読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてな村近代史

※はてな村記事になります

tm2501.hatenablog.com

どうもあざね(命名:TM2501)です。

いやはや。
数年前だというのに懐かしい。
青二氏は「オレの審美眼の正しさ」を推したいらしいけど、それは人から言われることで自分から言ったらミサワにしかならんですよ。

……まぁ、主題はそこじゃあない。
ここ数年の幾つかのはてな的なトピックを振り返る試みの記事。




【スポンサーリンク】





泡沫ブログの会

まず、2年前には相互にブログを読み合う身内の会のリーダー的なポジを引き継いで当時無名だったせれさんやヤマネショウさんらがブレイクする前、ブレイク直後から交流してた。

ブレイクの基準がわからんが。

まずこれに関して補足。
本人が書いてるように、この「泡沫ブログの会」は、青二氏が発起人ではない。

泡沫ブログの会という読み会おうの繋がりをid:nisiyukinowww氏が作った。
ウチはid:nisiyukinowww氏と交流があり「泡沫ブログ」というワードで自称してたのでそこに初期メンとして参加してみた。
ブクマ互助会ではなく読み合うと言う意味の「互助会」

ところがあるときに増田に「泡沫ブログの会の互助システムはブクマスパムじゃね?」と言う記事があがる。
ここでウチはブチ切れて辞める。
ブクマに関しては、互助的な使い方はしてなかったので言いがかりですね。

azanaerunawano5to4.hatenablog.com

これが2013年7月のこと。
その後西由記氏は、泡沫ブログの会を続けそこで登場するのがTM氏。
で、会を引き継ぐ。
確かにこの辺でTM氏がTWITTERで「オレの周辺に若手を……」という感じがあったのは覚えてる。

ウチは、中学生から怖いと言われましてキャラチェンジを果たして今の優しく温和な人格に行き着いたわけで(何か疑問でも?)。

ついでですが虚構新聞の炎上に逆張りして燃えた方がいらっしゃいましたね。
名前も覚えてないですが。確かこの頃かと。
「はてな最悪」とかなんとか啖呵切ってやめて行ったはずなのに帰ってきたとか風の噂で聞くんですが?
どういう神経なんですかね。
どっちにしろ非表示なんで知りませんが(しれっ。

あとあの体調わる子さんもはてな復帰。
……してたんだけど、新ブログで再開。
現在、交流ないんで知りません。anond.hatelabo.jp

サードブロガー

ちなみに目安として ソラノートが炎上したのが2011年。
ちきりんがブコメ欄を非表示にした2012年。


罪山氏が「俺の邪悪なメモ」を削除したのが2013年2月。

この年は、バイトテロが世間の話題に。
コンビニ店長が「ウチらの世界」をブチ上げる。
デマこいて~の記事がホテントリ常連。
記事のでたらめさに毎度突っ込むが信者に黙殺される。

オチューン氏が私生活でいろいろあって、台風の日にドリキン土屋バリの速度で高速を突っ走り、スピンしたのが2013年10月。
ウチでネタ記事を書いたら真顔で白クマ先生に怒られる。

同年末、サードブロガーと「トマト事変」が勃発。azanaerunawano5to4.hatenablog.com

bulldra.hatenablog.com

このころはウチとid:bulldra氏も交流がありましたっけ。
その後、『ひきこもり女子いろいろえっち』のミカサさんと名義上のカレカノになりましたと謎の発言があったり、交流もすっかり減りましたが。
ちょうど時代はライフハック、自己啓発系が全盛。
「嫌われる勇気」が2013年末に発売。
どこもかしこも「嫌われる勇気」「嫌われる勇気」の記事で辟易とする。
病み過ぎだろ……。
嫌われる勇気と言えば、啓発系のTWITTERカリスマきのk……う、頭が割れそうだ!

オフ会とオチューン

その手の活動の中でも代表的なのは1年前にやった「はてなブログ食事会」だ。
サイバーメガネ氏(id:cyberglass)が行った「はてなブックマークオフ」のユーザーがあまり選別されてなく面白くない人がいたり、男9割のモテないオフ会で彼女連れてきてプロポーズし始めるバカがいたから「こんなのはてなのオフ会じゃない!お不快だよ!」とキレてたら、一部のユーザーから「お前もオフ会をすれば」と言われて、僕なりに今をときめくブロガーさんを選んで、選んで誘った。

その後、いろいろと面倒事を起こすことになるはてブオフ会。
台風に突っ込み、オフ会でも突っ込んだオチュー(ry

オフ会に至るいきさつは、ざっくりこんな風↓。

azanaerunawano5to4.hatenablog.com

亜流のコウモリ周辺は知らない。
言葉が通じないひととは交流しない。

はてなの望むはてなの顔

だから、僕が「古参から受け入れられつつ、今風の書き方もできる実力があって、ブログを書き続けるメンタルや知識量も持ってる人」として推した人ははてなオフィスに遊びに行かせてもらえないんだよね…僕も含めて。

ナンバーワンになる人や資本主義に守られる書き手/創作物と、僕が押してきた・僕自身がやってきた「その界隈で一目置かれる程度のブログ」の差ってなんなんでしょうね?


それがわかれば、僕もはてなオフィスでお茶コントができると思うんだけど…今行っても僕は資本主義にまもられてないからぶぶ漬け止まりだろうさ。

TM氏の大きな勘違い。
そもそもはてなは論壇だの長文系だのメンヘラ系だのを必要としてない。
それが実際であれ、看板として欲しいのははてな女子でありアプリはPresso。

azanaerunawano5to4.hatenablog.com
そして最近のミニマリズム。
この流れを見れば、はてなの指向がわかる。

hatenanews.com
見なさい、この闇のないメンツを。
これぞ公式の望む「ボクが考えたさいきょうの」はてなブロガー。
キラキラしとる。

この流れでTM氏が顔になるなんてないわな。
ウチも無いけど。
はてな的には暇女みたいなキャラ化しやすくて毒にも薬にもならない無難な感じのユーザーが欲しいんじゃないのかしら。
モヒカンなんて必要とされてない。
顔になりたいなら罪山氏みたく作家デビューでもせん限りは無理でしょう。


ということでざっくりとここ数年のトピックを幾つか。
もちろん書けないもの、書いてないものも多いですが。
新しい方向けの目安になれば。

「はてな」ではじめるブログ生活―はてな公式ハンドブック
鈴木 芳樹
ディーアート
売り上げランキング: 283,799