読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネット社会を予見した?!今だから面白い近未来のネット世界がテーマのエンタメ5作品

http://www.flickr.com/photos/85208880@N00/2568510756
photo by Foto Pamp

現代はネット社会と言われますが、そんなネットをテーマにしたエンターテイメント作品も多い。
そこで今回は、そんなネットをモチーフにした作品を5つピックアップ。

みなさまご存じのベタな作品ばかりですが、ご容赦を。
 



【スポンサーリンク】



 
 

ジョブスとゲイツ/シリコンバレーの青き炎


バトル・オブ・シリコンバレー(字幕版) (プレビュー) - YouTube

1999年米国。
若きスティーブ・ジョブズを主人公にビル・ゲイツとの確執を描いた当時珍しい映画。

今やカリスマになったジョブズですが、昔はジョブズ関連情報なんてこの映画かMacFanくらいのもの。
マカーしか知らない。
なので自分の中のゲイツ、ジョブズ像は最初これだった。
中身は、かなりマユツバに脚色されてる。

ジョブズ役は、ドラマ「ER 緊急救命室」でお馴染みノア・ワイリー。
にしても邦題はいつの間に「バトル・オブ・シリコンバレー」になったんだろ。

オンラインの微笑/鳥井加南子

オンラインの微笑(ほほえみ) (新潮文庫)

えっ、あたしのパソコンに電子メールの脅迫状!数美は主婦一年生。予想外に忙しい夫の帰宅を待つ暇つぶしにと、押入れでホコリをかぶっていたパソコンをひっぱりだし、苦闘半年、いまではパソコン通信に夢中。が、夫の出張中、ある日とつぜん舞いこんだ正体不明の脅迫状をきっかけに、思わぬ事件に巻きこまれてゆく。ユーモラスなタッチで描く、素人パソコン探偵のドタバタ推理。

ARPANETが終了した1990年。
パソコン通信を題材にしたミステリという時代を先取りしまくりの作品。
表紙の奥さんが5インチフロッピー持ってる辺りも時代を感じる。

もちろん当時ダイヤルアップですがテレホーダイすらなかった。
90年はまだオンラインになって無かったんでイメージで読んでた記憶(スタンドアロンのDOS-Vは持ってた)。
 
 

パソコントラベル探偵団

初めてIPv4が使われ始めた1984年。
テレビ東京系列(関西はテレビ大阪)で放送していたアニメ パソコントラベル探偵団。
パソコン探偵と言いつつ旧約聖書の世界へトリップするというキリスト教プロパガンダ的な内容のアニメで(スポンサーは、いのちのことば社)、第二話がいきなり「大炎上!悪の町 ソドム」っだったりする。
中身は、薄らしか覚えてないのに「メチャンコピポッピパッポとっきめいた~♪」という主題歌はインプリンティングされてる。
 
 

ミームいろいろ夢の旅

1983年。
電電公社(現NTT)一社提供の科学教養番組。

こちらは歴史的な偉人が登場して子供番組っぽい。
ダミ声の妖精ミームが、ちょっとドラえもんっぽい。
「宇宙船サジタリウス」のスタッフが製作したことでも有名。
こちらも主題歌が脳に。
「ポケットに入れた~アメ玉三つ~♪」
 
 

パソコンワールド/ビッグ錠

完全版 パソコンワールド

※元祖グルメマンガとして伝説的な存在となっている『包丁人味平』の作者 ビッグ錠が描いた異色のコンピューターバトル漫画が電子書籍化。

中毒性のあるネットワークゲーム、PC遠隔操作によるなりすまし、サイバー犯罪、PCに潜む幽霊など、現代を予見するかのようなハイテクSF作品全6篇を合計327ページの大ボリュームで収録しています。

1986年。
「包丁人味平」のビッグ錠が書いたパソコンをテーマにした読み切り短編を集めた「パソコンワールド」

映画「スターファイター」を思わせる「パソコンファイター森田くん脱出!!」など6編を収録。

なにせ書かれたのが1986年。
f:id:paradisecircus69:20151016095634j:plain

※パソコンファイター森田くん脱出!!

マシン語っぽいモノがコマに。

パソコン雑誌にプログラムが書いてあって、手打ちで入力するなんてシーンも出てきたり。
マイコンBASICとか、ログイン(LOGiN)も分厚かったなぁ……などと思いだしつつ。
実に懐かしい。


当時WI-FIなんてあるわけもなくパソコンをオンラインにするにはどうしていたのかと言うと、
f:id:paradisecircus69:20151016095647j:plain

※スクランブルRUN

モジュラージャック以前の音響カプラが登場。
黒電話同士、電話回線をつないでやりとりしてたんですよねー。
(なぜ電話機と電話機を繋ぐ回線もグルグルしてるんだろう……)


主人公「一杯ゲーム持ってるねー」と言われ、友だち相手に語る。
f:id:paradisecircus69:20151016095620j:plain

※ネットワーク泥棒

音響カプラ最強説。
それ、おま(ry

懐かしく、ツッコミどころも多い。
知らないひとにとっては「何これ?」なモノも沢山出てくるので今読むと違った面白さがある。


以上、

 
夢の船パソコンが繋いだ未来が、まさかこんなにドロドロしたモノになるとは思わなかったし、手斧が振るわれ、魔法少女は勘違いの果てに増長し、眠りを邪魔されクマが暴れ、繊細チンピラだの、netgeekだの、ブログ飯だの跋扈するようになるとは。
現実はおそろしいですねー。

バトル・オブ・シリコンバレー [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2011-12-21)
売り上げランキング: 8,534

完全版 パソコンワールド
マイナビ出版 (2015-07-29)