読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ネット世論」というお手軽な主語と悪意の行方

Twitter WEB 社会

f:id:paradisecircus69:20150903104748j:plain

悪循環画像ジェネレータにて作成

d.hatena.ne.jp

シロクマ先生の言質が、最近なんかズレてる。
あれ?前からだっけか。





【スポンサーリンク】





ネット世論という概念

http://www.flickr.com/photos/8344872@N05/5341211724
photo by Profound Whatever

そしてインターネットメディアの立ち位置もアングラ寄りからパブリック寄りへと変化し、マスメディアと地続きなメディアへと変容していった。“ネット世論”は、もはや「2ちゃんねらーの便所の落書き」ではない。“ネット世論”は、どんどん“リアルの世論”に近付いている。

最近この「ネット民」「ネット世論」ということを言われていて、しかしどうなのかなと思うことが多い、。
この場合、まず“世論という概念”について疑問視しなきゃあならない。

世論というのはなにか、と言えばそれは

f:id:paradisecircus69:20150903092120j:plain
以前は、こういう感じ。
マスコミが社会に住む一般ピープルから意見を吸い上げ、世論という形でまとめあげる。
当然、永世中立ではないマスコミを介するのでバイアスがかかることも多い。
「みんなこう言ってる」世論は、マスコミが補強のツールとして利用しやすい。
民主主義における力の象徴的な虚構の概念。
だから「世論って言うけどなんか違うよなー」と感じることもよくあるが、当たり前の話。
マスコミが造った“世論”と言う概念と個人の温度感は一致しない。

そして今回どうなったかと言うと、
f:id:paradisecircus69:20150903092828j:plain
ネットの意見をマスコミが抽出し、ネット世論という物に仕立て上げる。
そして“ネット世論”は、社会に還元され社会の世論もマスコミの言う“世論”に寄る。
どうしてこうなるのかといえば単純にマスコミが調べる際にツイートなどネットで言語化された意見を拾う方が取材するより早くて楽、に尽きる。わざわざアンケートを取らなくてもみんな書きこんでいる。

ネットユーザーの数は、非ネットユーザーの数を凌駕しつつある。
ネット世論と世論はかつてニアイコールだったが、その差が縮まった。


今回の場合、マスコミが自ら動かずともネットの飯ウマなちゃんねらーが動き、保守速らの2ch系まとめとバイラルnetgeekが取り上げPV目当てに騒いだあげく、それをマスコミが「ネット世論」として還元した。
その結果「ネット民・ネット世論」という虚構が新しく造られた。
 
 

マスコミの鈍重さ

http://www.flickr.com/photos/62693815@N03/6276688407
photo by NS Newsflash

そうした“リアルの与論”に近い性質を帯びるようになった“ネット世論”が、警察や裁判所や第三者機関を介するでもなく、リツイートやシェアやまとめサイトを経由して増幅し、テレビや週刊誌を先回りするかたちで問題を暴き、批判し、蹂躙していく――その風景が、私にはとても恐ろしく感じられた。

テレビや週刊誌を先回りしている、ではなくテレビや週刊誌がこれまでやっていた検証などより圧倒的に掲示板のヒマ人らのサーチ能力は高く、マスコミはそれより高い精度の検証を行えなかった。
結果としてマスコミは「ネット世論」「ネット民」という体で書き込みを取り上げた。
そしてそれが社会に還元され、民衆の意見に左右されやすいという自家中毒的な性質を持つ社会の意見が=世論としてフィードバックされたのは言うまでもない。

ネットの暗い情念は確かに勢いがあるが、それがネット世論としてクラスチェンジするには、まずまとめやバイラルなどによるパッケージ化が必要になる。
わざわざ誰もまとめていない板を見にいかない。
まとめとしてパッケージ化することで、脊髄反射でしか思考できないひとびとが拡散しやすくなる。
拡散され、そのとき初めてマスコミが取り上げネット世論へとクラスチェンジすることになる。

・書きこみ・ツイート

↓↑(何度も繰り返されパワーを蓄積する)

・まとめやバイラルが記事化(煽り、恣意的バイアス多)

↓↑(何度も繰り返されパワーを蓄積する)

・SNSなどで拡散(面白ければいい)

・ネット系マスコミが取り上げさらに拡大(話題なら何でもいい)

・テレビ、新聞など非ネットユーザーにリーチ出来る一般マスコミが取り上げる(ネットの話題の方が正確っぽいのでセミカスタム)

・社会に拡散され話題がフィードバック→世論に還元される(みんなそう言ってるからそうなんだろう)

すべて偏ったバイアスがかかった情報ばかり。
ネット系マスコミや一般マスコミにとっては保守速やnetgeekの俗悪さは関係ない。
拡散され広まった時点で、情報にはバイラルやまとめのバイアスがかかっているのに。

本来、一般マスコミはバイラルなどの煽り・拡散目当てバイアスで偏向した情報を取り上げるべきではない。
なのに今回後手に回った結果、それを行った。
拡散される時点で既に、グレーではなくクロというバイアスを織り込み済み。
ろくな切り分けもなく、すべてがゴチャゴチャになったままパクリ=悪という程度の見識、倫理感しかない情報がソース。
そして「ネット民」「ネット世論」というよくわからない悪役の概念を仕立て上げることで自らの検証の浅さや責任をうやむやにした。

ネットの世論が悪い。
ネットが叩いたのだ。
だからネットのせいだ。
マスコミは単に紹介しただけ。
 
 

まとめ

今日のインターネットに戦慄するよりも、一般マスコミの能力の低さが露呈した。
マスコミの話題は、すべて後手後手。

巨大マスコミであろうと、ちゃんねらーらの数に任せた検索能力とヒマ時間とツイッター民の脊髄反射と拡散力には叶わない。
だからネットのあとを追いつつネタを流用した。
ネットユーザーという主語を集団的悪意にするという手管を使いつつ。
「ネット民」「暗い情念」と言われる始末。

バイアスをかけた書き込みを抽出するまとめやバイラルこそが悪意の根源。
そしてそれを考えなしで拡散する無辜のSNSユーザー。
マスコミはネットで広まる話題を取り上げただけ。
「ネットは悪意だらけだ」
f:id:paradisecircus69:20140904150925j:plain

この流れに辟易とする。


ネット民という安易な主語を受け入れるべきではない。
そういう案件じゃないだろうか。

こちらからは以上です。
現場から中継でお伝えしました、スタジオへお返しします。

ネット世論が日本を滅ぼす (ベスト新書)
ベストセラーズ (2015-03-20)
売り上げランキング: 33,673