読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユニクロは、なぜデザイナーとコラボするのか? &気になるコラボアイテム

ファッション

sugatareiji.hatenablog.com
こちらの記事についていた

ユニクロはイメージチェンジしたいのかな・・?意図はなんなんでしょうね。
http://b.hatena.ne.jp/entry/267643796/comment/amateur-challenger

id:amateur-challenger のコメント。
ファッションに普段興味のない人からすればこのくらいの認識なのかもしれない。
そこでファストファッションとデザイナーのお話を少々。




【スポンサーリンク】




【目次】

DESIGNERS INVITATION

まずユニクロとデザイナーのコラボ。
当然ながらこれが最初ではない。

有名なのは、ジルサンダーの元デザイナー ジル・サンダー(当時ラフ・シモンズがジルサンダーのデザイナー)とコラボした+J
ウチでも山ほど買いましたが、このコラボはヒットした。
ミニマルなジルサンダーとユニクロは相性が良かった。

さらにアンダーカバーの高橋盾とのコラボ「UU」
こちらは子供向けのみ継続した。www.fashionsnap.com

この外部からデザイナーを招聘したカプセルコレクションを「デザイナーズ・インビテーション」と称して、ユニクロは2006年から続けてる。www.fashionsnap.com

ユニクロは、デザインへの注力を他にも行ってる。
TシャツラインであるUTに関してはNIGOが現在デザインを監修。
生地に古着感があったり、デザインもかなり使いやすいものが増えたり、工夫を凝らし差別化を計ろうとしてる。www.fashion-press.net
R2D2のスターウォーズTは、品薄になった時期もあった。

COLLABORATE

外部デザイナーの起用は、ユニクロに限らず各ファストファッションブランドがやってる。
 
中でもH&Mのコラボは毎回豪勢。www.fashionsnap.com
カールラガーフェルドに川久保玲(ギャルソン)にマルジェラ、アレキサンダーワンともコラボ。
リカルドティッシ(現ジバンシィ)って噂もあったのにアレどこ行ったんだろ。
ちなみにマルジェラは、デザイナー本人ではなく当時デザインチーム*1。もし本人がいたら受けてなかったろう。
カプセルコレクションは、デザイナーが名前を貸しするイメージでいる方がいい。
 
 

ファストファッションとデザイン

ファストファッションは、基本的にデザインチームなどがデザインを行う。
デザイナーズブランドはデザイナーがそのデザインに関して責任を負うのに対しあくまでも組織、チームとしてデザインを出す。
コレクションを見たり、どっかのブランドの商品を見てそれっぽいものを作り出す。

ZARAなんかは、市場調査を行い、ストリートで流行っているものを取り入れる。
だからZARAの店頭を見れば今流行っているものがわかるとも言える。

デザイナーとブランド

デザイナーズブランドはデザイナーがデザインの責任を負ってる。
いいか悪いかデザイナー次第。
デザイナーのジル・サンダーがブランドのジルサンダー*2を追われたり、高田賢三がブランドのケンゾー*3を追われたりもする。

デザイナーが変わればブランドは大きく変わる。
比較対象として微妙ですがマルジェラ当時のコレクションとジョン・ガリアーノに変わってからの2015AW

マルジェラってのは服の持つ意味性を剥ぎ取ったりするメタな構築が面白いと思ってたんですが、ガリアーノになって服が服になった。
それは大きく違う。
特にアーティザナルコレクションなので抽象度が高い服が多い(懐)。

デザイナーがファストファッションでデザインする理由

ファストファッションは、デザイナーを抱えているわけではない。
なのでデザインは劣る(日常着としては問題ないが)。
しかし抑えているマーケットは大きい。

そこでデザイナーとコラボする。
デザイナーからすれば大きなブランドと組むことで自分の名前やブランドのデザインも知られる。
組むことで自分のところではできない新しいこともやれる。
ファストファッション側からすれば、安物ばかりじゃないアピールもできる。
普段ファストファッションを買わない客も呼べる。


利害が一致しコラボのカプセルコレクションを定期的に行う。
ブランドからすればお祭り、イベントみたいなもの。
ユニクロだけがイメージチェンジしたいというわけではないですね。

大成功を収めた「+J」に続く海外デザイナーとして起用したクリストフ・ルメールは「エルメス」のディレクターとしても活躍したパリでは絶大な人気を誇るデザイナーだが、日本での認知は十分とはいえない。そのためクリストフ・ルメールにとっても今回のコラボレーションは、デザイナーと自身のブランド「LEMAIRE」を知ってもらえる大きなメリットがある。
【インタビュー】「振られたのはフィービーだけ」キーマンが語るユニクロコラボ成功の法則とは | Fashionsnap.com

フィービーとコラボしてたら面白かったろうが(産休じゃなくても受けたか?)。

ファストファッションがデザイナーとコラボする理由
・デザイナーの名前がファストファッションの宣伝により広まる
・ファストファッションからデザイン面で力を入れた限定アイテムを出せる
・普段アプローチしない客層に届く

 
 

ルメールxユニクロ 気になるアイテム

今度のユニクロのコラボ相手はクリストフ・ルメール(元ラコステ、元エルメス)
ルメールのデザイン自体、シックなのでユニクロのシンプルな感じと合致してるので相性がいい。
もちろん生地感は、ユニクロでしょうが。

以下、個人的に気になるものを幾つか。

※以下、ユニクロ 特集 | UNIQLO AND LEMAIRE(ユニクロ アンド ルメール)より引用

まずシャツ類。
たとえば+Jのシャツは両脇にダーツが入ることで腰に向けてテーパードをかけてる。
そうすることで細身の綺麗なラインが出るわけですが、ルメールの場合、ボックスシルエットなんすね。
画像を見ればわかりますが裾部分も真っすぐなのでパンツにインしない想定。
脇から腰まで真っすぐ落ちるボックスシルエットでゆったり目に着るデザイン。
ピタピタ好きには、今ひとつかもしれない。
f:id:paradisecircus69:20151001094125j:plain

ゆるくリラックスして、シンプルなのがルメールっぽい。
ボタンダウンのシャツに関しても比翼仕立てで前ボタンを見せないデザインとか気になる。
個人的に比翼のシャツが合わないのでこっち推し。

パンツ類を見てもイージーパンツかノータックが多く、こちらもゆったり着ることを意識してるのがわかる。
裾に向けてテーパードがかかっていて細身。
f:id:paradisecircus69:20151001095212j:plain

デザイナーズインビテーションの重量衣料はあまりいい思い出がないので、シャツ関連を買い足そうかなという感じ。
シャツは、普段用に使い勝手がいい。
あとはニット類、カーディガン辺りを数点買えば充分ではないかと。


以上、他人の記事についたコメントに勝手に答える企画でした。

Martin Margiela: Street Special 1 & 2
Martin Margiela
Street Editorial Office
売り上げランキング: 344,905

*1:マルジェラ自身はデザイナー退任、現在はジョン・ガリアーノがデザイナー。コラボ当時はデザイナー空白期

*2:2012年にラフシモンズが抜け、空白期が続き、次はロドルフォ・パリアルンガ

*3:現在はウンベルト・リオンとキャロル・リムがデザインを担当