読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PVや収入をさらす意味をもう少し考えた方がいい

ブログ

p-shirokuma.hatenadiary.com
クマたんへの言及が多いような気がしますが気のせいです([言及しましたね]タグで)

さてこの辺の話は以前から行っていて、乗っかるつもりはなかったんだけれど、少し。
ちょっと思い出したことがありまして。




【スポンサーリンク】



 
 

受発注金額

カシオ レジスター 4部門 小型ドロア 110ER

以前に「○○PVガ―」なんてのは読んでる人間からすればどーでもいいんだからわざわざ書くなよアホか、みたいなことを書いたりしてた。
PVが―、アフィリエイトで今月は―。
で、そういうことを書いてたら
「そういう数字をフィードバックにしてるんだから、もっとPV公開をしてほしい」
というコメントがあった。

あーいったPVさらし行為は、業界の慣習、
さらすことがモチベーションだとか、ネタになるとか言われてる。

しかし客商売ではノルマだの目標値だのっていうのはバックヤードでやってる。
表には出さないし社内会議や打ち合わせで話すこと。
マージンで食ってるのに受注金額と発注金額を公明正大に出すバカな会社はない。

しかしブログはそれをやって見せる。
店の表に堂々と「今月の集客」「今月の売上」をさらして見せる。
そして同じ業界人が店の前のそれを見て

「この店儲かってるなー」
「PVの秘訣ってなんだよー!」
「セミナーに行ったんだけどー」
「ブログで食べていこう!」

とキャッキャウフフやってる。
実際、商売のやり口としてはヘタだが仕方がない。
なにせブログを書いてるのはズブの素人。
「PV公開するのだ」が教科書的ブログ運営参照アーカイヴになってる。
量産型アフィリエイターを生み出すHOW TO BLOGの聖典になってる本には、その方法論を正しいと書いてあり、ブログ教室やブログセミナーでもそれを正しいと説き、何の思考も持たない素人がそれを参考にする。
先行するブログ飯の大家がそれを正しいと言ってるから正しい(らしい)。
 
クソだが。
 
 
商売ってのは、金とモノを切り離して成立してる。
客が知るべきは単に売価のみであって原価や利益率を知る必要はない。
仕入れ値と売値を併記してるスーパーで買い物したいと思うのか。
 
 

関連付ける生き物

ファスト&スロー (上): あなたの意思はどのように決まるか?

~ということで本当に素晴らしい本でした。
心の底から感動しちゃいました。
とってもオススメの一冊です!

さて、ここのアフィリエイトから買っていただければこの商品ひとつにつきボクに○○円の収入が入りますので是非お買い上げください。
↓↓↓

なんて書いてあって果たしてその本を買う気になるのかね。
最後のアフィリエイトの一文があるだけで前段の、
「感動しました」
「素晴らしい」

の信用がなくなる。
ステマと思われてもしかたない。

「○○PV」
「アフィリエイトの売り上げが」
これを書いてるだけでそのブログは何かがあっても
「あぁ、釣りでしょう?」
「はいはい炎上商法ね」
「あー、バズ互助会御苦労さまです」

と揶揄される。
本人が違うと思ってようが、行為が前提で必然的に誤解されるんだがその自覚がない。
 
 
人間は、二つの物事があれば絡めて考えるように出来てる。
「ファスト・アンド・スロー」の行動経済学で言うなら
 
 
バナナ 泥
 
 
2つの言葉が並んでいるだけで頭の中に泥のついたバナナが思い浮かぶ。
オートマチックに機能する人間の思考(システム1)は二つの物事を関連付ける。
これが印象や先入観を生み出す。

PV アフィリエイト収入 ブログ

こんなワードが並んでいれば読み手は
「このブログは金儲けが主眼だな(ブログのためのブログ)」
と感じるのは自然。
ここに

PV アフィリエイト収入 感動する映画 ブログ

こうだったらどうだろう?
本人が感動する映画の記事を書いても、PVやアフィリエイト収入を関連付けしないで読者が読むと思ってる?
同じブログに並んでるって言うのに?

じゃあ、たとえばブログに以下の記事が並んでたとする。


最新記事:オレ的最強に面白い厳選マンガベスト100!
オススメ記事:遂に40万PV達成!イケダハヤトさんに追い付くぞ!
人気記事:アフィリエイトの秘訣はキーワードにあり!こっそり教えます!!



この並びを見て読み手は、どう感じるだろう?

「どれもPV目当てで作ったペラペラの記事でしょ?」
「読んでないマンガを貼ってるだけだろ?」

読み手は、簡単に判断する。
本当かどうか証明して欲しいわけじゃない。
ワードを見て、すぐ決めるシステム1の思考が決めつける。
記事がPVやアフィと並ぶから思われても仕方がない。
 
読み手には、本当かどうかなんて知ったこっちゃない。
金目当てを隠さないならそれは金のためなんでしょう?
 

お金儲けは悪じゃない

と、ここまで否定的に書きましたが。

別にブログでお小遣い稼いでもいいですよ。
だってリソースをつっこんでるんだから(それで生きていくのはまた別だが)。
お金儲けは悪じゃない。
ウチもお小遣いはいただいてますよ(ブログ飯は、とても無理ですが)。

働けばそれに見合った報酬をもらえばいい。
PVを稼ぐ、バズる、ブログ相当の対価が入るのはそれでいい。
嫌儲の感情論で批判されるいわれはない。
 
でもお金儲けとそれを不用意にさらすのは別の行為ってことが連想できてない人が多すぎる。
ブログ飯なんて言う濡れ手に粟を狙うやり口が普及したせいでそんなことに疑問すら持てない。

書かれたモノに相当する対価として支払われるなら誰も文句なんて言わない。 
面白いブログにPVがあり儲かってたって誰も悪いなんて思わない。
中身スカスカなのにPVばかり求め、金ばかり欲しがるからあさましく見える。
 
 
PVが多いなんて権威でも何でもない。
集客数は、面白さや素晴らしさの指標じゃないんだから。
PVの過多で素晴らしさが決まるのなら、そこここのブログよりまとめサイトやバイラルメディアの方が素晴らしい。
いまだに数百万PVを掲げてるラジオなんたらは、それがウソだとばれても一度踏み出したら引くに引けないから未だにそれを掲げてるし、それに騙される人は未だにいる。

面白い記事って意外と読まれてなかったりする。
逆にどーしようもないブログが月間数百万PVだとか。
どっかの面白い記事を勝手にまんま無断転載して稼い(ry
  

必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア
コグレマサト するぷ
インプレスジャパン
売り上げランキング: 8,774