読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻耶 雄嵩「隻眼の少女」で考える名探偵と多すぎる手掛かり

隻眼の少女

山深き寒村で、大学生の種田静馬は、少女の首切り事件に巻き込まれる。犯人と疑われた静馬を見事な推理で救ったのは、隻眼の少女探偵・御陵みかげ。静馬はみかげとともに連続殺人事件を解決するが、18年後に再び惨劇が…。日本推理作家協会賞と本格ミステリ大賞をダブル受賞した、超絶ミステリの決定版。

さすがの麻耶雄嵩作品。
しかしAmazonレビュー欄、なかなかしんどい。
※ほんのりネタバレあり




【スポンサーリンク】





多すぎる赤ニシン

ミステリには「コード」がある。

平易に言えば“決まりごと”“あるある”。
嵐の山荘、密室殺人、絶海の孤島、名探偵、見立て殺人。
麻耶の作品にはそういったコードに対しての懐疑的な視点がある。

過去には、銘探偵メルカトル鮎(物語の最後にしか登場しない)を登場させ物語における探偵というシステム自体を曖昧にし、「神様ゲーム」では名探偵を越える“神”を登場させることで「真相」が先にわかった状態で行われる推理という逆説をやっても見せた。


とある田舎町に伝わる伝説、スガルさまと呼ばれる生き神様、そして琴折家という旧家を舞台に連続殺人が発生する。
このように過剰な和の道具立てからも「隻眼の少女」が横溝正史を意識して書かれているのが解る。

僕は途中で犯人に気づきました。

そう書いてる人が少ないので「アレ?」と思いましたが。
まぁ、気づいたのは作中でその人物も十分犯人となりうる「動機」があるのに一切触れられなかったこと、「二部構成」といったメタ的に考えた故で、そこまで理詰めで推理した訳ではありませんが。
ただ、僕がこの小説に魅力を感じないのは、基本的に「誰でも犯行可能」だから。
Amazon.co.jp: 隻眼の少女 (文春文庫)の ぶるーすさんのレビュー

途中、推理ではなく犯人が解るのは誇ることじゃない(作家も推理ではなく真相がわかる読者は悔しくないそうだ)。

この作品が面白いのは、レッドへリング(赤ニシン:ミステリ用語でニセの手掛かり)によって推理にミスリードがあっても、探偵が「○○が犯人だ」と確定すればどんな人間であれ犯人になりえることだろう。
探偵が真相を暴くのではない。
探偵が真相を作りだす部分にある。

“基本的に「誰でも犯行可能」”ではなく、ミステリの物語というシステム内において、さまざまな手掛かり(関数)を組み立てることで「○○が犯人である」という物語内の「答え」を作り出すのが名探偵というプログラムの役割であり、今作ではプログラムそのものが重要。
誰でも可能でも、探偵が指名すればそれが「絶対の真相」。
カリカチュアライズされてる。
物語は結末と回答を求める。

解決ドミノ倒し

ミステリーズ《完全版》 (講談社文庫)
山口 雅也
講談社
売り上げランキング: 251,293

少し話がそれる。
山口雅也「解決ドミノ倒し」という短編がある。

「さて、こうして皆さんにお集まりいただいたのは、ここにいたって、ついにマンスフィールド氏殺害事件を解決するときがきたからであります」

この作品では、よくある関係者一同を集めて行う探偵の告発シーンから始まる。
探偵が告発する→実は違う→別の犯人が→実は違う→別の犯人が→実は違う→別の犯人が→実は違う→別の犯人が→実は違う→別の犯人が...。
真相が明らかになるたび新事実が明らかになり、真犯人が登場し、新事実が明らかになり、真犯人が登場し続ける。
ドミノ倒しのようにどこまでも解決は続く。


金田一耕助 真犯人説というのもあるけれど、ミステリの物語内において警察は機能せず助手は助手でしかない。
すべては「名探偵」の掌の上。
金田一的な世界が前提だからこそ死体が積み上がり、絶対的な名探偵の推理は覆され、目の前で次々死んでいく。
青酸をふくんで……なんてのも金田一でよく見たアレ。

「隻眼の少女」は、名探偵という空虚な存在と曖昧な「事件の真相」を意識させる物語。
名探偵は神ではない。
だが物語の中において名探偵が「これが答えだ」と言えば横から口を挟まれることもない。
どんな突飛な真相であれ「名探偵」は物語内で解決を司る。

どれだけ狂った名探偵でも解答を示せばそれは物語内で絶対の答えになりえる。
それに逆らう存在は、物語内にはいない。

しかし「名探偵」は、物語の中でそれほど絶対的であっていいのか?
名探偵の正しさは誰が保証するのか?

