読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南北の境界を越える男 映画「プンサンケ」

映画

プンサンケ [DVD]

脚本、製作総指揮キム・ギドクの割にベタ。
以下、ネタバレ気にせず浜村淳ばりに。
キム・ギドクの割に大して暗喩もないので苦手、ギドクは初めてって人向きかもしれない。

※以下、ネタバレ





【スポンサーリンク】





休戦ラインを越える男

ざっくりあらすじを。

まず主人公は北と南の休戦ラインを自由に行き来して北朝鮮に残された家族からビデオメッセージや荷物を受け取りそれを韓国に届けることを生業にしてる。
キム・ギドク作品に多い、一切喋らない系のキャラ プンサンケ。
プンサンケ自体が、何かしらの暗喩。


韓国に亡命してきた北朝鮮高官。
何かしらの秘密を握ってるらしく韓国の諜報員らにそれを描くように言われるが
「北朝鮮に残した愛人に会いたいわー会いたいわー」
と言って全然書かない。

そんなときにプンサンケの噂を聞きつけ、残された愛人を連れてくるように依頼。
プンサンケは、いろいろ苦労しつつも愛人を北朝鮮→韓国へと連れてくる。

途中で彼女が男に恋心を抱く感じがさんざ描かれるので当然その辺で揉めるなーと思ったらそれが話の中心になる。

愛人を連れて来させたら用事はない。
韓国諜報員らはプンサンケを逮捕。
プンサンケが元北朝鮮の工作員なのか韓国の元工作員か聞き出そうと拷問にかけるが相変わらず話さない。

この辺、ナショナリズムを前面に出す感じで映画のテーマが「北と南」なのがわかる。


プンサンケは、諜報員らのところから脱出。
しかし今度は北朝鮮の潜入工作員らに捕まる。
愛人を人質にとって北朝鮮高官を殺して来いとプンサンケに言う。

蠱毒

なんだかんだあってプンサンケは生き残る。

そして復讐のために北朝鮮、韓国双方の工作員、諜報員らを拉致し同じ部屋に閉じ込める。
本来であれば閉じ込められても協力しあいプンサンケを倒して出ればいい筈なのに、憎しみ合う者同士が同じ部屋に閉じ込められた途端、争いを始める。

境界を楽々乗り越えるプンサンケは、南北の韓国・北朝鮮と言う区切られていない国の暗喩なんでしょう。
そして諜報員らは、ナショナリズムに最後まで縛られ続ける。
徒手空拳でも争い合い、銃を持てばお互いを撃ち、最後の一人になるまで殺し合う。

古代中国において、広く用いられていたとされる。どのくらい昔から用いられていたかは定かではないが、白川静など、古代における呪術の重要性を主張する漢字学者は、殷・周時代の甲骨文字から蠱毒の痕跡を読み取っている「畜蠱」(蠱の作り方)についての最も早い記録は、『隋書』地理志にある「五月五日に百種の虫を集め、大きなものは蛇、小さなものは虱と、併せて器の中に置き、互いに喰らわせ、最後の一種に残ったものを留める。蛇であれば蛇蠱、虱であれば虱蠱である。これを行って人を殺す。」といったものである。
蠱毒 - Wikipedia

プンサンケが閉じ込める蠱毒の壺のような光景は、憎み合い対立する北と南の暗喩。
北朝鮮側の一人が、部屋の全員が死ぬ手榴弾を手にするのも……核ですかね。

南北の問題を描いた一作。
プンサンケはナショナリズムに縛られない自由な人間の象徴ですかね。
なかなか良い作品でした。


8月18日公開映画『プンサンケ』予告 - YouTube