読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巻き込まれ型王道アクション映画「ポイントブランク〜標的にされた男〜」

ポイントブランク~標的にされた男~ [DVD]

様々な思惑を抱える者たちがぶつかり合う36時間の追撃戦を描いたサスペンスアクション。殺人現場に居合わせてしまったヨフンは、銃弾を受けて逃げる途中に車にはねられる。彼が病院に運び込まれた翌日、医師・デジュンの妻が何者かに拉致され…。




【スポンサーリンク】





リー・マービン主演の「ポイントブランク」のリメイクかと思ったら全然関係ない韓国サスペンスアクション映画。
フランス映画「この愛のために撃て」のリメイクだそうで。

意識不明で病院に運び込まれた男には腹部に銃創。
医師の手当で一命を取り留めるが、妊娠している医師の妻が誘拐され謎の男を病院から連れ出すよう脅迫される、という巻き込まれ型。


この手のサスペンスアクションには必ず観客を驚かせる話のターニングポイントがあって、この映画もご多分に漏れず王道にやって見せる。
そこでガラリと風景が変わり、善と悪が決まる。
そのあとは一本道。
あとはどう落とすのかという落とし方次第。

キャラの活かし方もうまいし悪役の造形もなかなか。
某有名映画の悪役を思い出したり。
フランスのリメイク元と比べると同じアジア人だけに悪役っぽい人は悪役っぽく、善人なイケメン医師はやはり韓国映画っぽい。
アクション担当の元傭兵役リュ・スンリュンはそんなにイケメンじゃないんだけど「僕の妻のすべて」の伝説のジゴロ役とかイケメン役が多い謎。
ワイルド系?ともかく濃い。
今作ではマッチョなのだけど、こっちの方が合ってる気が……。

アクションのケレン味とかは韓国の方がこなれてる。
ただノンフィクション的な味はフランス版の方が強いかもしれない。
小粒だけれど良質な佳作といった感じ。
韓国アクションをあまり観てないなら観ても損はない。

www.youtube.com