つまり、この作品は後期クイーン的問題を扱ってる。

「作中で探偵が最終的に提示した解決が、本当に真の解決かどうか作中では証明できないこと」
(中略)
「作中で探偵が神であるかの様に振るまい、登場人物の運命を決定することについての是非」
後期クイーン的問題 - Wikipedia

 
 

ミステリ読み

で、こういう中身ですからミステリ読みのミステリマニアは、わかった上で評価した。
そもそも麻耶は、ミステリ読みにウケるミステリを書く

しかしミステリを読まないひとからすれば探偵のレゾンデートルだの後期クイーン的問題だのどーでもいい。
なのでおかしな感想がズラズラ並ぶ。

この作者はミステリー小説をよく読む方の大半が「それは反則だろ!」と思うようなことを平気で書いてしまう、いわゆる癖のある作家というやつで、それは本作でも健在だからです。
どこがどう反則なのかはネタバレなので書けませんが、作者の本をよく読む私自身、本作を読み終わったあとは「これタブーなんじゃ…」と呆然としてしまいました。
Amazon.co.jp: 隻眼の少女の 積み木さんのレビュー

何も反則は無い。
たとえば「間違った、事実に即さない情報を読者に提供する」のは反則だろうが、この作品で書かれることに反則は何一つない。
ミステリは情報から読者に誤認させることを主眼にしている。
この作品も多分に漏れない。
これが反則やタブーならミステリの大半が反則になる。


幻惑密室―神麻嗣子の超能力事件簿 (講談社文庫)
西澤 保彦
講談社
売り上げランキング: 595,512

本格ミステリ風ドタバタ殺人劇というのが自分が読み終えて抱いた印象で、本格ミステリって書いた方も意図していたとは思えないような内容です。
それならそれで登場人物とかもう少し魅力的なら楽しめるだろうけれどヤラレル方もヤル方もなんとも印象の薄い魅力の乏しい方々でなんだか盛り上がりに欠けます。せめて少女探偵のみかげちゃんでももう少しキュートならこれはこういう作品なのだと割り切れて自分には不向きだったと諦めもつくのでしょうが。
こういう世界観を楽しめる人が読めば楽しいかもしれませんが本格ミステリを求める人にはとてもお勧めできません。
Amazon.co.jp: 隻眼の少女 (文春文庫)の toratarotさんのレビュー

こういうひとは新本格が昔「キャラが書けてない」とさんざDISられた歴史を知らないんだろうなぁ……。
わざとらしいくらいの衣装(水干着た隻眼の少女って……)が名探偵だからって萌え要素入れるわけないでしょ。

新本格とラノベミステリは違うもの。
キャラを書きこむのではなくコード型のミステリ物語、状況を楽しむのが新本格なので必然キャラは薄くなる(綾辻の十角館など)。

綾辻行人以来の「新本格」と呼ばれた多くの作品は、それまでのミステリと違い、われわれの住む現実ではない「架空世界」を扱い、その「架空世界」のありようを問題(テーマ)にしているように感じられる。「新本格」のすばらしさを語る時、「いままでの世界観が崩れるような快感」という言い方がされるが、これは「新本格」以前の多くの本格ミステリにはあまり見られなかったものである。そして、その「架空世界」の中で動く人間たちは、あくまで役割を演じる役者のようである。いかに演技が上手かろうが(総じて下手に感じられたけど)、結局、役者に過ぎないと感じてしまうのである。それが「リアリティがない」「人間が描けてない」という評価となる。
http://d.hatena.ne.jp/mystery_YM/20071030/1193752627

森、京極あたりからキャラを中心にした作品が登場してきたが。
西澤保彦のチョーモンイン神麻嗣子もその辺を意識してる。


上記の感想が間違っている/合っているではない。

そうではなくミステリを読む人ほど感心するし、読まない人ほど何とも思わない。
長いだけじゃねーかよ。
横溝のパクり?
キャラが薄いわ―。
そう読むようできてる。
麻耶のようなミステリマニア向けな作風は、一部でこっそり読まれるのが丁度いいのではないかな……。

さらに言えばキャラクターに感情移入の必要な小説ばかり読む人には物足りない。
そういう人は米澤穂信でも読んでなさい。
あちらはトリックより、人物に関しての書き込みがよくできている。

ホームズは一目見ただけで依頼人の来歴を当てる。日本では戦後から50年代に探偵小説が成熟。横溝正史の名探偵、金田一耕助が登場した。
 
 だが80年代末に起きた「新本格ミステリー」ブームでは、「探偵はすべてを把握しうる存在なのか」を追究する作家も生まれた。北村薫の「円紫さん」シリーズは、たわいもない「日常」に謎を見つけて大仕掛けもなく解く。探偵は超人的ではなく、存在意義を自問自答することもある。
 
 笠井は『隻眼』がこの流れの上にあるとし、「真理の代弁者としての探偵像が揺らぐ中で名探偵を描く、という困難な作業に向き合った」と評価している。
asahi.com(朝日新聞社):少女探偵に託すプロ意識 麻耶雄嵩「隻眼の少女」 - 文化トピックス - 文化


王とサーカス
王とサーカス
posted with amazlet at 15.08.13
東京創元社 (2015-07-29)
売り上げランキング: 370