CHOKiCHOKiとサロン系とユニクロ

oreno-yuigon.hatenablog.com
ファッションバイブルはCHOKiCHOKi!というひとが「ファッションとは~」と語るのも面白い。
500ブクマを越える大人気の記事なので読んでみたんだが……。

最近、ファッションクラスタってことを忘れられてるので久々に以下。




【スポンサーリンク】





CHOKiCHOKiと奈良着

※奈良着 ヤフオクなどで「キムタク着」と並び見かける「奈良着」は"CHOKiCHOKiのオシャレキング奈良裕也着用アイテム"の略語

俺の高校から大学くらいのときに、「オシャレキング」というのが流行りました。
ChokiChokiという雑誌の初期の頃に組まれた特集です。

原宿や表参道のオシャレな美容師を中心とした、オシャレキング集団。
その中で抜群の存在感を示していたのがキング・奈良裕也です。

写真を見るとわかると思いますが、センスの塊のような人です。
奈良くんがカッコよすぎて、大学の時は神のように崇拝しておりました。

あんな風にオシャレになりたいと思い、バイトした金となけなしの奨学金をほとんど服にぶっ込んでました。
deviceやらyaponskiiみたいな単語だけ覚えてます。店の名前だったっけ?

ChokiChokiを始めとしたファッション雑誌を読みまくり、服をひたすら買いまくる。
ホント、大学2年から3年くらいは毎月10万円くらい服に費やしたと思います。

ここで桂三枝なら「およよ」と叫んで椅子ごと転けるタイミング。

この方、サロン系だったそうで。
久々聞いた。


サロン系説明の前に、まずCHOKiCHOKiという雑誌について。

雑誌CHOKiCHOKi創刊は、2000年。
髪型などメンズ美容にスタンスを置くファッション誌。

f:id:paradisecircus69:20150804193413j:plain
CHOKiCHOKi(チョキチョキ)の媒体掲載料金|雑誌広告ドットコム

このCHOKiCHOKi、対象年齢は10代半ば〜後半。
20代になれば読まないような雑誌ということになる。

男子美容に力を入れていたことから"美容→サロン系"が産まれる。
サロン系ファッションをWikipediaから引くと

サロン系(サロンけい)とは男性ファッションの傾向のひとつ。またその着こなしのこと。「美容師系」ともいう。主にハイブランドと古着をミックスした女性顔負けのフェミニンなメンズスタイルを指す。
サロン系 - Wikipedia

こんな感じ。
フェミニンでナルシーかつナンパでチャライ。

サロン系は日本独自発展のファッションジャンル。

お兄系とかあざとい感じのホストファッションにも通じる。
着飾り女性を口説く、女性ウケを重視する。
いわば
「モテるためのファッション」
を求道するのがサロン系とでもいうか。
チャラチャラした感じの細いやつ。

Elasticさんの過去記事からサロン系の栄枯盛衰について抜粋

【2006年】裏原専門誌street jackが路線変更(そしてSJは迷走時代に突入)
9月号から誌面に「セレカジ」や「ゆるカジ」という言葉が頻繁に登場するように。セレカジはお兄系、ゆるカジはサロン系(美容師系)に収束していく。その両者が憧れていたブランドNo.1がディオールオム。若者全体にスキニーブームが起こる。そしてブランドの世界観に捉われない自由な着崩しが裏原系に通じるものがあったのだろうか、多くの裏原系はお兄系ではなくサロン系に流れていった。キムタク信仰から奈良裕也(通称ナラ様。サロン系のアイドル)信仰へ。「キム着」と同じように「奈良着」という言葉も生まれた。

お兄系とサロン系は軟派(モテ志向)で肌の色が黒いか白いかの違いであった(特に女性にとって)
http://www.fashionsnap.com/the-posts/2013-03-16/urahara-trend/

2006年、CHOKiCHOKiは発行部数で最高記録。

チャラいファッションはやりましたね、この頃。
カーッ(゚Д゚≡゚д゚)、ペッ ( ゚д゚)、ペッ.

※管理人は、モテ狙いのファッションが嫌い

サロン系の台頭と終焉

CHOKi CHOKi (チョキチョキ) 2006年 06月号 [雑誌]
サロン系の隆盛。

エディ・スリマンのスキニーでロックな(未だにサンローランでやってる)世界観を独自解釈してそれっぽいものを安価で再現して見せる。
10代が読む雑誌の読者がディオールオムなんて買えない。

【2007年】ナラ様がchokichokiのおしゃれキングを卒業
2006年に男性ファッション誌で売り上げ1位を記録したchokichoki。しかしサロン系の天下は長くは続かなかった。 2007年にナラ様が卒業したことで凋落の一途をたどることになる。ファッションリーダー崇拝、レアものハンター、 個性的な古着の積極的な活用。この3点セットを裏原から受け継いでいたサロン系は緩やかにトレンドの中心から転げ落ちていき、 裏原的価値観も薄れていく。「〇〇着」と付加価値をつけプレミア感を煽る一種の裏原文化もゆるやかに衰退していった。
http://www.fashionsnap.com/the-posts/2013-03-16/urahara-trend/

