読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「10冊の本で自分を表現する」やってみた

まとめ 読書

yamayoshi.hatenablog.com

1年近く前にも「本棚晒し祭り」が一部界隈で盛り上がっておりましたが、やはり「秋」という季節は本を読むだけでなく、共有したくなる季節なのかしら。――それならば、乗るしかないでしょう、このビッグウェーブに。

 ということで、実際に選書してみた結果が、上の画像のようになりました。タイムラインに流れている皆様の“10冊”と比べると、非常にエンタメ色が強くはありますが。普段、ブログで取り上げている本とは微妙に方向性が違うものもあるので、簡単に紹介してみます。

ウチの場合、大半売り払い本棚もないんだけれど(だがミニマリストではない)。
アカデミック、インテリゲンチャな固いものは読まないので、俗なものしか並びませんが。
これぞエンタメ寄り。


 



【スポンサーリンク】



 

1.服は何故音楽を必要とするのか?―――「ウォーキング・ミュージック」という存在しないジャンルに召還された音楽たちについての考察/菊地成孔

服は何故音楽を必要とするのか? ---「ウォーキング・ミュージック」という存在しないジャンルに召還された音楽たちについての考察 (河出文庫)
ファッション&音楽。
博覧強記な菊地成孔は、欠かせない。視覚、聴覚を別けて考える面白み。
ファッションニュース誌で連載していたコレクションを見ての雑感コラムをまとめたもの。

 

2.匣の中の失楽/竹本健治

匣の中の失楽 (講談社ノベルス)
この作品ほど「自分が何に拠って読んでいるか?」を自覚させられることもあまりない。
虚構の物語と虚構の物語が絡み合い、虚構が虚構を否定し、虚構が実在の座を争う。
以降、和製メタミスにどっぷりとハマる。
 
 

3.黒魔術の手帖/澁澤龍彦

黒魔術の手帖 (文春文庫)
小学生の頃、澁澤龍彦ばかり読んでいた。
なぜか「黒魔術の手帖」は紙のカバーが破れるまで読んでた記憶がある。
 
 

4.招かれざる客たちのビュッフェ/クリスチアナ・ブランド

招かれざる客たちのビュッフェ (創元推理文庫)
非常によくできた短編集。
オススメ海外ミステリを聞かれたら、いつもこれを勧める。
中学時代は、洋ミスばかり読んでた。

 

5.プロレススーパースター列伝1/原田久仁信・梶原一騎・高森敦子

プロレススーパースター列伝1
小学校にこれが全巻揃ってなければプロレスを観ることはなかった。
プロレスによりメタな視座を覚えた。
スタンハンセンは、古タイヤに腕を打ちつけウエスタンラリアットを必殺技にしたって信じてたピュアな頃。

6.凡人として生きるということ/押井守

凡人として生きるということ (幻冬舎新書)
みんな惜しい監督が嫌いでも惜しい監督の語ることは、面白い。
 
 

7.思考の整理学/外山滋久古

思考の整理学 (ちくま文庫)
azanaerunawano5to4.hatenablog.com
この本がきっかけで外山滋久古の著作を何作か読んだ。
思考を言語化してみせる妙はブログを書いている今、是非とも見習いたい。 
 
 

8.魔王伝 魔界都市ブルース/菊地秀行

魔王伝(1)双鬼編 魔界都市ブルース (祥伝社文庫)
中学時代、菊地秀行にハマる。
特に魔王伝は好きで何度も読み返した。
最後の最後まで引っ張って、叙述トリックばりの唐突なオチに「え?」と驚いたのは言うまでもない。
一度でいいから見てみたい、秋せつらvsドフラミンゴ。

9.好き好き大好き超愛してる/舞城王太郎

好き好き大好き超愛してる。 (講談社文庫)
なんだかんだ舞城でこれが一番好きかも知れない。
ミステリとか文学とかSFとかすっとばして物語的な物語を描く。
舞城流のセカチュー。 
 
 

10.ジャズと自由は手をとって(地獄に)行く/大谷能生

ジャズと自由は手をとって(地獄に)行く
“今”の自分はジャズとかヒップホップ、音楽評や映画評に興味あり。
「今の自分を表現する」となると菊地&大谷の著作が入る。

蛇足.厚岸のおかず/向井秀徳

厚岸のおかず
10冊で終わってれば良かったんだけど、蛇足。
向井が書いた唯一の短編小説集。

向井秀徳という天才は、自分を構成してきた要素として結構大きい気がするので足してみる。
おかげで、いつまでもロックというよくわからない概念に閾域下を支配されてる。

過去の自分から現在の自分まで。
インテリジェンスの欠片もないのは、いかにもって感じ。

表現するのは、なかなか難しいもんです。