読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画「プレミアムラッシュ」に見る演出の妙技

映画

プレミアム・ラッシュ [DVD]

ジョゼフ・ゴードン=レヴィット主演のハイスピードアクションサスペンス。人と車が激しく行き交うN.Y.。究極のテクニックで大都会を疾走するバイクメッセンジャー・ワイリーは、ある日知り合いの中国人女性・ニマから1通の封筒を託されるが…。



【スポンサーリンク】





A/B/C

そもそも自転車は、早いが早くない。

バイクや車とは速度が違う。
物語の舞台は大都会。
当然ながら車の隙間を縫うようにして走らなければならない。
主人公は卓越したセンスでそんなゴミゴミした街中を自転車で爆走するメッセッジャー。
彼のセンスは、危険な道の中から最も安全なルートを選んでいる、ということを観客に知らせたい。
そこで監督が選んだのがシミュレーションを見せる、という演出。

仮に赤信号で止まったとする。しかし後ろから追っ手が

A.そのまま突っ込む→横合いから来たバスに轢かれる→DEAD END
B.歩行者の方に→ベビーカーにぶつかり倒れ赤ん坊が道路へ→BAD END
C.路駐している車の隙間から歩道へ→OK

そして主人公はCのルートを選び難を逃れる……。

このように複数の未来を実際に観客に見せ、最善手を選択する過程を見せる。
主人公のセンスを視覚化して見せ説得力を持たせる。

速度感

先刻も言いましたが自転車は早いが遅い。
そこでカメラを地面すれすれのカメラワークにすることで観客に対し速度感を与える。
自転車と自動車、ではなく地面とカメラで速度感を出している。
これはカーチェイスモノなどでも行う手法。

そして対象物が歩行者などの場合(公園とか)、カメラを下げることを行わず歩行者との比較で見せる。
対象が遅ければ自転車の早さが際立つ。
当然ですが。
向かいから車が突っ込んでくる、通り過ぎる柱、様々な物体との比較で自転車の速度を表現する。
速度の表現は相対物との対比で表現するのが定番。
宇宙なら星や音、車なら普通の速度の車や歩行者。
自転車なら対向車や歩行者との比較。


こういう細かい演出が方々にある、そんな妙が光る佳作。
お話はオーソドックスだし、シナリオはそこそこ。
主演は映画「ドン・ジョン」でポルノ中毒を演じたジョゼフ・ゴードン=レヴィット。

一見地味だけれど映像演出と画面作りが非常によくできている。
造りが手堅い。