はてな界隈ではなぜか未だに”ファッション=モテ”というこの時代に作られた旧態然とした価値観が流通していて非常に違和感を覚えるんだが(金を持ってる方がよほどモテるわ)サロン系は奈良の引退とともに終焉を迎えた。
そして今や、雑誌POPEYEなどに影響を受けたブルーボトルコーヒーに並ぶような若者が主流になってる。
CHOKi CHOKi (チョキチョキ) 2007年 01月号 [雑誌]
そして2015年7月号を最後にCHOKiCHOKiは休刊する。

今やノームコア、サードウェーブ系などチャラいモテファッションと真逆の流行が主流。
黒くチャラいmens eggが休刊したように、CHOKiCHOKiの方向性もまた今の時代の若者の嗜好にそぐわないんだろう。www.fashionsnap.com

即物的モテツールとしてのファッション観

話を戻す。
書き手が元サロン系と言うことを念頭に、元の記事から

あんな風にオシャレになりたいと思い、バイトした金となけなしの奨学金をほとんど服にぶっ込んでました。
deviceやらyaponskiiみたいな単語だけ覚えてます。店の名前だったっけ?

deviceやらyaponskiiって全然知らないんですが、どうやらフェミニンなドメブラらしい。
へぇ、知らん。
どうもサロン系の崩壊と共に今は無い模様。

CHOKiCHOKi読んで買った服なんて着れるわけもない。
10代、モテ狙い服の寿命は短い。

で、やっと気付いたんですけど、シンプルでよかったんです。
シンプルで上質なものを、長く着る。

シンプルなものであれば、組み合わせにも困らない。
歳をとっても着ることができる。

個性あるオシャレじゃないけど、誰にも減点されない服装こそが「大人のオシャレ」なんだと思うようになりました。

「個性じゃなく誰にも減点されないシンプルなおしゃれ」
ってところが非常に引っかかるんですが(個性=オシャレである、という歪みが透けてる)。
要はサロン系→コンサバになった、ということでいいんですかね。

誤読多発

俺は思いましたね。


服を買う時は、まずユニクロでなんとかできないかを考えよう

f:id:paradisecircus69:20150420172033j:plain
マジかよ!

そこでなぜかサロン系→ユニクロに振りきれる。
600近くブックマークがついてるのに、その大半が無言ってあたり読んで理解してるのか。
かなり疑問が残る。

繰り返しますが、基本的にこの記事の書き手にとっては

ファッション=モテのツール

この思考が基準。

サロン系は雑誌の影響、ユニクロも本の影響。
……自分の意志はどこに。

こういう嗜好には、ファッションに関しアーカイブやMMMの持っていた抽象性や概念なんてさっぱりない。
ジュンヤマンの解体と再構築?何それ?
カルチャー的、バックボーンの存在するファッションではない。
女にモテないファッションに意味はない。

「ファッション」と一口に言っても同じじゃない。
その辺をあまり理解してもらえないんだが。

モテリーマン、チャラリーマンの世界は上位3割だけで構成されているので、その中で目立つのは至難の業。そこまでのレベルをこの本で到達するのは無理だと思うし、俺もどうしたらいいかわかりません。


でも、上位3割に到達していればきっと、女の子から見ると確実に「合格ライン」は超えているでしょう。


オスの孔雀は美しい羽を広げてメスを魅了するといいますが、我々は人間なので、ファッションだけで女を魅了する必要はありません。

まずは無難な服で合格ラインに立って、あとは服以外の面で魅了していくのがいいんじゃないでしょうか。

この記述なんてモロに「ファッションとは女ウケである」の考えが解る。

だから、この記事の中身は、誰にも彼にも当てはまるわけじゃない。
それを押さえた上で読まないとおかしくなる。

即物的なコミュニケーションツール、単機能的なファッション。
「女にモテるにはオシャレになることだ」という厨二思想。

「おっさんの普段着はユニクロで充分だ」なんて話はしてない。

コメントを抜粋しますが、

ワーク系やアーミー系は頑丈なので愛用してる。長く使える服選びは若い頃からしていて、服に金をかけたくないから20年ずっと体形を維持してきた。さいきん微妙なので何とか元に戻した。メタボは不健康だし一石二鳥。
ワーク系やアーミー系は頑丈なので愛用してる。長く使える服選びは若い頃からしていて、服に金をかけたくないから20年ずっと体形を維持してきた。さいきん微妙なので何とか元に戻した。メタボは不健康だし一石二鳥。 - shinichikudoh のコメント / はてなブックマーク

いや、だからペラッペラなモテ服の話だっつーの。
アーミー系は一番モテない。

そこで、手入れをしっかりとこなせば何十年も着ることができて、しかも中年太りにも割と対処できそうな着物ですよ。
そこで、手入れをしっかりとこなせば何十年も着ることができて、しかも中年太りにも割と対処できそうな着物ですよ。 - ornith のコメント / はてなブックマーク

いや、だから、着物でおっさんがモテるんならいいけど単に「ユニクロ」ってとこしか読んでないように感じるのは気のせいかね。
モテ服の話だっての!


ハァハァ……(最近体力落ちたな)。

まとめ

この記事は
「ホストみたいな格好に金を突っ込みまくって気づいたけどシンプルな格好でもモテんじゃね?だったらユニクロでいいやん!!」
書いてあるまま読めばそーいう中身。
何割くらい読めてるんだろうか?(読めてる人はいいです、帰ってください)


ま、どおーでもいい。
そもそも自分が着る服をユニクロでいいかどうか、本を読まんとわからんとか。

そりゃあ絶対モテねぇだろうなぁ……。