著作権はバランスライン”が大事

お足もとの悪い中、お運びいただいて誠にありがとうございます。
えー、ネットは今日も今日とて著作権侵害花盛り。
あちらこちらでパクったとかパクってないとか言われておりますな。

パクリなんだと四角四面な著作権ポリスが巡回する“正しいネット”の息苦しさを感情論であーだこーだ語るひとが出てくる前に、ここで“著作権はバランスライン”が大事だという噺を一席。




【スポンサーリンク】




引用要件

b.hatena.ne.jp
たとえばこちら(リンクはブクマ欄)の記事が先日著作権侵害ではないかと話題になりました。
内容はマンガのコマ、その台詞の抜き書きから構成されている。
下部にその元になった単行本のリンク。

これは果たして引用でしょうか?

「引用先が書いてあるんだから引用でしょ?」

と思ったあなた、少しお待ちあれ。

引用には、引用要件というものがある。
平たくいうと「引用にするための条件」ですね。

「引用」とは、例えば自説を補強するために自分の論文の中に他人の文章を掲載しそれを解説する場合のことをいいますが、法律に定められた要件を満たしていれば著作権者の了解なしに引用することができます(第32条)。この法律の要件ですが[1]引用する資料等は既に公表されているものであること、[2]「公正な慣行」に合致すること、[3]報道、批評、研究などのための「正当な範囲内」であること、[4]引用部分とそれ以外の部分の「主従関係」が明確であること、[5]カギ括弧などにより「引用部分」が明確になっていること、[6]引用を行う必然性があること、[7]出所の明示が必要なこと(複製以外はその慣行があるとき)(第48条)の要件を満たすことが必要です(第32条第1項)。
著作権なるほど質問箱

「正当な範囲内」「公正な慣行」「主従関係」などわかりづらいですが、気をつけるべきは
・引用部分が明確であること
・主従関係が明確かどうか
・出所の明示
・引用の必然性があるか

という部分。
ブログに書いたりする場合、引用部には引用の<blockquote><q>タグ、また出所には<cite>タグをウチでは使うようにしている(デザイン変更後)。こうすることでどこが引用なのかがハッキリとわかる。
さらに引用部は記事の地の文が主(メイン)に対して従(サブ)の関係であること。
引用がメインで、地の文がサブという主従関係はダメ。

では上のリンク先記事はどうでしょう?
小見出しにセリフをそのまま使い、その下に画像を載せる。

まず主従関係がこの場合成立していない。
明らかに画像が主であり地の文が従ですから引用になるかどうかはかなりグレー。
引用部の切り分けも曖昧ですし「引用要件は満たされていない」“なんちゃって引用”というのが無難な解釈になるかと思います(裁判になれば知りません)。

しかし実際これで訴えられるかどうかと言えば(告発することによるイメージと社会への影響、非親告罪の現在)微妙ですし、ルールに関しては記事などを書いている(発信)側の倫理観によるとしか言えません。

「著作権を守ろう」という気持ちが強いか。
「著作権無視でも面白ければいい」のか。

 
ツイッター界隈で平然とパクツイする人が横行するのも個人の倫理観の問題。
「権利を守ろう」より「面白ければいいだろ」が強いからパクツイはなくならない。 
 
 

誰得?

しかし著作権をうるさく叫ぶ意味はなんでしょうね。

たとえばとあるAという本があったとしてAの表紙画像をアップロードしているブログやツイッターを著作権者(マンガであればA作者、小説であれば表紙デザインをした担当や出版社など)が訴えたとする。
「お前ら、勝手にAをアップロードしやがって!!」
そしてネット上からAの表紙が消えた……。

これではAには得がない。
「A本面白かった!」という画像付きツイートを作者自身がRTして広める方が宣伝効果もある。

著作権侵害に対する訴えは、使えるけど使わない手札。
そこは利益見合い。
黙認することで利益になるから黙認している面は多々ある。
何でもかんでも
「法律で決まっているから」
では成り立たないし、法律を成立させるために社会があるのでは本末転倒。
権利者が容認している分には実際的に使われている。

だから著作権者は、商用利用など不正に使われた場合には認めず著作権侵害の手札を切り、「ひとの画像を使って商売しやがって!」で訴えたりもする(海賊版などもこちら)。

著作権は作者が作品を守る「権利」
法的に利益を保護する力ですからそれは無制限でもないし、無暗に自動で使われるものでもない。

lastline.hatenablog.com

ただし、書籍を紹介する際に表紙を掲載するのは、必ずしも著作権者にとって不利益になるものではありません。そのため、多くは黙認されているのだろうと推測できます。たとえば、 図書館と著作権 | 著作権Q&A | 公益社団法人著作権情報センター CRIC のA. 11では出版ニュース社代表の清田義昭氏による本の紹介であれば表紙の写真を利用しても良いのではないかという主旨の発言が紹介されています。

ちょうど同じことをlastlineさんが書いてたんですが、本の表紙は著作権法違反になる可能性があります。
ただそれを取り締まってネットの一般ブログなどから本の画像が消えても出版社に得はない恐怖政治。

Amazonの画像を使ったりもしますが……これに関してもグレーですね。
(だから公式には転載用のツールを出していない)


gigazine.net

こちらにあるように以前「ミッフィー」の作者が「ハローキティ」のともだち「キャシー」を著作権侵害で訴えた事件があった。
長い耳が似てる!擬人化が似てる!服を着てる!!
しかしこの裁判はどうなったか。

そんな中、2011年3月11日に東日本大震災が発生。メルシスとサンリオは「訴訟を行うことにより費やす両社の諸費用をむしろ日本の復旧・復興のために寄付すべきである」という結論を出し、和解に合意しました。両社はお互いのキャラクターを相互に尊重する立場を堅持、係争中のすべての訴訟を取り下げ、共同で15万ユーロ(約1750万円)を義援金として寄付するそうです。

なお、サンリオは2009年11月以降、キャシーを用いた新しい製品の企画を行っていません。
ミッフィー作者がサンリオを提訴していた係争で両者が和解合意、きっかけは東日本大震災 - GIGAZINE

サンリオやミッフィー側も係争が続けば社会的なイメージも悪くなる。
だから手打ちをして、募金をし社会的イメージを守ることを選んだ。
著作権ガーの泥沼でやりあってもいいことはない。


少なくともブログやツイッターなどやるようなひとは、著作権侵害を起こさないように少し勉強しておく方がいい。
何かあってから後悔しても遅い(炎上程度ならかわいいもので)。
なんでもかんでもパクリだなんだじゃない。
バランスの見極めが大事。

タイトルやアイデアの類似など著作権対象外の話で、ついうっかり「パクリだと!許すな!!」と乗っかってしまうかもしれない(どこかで聞いた話だ
 
 

備考:著作権関連のオススメ3冊

著作権関連の本も何冊か読んでる。

個人的には、福井健策氏の本が読みやすくてお勧め。
特にこの「18歳の著作権入門」は18歳でなくてもわかりやすいので初読に良い。

18歳の著作権入門 (ちくまプリマー新書)
筑摩書房 (2015-01-30)
売り上げランキング: 12,627


TPPやネット周りに関しての話だとこちらも。
クリエイティブコモンズや、ミッキーマウスによってのびるアメリカの著作権期限話なんかも面白い。


こちらの本も有名なんだけど、個人的には上2冊でガッツリ読んだあとだったので薄く感じた。
読みやすいのは読みやすいし、実用性はあるのでさっくり読みたいひとはこれを。