読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファム・ファタールとバラバラ殺人 映画「薄氷の殺人」

薄氷の殺人 [Blu-ray]

未解決連続殺人事件をめぐる元刑事と疑惑の未亡人の運命を描くクライムサスペンス。
刑事・ジャンはバラバラ殺人事件を捜査するが、容疑者が死亡し真相は藪の中に。5年後、彼はふたつの殺人事件を知り…。
2014年ベルリン国際映画祭金熊賞&銀熊賞受賞。



【スポンサーリンク】




ある日、土砂の中から発見されるバラバラ死体の一部。
担当刑事ジャンは謎を追うが、途中負傷し事件は未解決のまま終わる。

それから5年が経ち、警備員になったジャンは、警察が5年前の手口に似た殺人事件を追っていることを知る。
クリーニング屋で働く未亡人、その周囲では男が死んでいる。
その未亡人はかつてのバラバラ死体となって発見された男の妻でもあった。


2014年の中国・香港合作のサスペンス・ミステリー映画。
この映画、単なるサスペンスミステリー作品として観ると少し物足りないかもしれない。
もちろん裏切りはあるんだけれども、意外と綺麗な感じ。

そこよりもポイントはやはりファムファタル(魔性の女)として近づく男を次々破滅されていくグイ・ルンメイの薄幸そうな美しさと、そんな魔性の魅力に惹かれつつも近づき過ぎれば自身まで滅ぼしかねない元刑事ジャンとの距離がメイン。
邦題の「薄氷の殺人」は、冬の季節の殺人事件ということでもあるんだけど、主人公ジャンが踏み込み過ぎれば割れてしまい真っ暗で冷たい水が待ち構えている薄い氷のような、そんな関係性の中で殺人事件を追うということがタイトルで示されてるんだと思う。

セリフも抑えめ、絵作りもかなり考えられていて、この手の映画なのに美しいシーンも多い。
急にダンスシーンになったりするあたりは個人的に「悪魔のいけにえ」でのレザーフェイスのチェーンソーダンスを連想したけれど、あぁいう刑事の心情をセリフじゃなくさまざまな行動で間接的に表現して見せるあたり切ない。
エンディングもやたらポップな曲が流れるあたり、察しろ、という感じ。

グイ・ルンメイお美しいんだけどこの映画では未亡人、ほかの映画では女子高生とか……幅広すぎ。
実際は83年生まれの31ですが、まぁ未亡人のほうが似合うか。
化粧も薄めで、いかにも薄幸そうな感じがとても良い。

何年か後にもう一度観たい。
そう思わせる佳作だけれど不思議な魅力のある一本。


映画『薄氷の殺人』予告編 - YouTube