読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近聴いてる菊地成孔一派の10枚

歴史は夜作られる [DVD]

最近、菊地成孔周辺の音楽ばかりを聴いてる気がする。
なので必然的にジャズ、もしくはラップ、もしくは混ざったもの。
あまり記事には書かないがほぼ毎日のように何かしらは聴いてる。

ジャズやラップの感覚は言語化しづらい。 
アイドルは単純で解りやすいのだけれども。

以下に最近聴いてる「菊地一派」を並べてみる。
どれもいい。

※全て、ではなく最近聴いてるもの、聴いたもののみです




【スポンサーリンク】




1.戦前と戦後/菊地成孔とぺぺ・トルメント・アスカラール

戦前と戦後
菊地のボーカルものと言う一風変わった一枚。
生活環境的に聴くのは朝が多いんだけど、できれば夜がオススメ。
かなりしっとりした音。

2.フランツ・カフカのサウスアメリカ/dCprG

フランツ・カフカのサウスアメリカ
Date Course Pentagon Royal Garden、略してDCPRG。
多分、個人的に菊地成孔を初めて知ったのってフジにDCPRGが参加したときじゃないかと思う。
買ったばかりなので今、一番聴いてる。

www.timeout.jp

3.SECOND REPORT FROM IRON MOUNTAIN USA/DCPRG

SECOND REPORT FROM IRON MOUNTAIN USA
DCPRGの2nd
こいつもかなり聴きこんだ。
まさか、ここでやってるラップが拡大していくとは……。

www.youtube.com

4.cure jazz/UA×菊地成孔

cure jazz
UAのボーカルがジャズにピタッとハマってる。
これも繰り返し聞いた一枚。

一度再結成してライブ盤も出してる。
cure jazz reunion

mikiki.tokyo.jp

5.JAZZ ABSTRACTIONS/大谷能生

JAZZ ABSTRACTIONS
菊地の盟友 大谷能生の出した一枚。
かなり好みなんで大谷氏にはもっと出して欲しいんだが、あまり興味なさそう。

大谷能生インタビュー

6.BIRTH OF DOMMUNIST(ドミュニストの誕生)/JAZZ DOMMUNISTERS

BIRTH OF DOMMUNIST(ドミュニストの誕生)
菊地x大谷のUスト(今はYoutube)番組DOMMUNEでやってたプログラムJAZZ DOMMUNEから発生した実験的ジャジーヒップホップな一枚。
SIMI LABも参加し、もちろん必聴盤。
最近、あんまりやらないっすねJAZZ DOMMUNE(アルバム発売の時が最後?)。

www.youtube.com

JAZZDOMMUNE (DOMMUNE BOOKS 0008)

7.幽霊たち/Moe and ghosts

幽霊たち
JAZZ DOMMUNISTERSにも参加しているMoeさんのアルバム。
柔らかく、こわい声でポエトリーリーディング的なラップは独特の世界。

www.youtube.com

ototoy.jp
※MOEさんインタビュー

8.Think Good/OMSB

Think Good
SIMI LABのOMSBソロの2nd
ビートメイカーとしての才能も炸裂する、ともかく好いんでこれは聴くべき。
リリックもだけど、トラックが秀逸なんすよね。
買ってほぼ毎日聞いてる。

www.ele-king.net

9.戒厳令/Rinbjo

戒厳令
菊地x菊地の繋がりで出来た女優 菊地・パシフィックリム・凛子のアルバム。
菊地成孔プロデュースなので一派の人脈フル活用。
MARIA、QN(菊地一谷)、OMSBなどなど参加。
女優さんだからなー、という先入観をひっくり返されるクオリティの名盤。

www.youtube.com

mikiki.tokyo.jp

10.CONCRETE CLEAN 千秋楽/菊地一谷

CONCRETE CLEAN 千秋楽

菊地一派なQN(ex.SIMILAB)こと菊地一谷の1st
こちらも参加は豪華で名前の元になってる菊地成孔にMARIAやBEEFでやりあったNORIKIYOも参加してる。
OMSは参加してない。togetter.com


この辺を毎日グルグルローテーションで回してる気がする。
あとはJoeyBada$$、OgMacoとかケンドリック・ラマーとか。
daokoだの、泉まくらとか、あるいは時折アイドルを入れてみたり。
ロックは聴かなくなった。
聴くのはラップ漬けな毎日ですが、もう今さらルックスはストリート系にならない。