読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洋楽が日本で売れない幾つかの理由


(リンク記事の中身如何はさておき)

もともと日本は邦楽ポップス指向の国なんですよね。
単純に英語の歌は、英語ってだけでダメですから。

やっぱり日本人は表打ちリズムと恋愛テーマの歌詞に尽きる。
逢いたくて恋しくて震えてばっかりいるような歌がウケる。




【スポンサーリンク】




日本語と地蔵

耳タコ(死語)なくらい繰り返してますが、以前バンプ・オブ・チキンのライブに引っ張って行かれたことがあって(多分、天体観測前後くらいの)観客の八割くらいが女性で、藤原(vo)が歌ってるときはノリノリでキャーキャー言いながら一緒に歌ったりしてるんだけど、間奏に入ると棒立ちで歓声を送る程度になる。

「歌を聴きたい」層は、ミスチル地蔵と呼ばれるミスチルファンにも通じる。

彼女らにとってライブで聴くべきは「歌」であって「歌詞」「声」

音より言葉の意味を頭で聴いてる。
ボーカルと言葉の意味が持つプライオリティが重い。
ギターやベースやドラムって言うのは伴奏扱いなのかもしれない。

ももクロ行ったときに感じた「トラックのときはコール」ってのにも現れてる。
ボーカル→聴く対象の音→歌声
間奏→自分らがコールをやる時間→演奏

歌+伴奏。
内山田ひろしとクールファイブみたいな。
カルロストシキ・アンド・オメガトライブ、ピンキーとキラーズ。
安室奈美恵with SUPER MONKEY'Sとか(蛇足

共感の有無

で、歌を聴くリスナーは歌じゃないと受け付けない。

よく言うじゃないですか。
「共感できる」とか。
共感の対象は「歌詞」であって「音」じゃない。

いい歌→共感できる歌→いい歌詞の歌

そんなリスナーが占める世界へ洋楽が入ってきたところで英語がわからない→共感出来ない→聴かない、英語わかんないし~。
だから売れない。
日本語の歌じゃないと売れないってのは常識で、だから昔ブリリアント・グリーンもデビュー当時はオアシスのバッタモンみたいな感じだったのに(よく聞いてた)日本語詞に代わった。


the brilliant green - Bye Bye Mr Mug—在线播放—优酷网 ...

女性パンクバンドSOFTBALLも日本語詞の歌を出したりしたし。
英語詞でデビュー→業界関係者「日本語だったら売れるんだけどねぇ」→日本語詞の曲発表
こういう流れもよく聞く話だった。

アイドルと言うキメラ


校庭カメラガール /Happy Major 【甘噛みモーニングコール】(2015年1月25日 ...

今や日本にはアイドルと言う怪物(キメラ)がいる。

世界的に流行ったEDMもアイドルが取り込み、歌謡曲もラップもギターロックだって取り込む。

女の子グループが何かトラック(ジャンル問わず)に合わせ歌い踊る→アイドル

この単純な方程式に乗せアイドルは次々登場するから、アイドルと言うワードの音楽ジャンルも広がる。
ラップアイドル、EDMアイドル、パンクアイドル、ロックアイドル。
ベビメタだって「アイドルがメタルサウンドで歌う」なんて現代の上記アイドル方程式じゃなきゃあ出てこなかった模範解答の一つ。

世界的な流行がどうあれ、その音を取り込みこみ国内向けに「アイドル」パッケージとして売る。
今はアイドルが流行ってる、と言うよりもなんでもかんでもアイドルにはめ込む売り方と言うのが強い印象。
海外よりシーンに幼児性が強く、日本式アイドルはやはり日本の土壌に合う。

テレビの斜陽

日本での売り方の定型としてドラマ、CMなどとのタイアップと言うのも王道。

ところが今や日本ではテレビ離れが進んでる。
流行りのドラマがない、若い音楽リスナー層がドラマやテレビを見ない。
だからトリガーにならない。

今シーズンやってるドラマの主題歌がひとつもわからない。
昔ってドラマと繋がる音楽が多かった。


Bryan Ferry - Tokyo Joe - YouTube

これは洋楽邦楽に限らず言えることだと思う。
音楽番組を見ても昔の歌謡曲かAKB、EXILE、その他アイドル。
時代がどこか欠落した。

権威と導線の不在

snoozerスヌーザー2002年6月号 #31
※管理人は、ボビー・ギレスピーマンセーです

考えてみると昔はタワレコに行って試聴機でさんざ試聴して「○○が流行ってんのか」「お、こんなバンドが」なんて気づいたりもした。
音楽雑誌を流し読みして。
そういうことがすっかりなくなった。

