読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

娘を殺された父の復讐 映画「さまよう刃」

映画

東野圭吾の同名小説を韓国で再映画化したサスペンス。女子中学生・スジンが遺体となって発見された。ひとり娘の死に茫然とする父親のサンヒョン。ある日、サンヒョンの下に何者かから犯人の状況が書かれたメールが届く。




【スポンサーリンク】





東野圭吾原作、日本でも寺尾聰主演で映画化されたらしいんですが今ひとつ評判がよくない。


映像は、すべて手持ちの少しブレがあるカメラ映像のためドキュメンタリー的な感触。
カラーパレットは、無彩色で冷たく乾いた画面が続く。

ある日、サンヒョンのところに娘スジンが殺されたという連絡が届く。
女子中学生のスジンは拉致され、薬を飲まされレイプされ殺害された。

犯人グループの一人が、仲間を裏切りサンヒョンへ犯人の名前と住所をメールする。
犯人もまた学生。
サンヒョンが部屋に行くと、娘のレイプ動画を見ながら電話で仲間と話す学生の姿。
サンヒョンは、怒りに震える手で金属バットを持ち、滅多打ちにして殺害する。


痛い映画。

少年法と犯罪の残酷さのミスマッチ。
被害者遺族のやり切れなさを描いてる。
娘を殺されたサンヒョンはただひたすらに娘の復讐だけに生きて、誰とも交流せず全く救われない。
我が身を省みず復讐のためにだけ生きる父親の姿は痛々しい。

少年だろうがやはり憎々しいし観ていて、父親が復讐を遂げて欲しいと思ってみてしまう。
それが法に反していても。

刑事はサンヒョンを追いながらも、法に従いレイプ殺人犯の加害者である少年らを保護し、その遺族であり殺人犯になった父親を逮捕しなければならない矛盾に葛藤しながら追いかける。
社会正義と感情的な面での矛盾を体現するのは刑事らの役割。
守られるべき若者らは、拉致するレイプ犯であり、金のために身を売り大人に利用されながら狡猾に利用し、仲間を裏切り自分だけ助かろうとする。

この父親、刑事、犯人という存在の関係だけを描きペンションの経営者など他の要素を出さないで絞り込んだ結果、メッセージ性が強くなってる気がする。

「娘を殺された父親には、その後の人生などありません」

サンヒョンのこの言葉がとても重い。


さまよう刃 Blu-ray