読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなブログには書籍化向きの人があんまりいないラジバンダリ

ブログ

ada-bana.hatenablog.com

たとえばホッテントリにあがる記事の多くは、近々のニュースや社会現象にコメントしたものや、本や映画の名作をまとめたもの、ハウツーものなどが多い。これらのエントリー、たしかにブログで読んでいる分にはおもしろいし、なるほどアクセスやスターをたくさん集めるのはとてもよく理解できるのだが、じゃあその人気ブロガーの人の記事をまとめて商業出版として刊行したいと思えるものにはなかなか出会えない。私も本や映画のレビュー記事が多いのであまり偉そうなことはいえないのだが、要するに「他人の褌で相撲を取っている」人が多く、ブロガーその人の魅力がないのである。

典型的な「タイトルで煽りすぎて燃えた」というこれまで何十回見てきたパターン。

何せ読み進めていくと

もちろん、これらの指摘はあくまで「著者候補を探す」という視点で評した場合の話だ。そのため、アフィリエイトの収入を目的としていたり、あくまでブロガーとして有名になりたいと考えていたり、単に自分の趣味として書いている人には余計なお世話であることは重々承知している。

とあくまでもブログ書籍化ということが前提だと書いている。
ここでやめときゃあいいのに。

さらにこの記事は続いてしまう。

だが、もしもブログの書籍化を望んでいるのであれば、いわゆるネットに氾濫しているテクニックなどを駆使してとにかくアクセスを集めればそれでいいというわけではなかろうか。書籍を作るにあたって私が一番大事だと思っているのは、「その人だからこそ言える(説得力がある)かどうか」である

個人的な感覚にはなってしまうが、おもしろい人がよく見つかるのはなんだかんだアメーバブログである。アメーバブロガーたちはなんだかキャラが濃い。それに比べると、はてなブロガーはなんだか薄味で、インパクトに欠けるのだ。

あらら。
よりにもよってアメブロである。
しかもせっかくのフォローを自分でぶち壊してる。




【スポンサーリンク】




【目次】

煽りすぎラジバンダリ

ここまでくると「をいをい、何言ってんの?」と思われても、まぁ仕方ない。

せっかく「書籍前提なんだよー、だからはてなブログはブログっぽいって点では大丈夫じゃない?」と書いたのに後段になって「でもアメブロの方が面白いけどねー」と書いたらそりゃあこうなるわなぁ、と。
書籍化向きの人と書けばいいものをタイトルに「面白くない」なんて書くもんだから。

この方が、心の底から思っている内心の
「ブログなんて素人の落書きの中から原石を探し出して、あたしらが出版することでプロの仕事にしてるのよ」
という上から意識が文章に滲み出てるのが根本的な原因の気がしてならない。
内心が抑えきれなかった、という感じか。
 
 

アメブロの世界

http://www.flickr.com/photos/35237093990@N01/624034458
photo by Bryan Peters

さて、この方の言うアメブロ初のブログ本というものを見てみると

桃のすべて (HOW TO FIND HAPPINESS IN DAILY LIFE)

学研プラス
売り上げランキング: 80

これがアメブロの看板かもしれない。
いやー、すごいわ。
こんなキラキラは、はてなにないわ。

出版社的には、こういう売れ筋が見えるコンテンツが欲しいのに、はてなを見わたせば、おさーんブクマラーと、自己啓発系ライフハッカー残党と金金PVPV更新更新互助互助の量産型勘違いアフィリエイターばかりラジバンダリ。

ちなみにアメブロの書籍化ランキングを見ると、ranking.ameba.jp
引き寄せ、セラピスト、引き寄せ、ライフスタイル……
自己啓発ばっ(ry

f:id:paradisecircus69:20141029131919j:plain
 
 

ブログ本とは何か?

伊藤計劃記録 Ⅰ (ハヤカワ文庫JA)

素人が売りにできるのは日記、日常生活。

本一冊書けなくても記事一つなら。
だから素人でもブログは書ける。
ここでいう「ブログの面白さ」とはそういう一般人の日常の面白さをブログに落とし込んでるかどうか、というあたり。
するとアメブロの方が……という言質も理解できる。

そんなブログ書籍化を前提と考えれば、ネットであーだこーだだの仲間内でコチョコチョやってるやってるはてなブログより個人の日記的な、社会的生活を落とし込んでるアメブロの方が書き手の生き様や個性が出るからブログ本として売りやすい。
ママの子育て奮闘記だの、キラキラ女子のメイク術だの。
 
 

アメブロvsはてな

http://www.flickr.com/photos/66633717@N02/19325794946
photo by 1upLego

ところがですよ。
アメブロってこれだけ作家やブログ本を前に出してるにも関わらず、作家としてデビューして成功した話をあまり聞かない。
ブログ本を出すということは、単にブログ発の書籍でしかない。
専業作家へのクラスチェンジではないのがよくわかる。

ブログ本はブログの上位互換じゃないんだけど、この方なんかは本気でそう思っていそうなあたりなかなか恐ろしい。


はてな界隈は、ハックル先生だとか罪山氏とか故・伊藤計劃氏とかちきりんだとか、一部作家と呼んでいいのか微妙な人がいるとはいえフィクションやノンフィクション作家の成功例は結構ある。
この辺が面白く、残念ながら女性編集者の意見と実際がかなり違う。
(作家気質の人が、はてな界隈にいただけだろうが)
 
編集者が青田刈りしたいような「ブログ本的なブログ」という意味ではアメブロに分がある。
だけれど、編集者に青田刈りされるまでもなく実力を持って出てくる人ってのが、なぜかはてなにいる。
はてな発のブログ本っぽいブログ本といえば、

あ、あぁ……アメブロがあれで、はてながこれ。
職場近くのオフィス街本屋では一冊も売れてなかったなぁ。
 

果たして、はてなブログは面白いのか?

はてな村奇譚上


しかし最近のはてなブログを見渡してみれば、中身が面白いかどうかなんてさておきともかくPVを狙うためだけに1日に何度も更新する薄利多売形式やヒャッハー系だとかミニマリストが○○を捨てたとかセミナーに行ったとか。
まぁ、薄いとか面白くないと言われてもそりゃあ仕方ない。
実際その辺のブログは読んでも薄い。
あれは仲良し同士が読んで面白いだけの世界線に存在してる。
 
PVを狙うということと、万人が読み物として面白いことを書くのは違う。
書籍化云々なんてどーでもいいとして、でも面白い記事が書かれてるかどうかというとどーなんだろうね。
それは、ウチも含めだけれど。

とはいえブログが面白くないってのは当たり前。
だって素人なんだから。
素人が見よう見まねで文章術だのなんだのPVがあーだこーだやってる。
文章術を学んでブログを始めるんじゃなく始めてから文章術を勉強するんなら、今書いてる未熟な文章をどーすんだよ、と。
 
しかし、そんな有象無象の中に凡百でない一握りのレアな才能がいたりする。
本来、そういうのを見つけるのが編集者なんだろうけど……大丈夫かいな。
 
以上、「他人の褌で相撲を取っている」ブロガーその人の魅力に欠ける記事でございました。
あと、”あだばな”さんと”あざなわ”は、空目しやすいのでめんどくさい。
ロスト・ケア (光文社文庫)