない。

だからこそ警察は特捜を立ち上げ戦闘に長けた戦争屋を雇った。
傭兵、元ロシアの刑事、元テロリスト。
そして最新鋭の兵器に乗せて襲いかかる脅威に対抗する。
それが機龍警察。

この「自爆条項」ではメンバーの一人で元テロリスト、ライザの過去が襲いかかってくる。
日本を狙った本格的なテロ計画。
警察内部でも孤立する特捜は捜査権を奪われ、しかしやり手の沖津は様々な手を使い捜査を行おうとする。

龍機兵の整備員である緑は、バンシーに乗るライザらの手によるテロによって家族を奪われている。
親の仇でありながら仲間として協力しなければならない。
そしてライザは過去に傷を持つ。
果たして何故彼女はテロリストをやめたのか。

テロリストらは何を狙っているのか。
様々な伏線が絡み合い、やがて壮大な計画の全容が浮かび上がる。

魅力的なキャラクターに王道のプロット。
相変わらず乾いたハードボイルドな読書感が素晴らしい。


ということでライザに次いで次巻「暗黒市場」では元刑事ユーリのエピソード。
これも面白そう。
機龍警察 自爆条項 (下)