音楽の情報はネットで得られる。
でも「こういう音って格好いいでしょう?」「今はこれを聴こうよ」という権威的な指標がない。重みづけが機能しない。
マニアからすれば薄っぺらいが初心者の導線としては重要。

だから今は素人の作る「オススメ曲100」リストが山ほどブックマークされる。
しょせんローカルだし一般個人の嗜好だから権威にならない。


Primal Scream - Rocks - Glastonbury 2013 (HD ...

大きなシーンを作るのは、ニッチで能動的なリスナーではない。
受動的でライトなリスナー層。
能動的なリスナーは勝手に自分で見つけて勝手に聴いてる。
洋楽がウケるかウケないかはわかりませんが、シーンを作るにはいろいろ足りてない気がしてならない。

リスナー不在で、めんどくさい方々が顔を突き合わせて「これからの音楽評論のあり方があーだこーだ」なんてやってるから、どんどん人が逃げていくんだと思うけれどもねぇ……。
商店街活性化の話し合いじゃないんだからさ。

求められるリコメンド


Alabama Shakes - Hold On (Official Video) - YouTube

日本ではウケないと思いますがアラバマ・シェイクスは圧巻。
迫力ある声と、それに負けない音を鳴らしてるリズム隊。
いいバンドはいる。
ただそれをリスナーに伝える導線に欠ける。


音楽の需要がないのか?というとそんなこともない。
先日、anond.hatelabo.jp
こんな増田があって大いにウケてた。
村上春樹って名前は権威になり、だから参考にされる。
ジャズに馴染みのない方々が、ケンカで前歯を折られたチェットベイカーのペットを聴いたりする役に立つ。

洋楽バンドであれ、指標となるべき何かがあればそれがトリガーになりえると思うんですよね。
ただネットメディアでは難しいでしょうが。
APPLEMUSICみたいにパーソナライズされたリコメンドが進めばより一層シーンが分断化される。

音楽でシーンを作るのが難しい、トリガーを仕掛けるのも難しい。
音楽と言うメディア、コンテンツと現在のネットにより細分化された趣味嗜好は相性が悪いんだろう。
で、そういったニーズが、なぜかYoutuberやVINEに流れたりするんだからなんともねぇ……。

では最後に英ロック界の張本勲こと御意見番ノエル・ギャラガー(ex.OASIS)のインタビューから引用。

「ロックはあるんだよ、だけど世代交代が起きてないのは確かだな。アークティック・モンキーズとかカサビアン、レイザーライト、ザ・リバティーンズ、そのあと誰も出てきてないだろ。出てきてるっていうなら言ってみろよ。もう10年だろ。だから冬眠してるって証拠だよ」
(中略)
だがノエルは、インターネットが実際にはロックに悪影響を及ぼしたと思っているという。インターネットの普及によってロックに興味を持つ人が減り、オアシスがデビューした時代に比べてレコード・レーベルは新人バンドに投資したがらなくなっている気がする、と彼は言う。
 
「理論的には、インターネットとYouTubeは、新しいバンドが世に出るための力になるはずだろう、だが現実にはそうなってない──むしろ逆だ、状況は悪くなってる。今じゃレコード・レーベルだって、ワーキングクラスのバンドにまるっきり興味ないんだよ」
ノエル・ギャラガー、ロックンロールは「冬眠中」と語る (2015/07/28)| 洋楽 ニュース | RO69(アールオーロック) - ロッキング・オンの音楽情報サイト

それ。

では、プロディジーの新EPからAWOL (Strike One)でお別れしましょう。
SEE YOU NEXT TIME!BYEBYE!!!(ヒロ寺平風に)

Night Is My Friend Ep
Night Is My Friend Ep
posted with amazlet at 15.07.28
Prodigy
Imports (2015-08-07)
売り上げランキング: 11,543