読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

華麗なファッションブランドとその裏のドタバタ 映画「ディオールと私」

ディオールと私 (通常版) [DVD]

世界的ファッションブランド「ディオール」に携わる人々の舞台裏に迫るドキュメンタリー。2012年、新しくデザイナーに就任したラフ・シモンズ。職人たちと共に、パリ・コレクションに向けて全身全霊でドレスを作り上げていく姿に密着する。

ファッション系のドキュメンタリーって好きなんですよ。
特に感動はしないけれど、面白い。
 



【スポンサーリンク】




RAF VS HEDI

AFPによると、パリ市内マレ地区でJohn Gallianoは、カフェテラスに座っていたカップルにいきなり近寄り、反ユダヤ的な暴言を浴びせたという。John Gallianoは警官に連行され、警察署の取り調べで飲酒していた事が判明。AFPは、パリ警察の調べに対してガリアーノが「なんでカップルにそんなことをしたのかは分からない」とコメントしたと伝えているが、他社メディアでは「ファッションウィークのストレス」と漏らしたとも報じられている。
ジョン・ガリアーノがパリで一時拘束 | 2011年02月25日 | Fashionsnap.com

2011年。
当時ディオールのデザイナーだったジョン・ガリアーノは人種差別発言で警察に拘束。
ディオールから外された*1
デザイナーの座は空座になり、次のデザイナーが誰になるのかいろいろな憶測が流れた。
そして白羽の矢が立ったのが当時、ジルサンダーのデザイナーをしていたラフ・シモンズ。
 
ラフシモンズは元々建築家だったが、マルタン・マルジェラのショーに影響されデザイナーへ転向。
なぜいま、ラフ・シモンズか?|メンズファッション、時計、高級車、男のための最新情報|GQ JAPAN
自身のブランド ラフ・シモンズでパンキッシュなコレクションを発表していた。
 
ラフのディオール就任当時は、丁度エディ・スリマンが古巣のイヴ・サンローランに返り咲きする時期と重なり、ファッション系メディアは”エディvsラフ”となぜか対決ムードを盛り上げたりしてた。
今となっては……うーん。
どちらも上手くいってる印象だけれど。
RAF SIMONS VS. HEDI SLIMANE: A CLOSER LOOK

DESIGNER&BRAND

ファッションブランドは、デザイナー個人が自分の名前で立ち上げ、やがてそのブランドネームが育ち巷間に定着するとデザイナー自体が外れてもブランドは残りデザイナーだけが交代することになる。
たとえばケンゾーというブランドを立ち上げたのは高田賢三だけれど、ブランドはLVMHに買収されて、現在ケンゾーのデザイナーはウンベルト・レオンとキャロル・リムが担当してる。

ディオールは、1946年クリスチャン・ディオールが創業した老舗ブランド。
(ちなみにクリスチャン・ディオールの次にデザイナーを担当したのはイヴ・サンローラン)
映画は、ラフ・シモンズがそんなディオールのデザイナーになって初のオートクチュールに挑戦する姿が描かれる。

HAUTE COUTURE

オートクチュールというのは、カスタムメイドな一点物のこと。
上流階級の顧客相手にスペシャルな一点もののドレスを造り、売ってる。
ラフシモンズはプレタポルテ(高級既製服)の経験はあってもオートクチュールの経験はない。


映画『ディオールと私』予告編

ディオールには、専用工房があってそこで職人が手作業でドレスを作り上げる。
デザイナーが交代しても工房の職人は変わらないから、職人歴数十年という熟練のお針子さんがスキルを発揮してる。
そこへやってくる新任デザイナー。

もう嫌な予感しかしない(笑
 
ラフのデザインを実現するのは、工房の職人の腕。
しかし準備期間が短く、過密なスケジュールに職人は疲労困憊。

なのに顧客からはクレームが入り、主任は出張に出なきゃならないわ、ドレスを運んでたらエレベーターが故障で止まるわ、思った通りの生地を作ろうにも生地職人がいないわ、ラフはキレるわ。
どたばたどたばた。
果たしてオートクチュールは成功するのか?(いや、するんだけどさ)

I

原題の「Dior And I」のI(私)は、ラフのことでもあり、LVMHのベルナール・アルノーのことでもあり、劇中に語りの入るクリスチャン・ディオールそのひとのことでもあり、お針子さんのことでもあり、顧客のことでもある。
ディオールというブランドを中心に、多くの才能がディオールというブランドを支えて、注目している。
そんなディオールを囲む無数の「私」

ファッションに興味があってもなくても、業界の裏側は観て面白いと思う。 
 
ちなみにこのときのランウェイは、こちら。
Christian Dior 2012-13秋冬オートクチュールコレクション | Fashionsnap.com
 

Christian Dior - Paris Fashion Week - A/W 2012-2013 - Haute Couture

ANDMORE

マーク・ジェイコブスがルイヴィトンのコレクションに向けて奮闘する”マーク・ジェイコブス&ルイ・ヴィトン ~モード界の革命児~”というドキュメンタリーも面白いので是非(現在はデザイナー退任してますが)。

マーク・ジェイコブス&ルイ・ヴィトン ~モード界の革命児~ [DVD]
コロムビアミュージックエンタテインメント (2008-02-20)
売り上げランキング: 37,629

*1:現在は、メゾン・マルタン・マルジェラのデザイナーに就任している