読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

“読書したい”という欲求

読書 はてな 創作

anond.hatelabo.jp

よくブログで自慢気に「毎月100冊本読んでます」とか言う奴いるけどさ
俺がそこの何に感心するかって"本を100冊読む努力"より"読みたい本を100冊も探せた事"なんだよね。
前は「少しの知識欲さえあれば読みたい本なんていくらでもできるだろ」と思ってたけどさ。
最近暇ができていざ読書習慣をつけようと本屋行ったら何も読みたい本がないのな。
なんか"胡散臭い政治本" "超絶難しそうな技術書" "胡散臭い自己啓発書"しか眼に入ってこない。
小説という手もあるが個人的に物語は小説より映像派なのであんまり…
ベストセラーコーナーもなんか「ブログにでも書いてろよ…」ってレベルの新書が並んでる。

この増田のそこはかとないブログへの上から目線もなかなか香ばしいんですが、さて、いろいろ引っ掛かる*1
引用しつつ考えてみる「読みたい本がない」と読書欲について。



【スポンサーリンク】




 
【目次】

※「はてなの中の失楽」は竹本健治「匣の中の失楽」のネタバレになる可能性があります。ご注意ください

読書と渇望

まずここ

最近暇ができていざ読書習慣をつけようと

ここから違う。

欲求、動機が先にあって、行為はその後ろについてくる。
「読みたい」という渇望(興味、欲求)がまず先にある。

この増田*2の場合は、暇という時間の空隙に対して読書を当てはめようとしている。

だけど、読書の欲求があるひとは隙間さえあれば読む。
数分でも時間さえあれば読む。眠くても読む。
読みたい本があればKindle片手に歯を磨きながら読み、ブラウザの読み込み時間に読み、山手線の混雑でも読み、テレビのバラエティ垂れ流ししながら読み、飯を食べつつ読む(行儀が悪い)。

忙しい→読めない
暇→読んでみるか

 
これには「読書に対しての渇望」が感じられない。
ヒマ→だから→読書しよう、という程度の考え。

特段、渇望や興味がないのに行為が生じてる。
では「読書に対しての渇望」とはなにか?

たとえば美味い飯を食ったとする。

『美味い!超絶美味い!』
そう感じて、次に腹が減ったら『アレまた食いたいなー』と連想し『アレがあんなに美味いなら他にも美味い店があるかも』と他の店を探索したりする。
するとガイド本やグルメブログに目を通し、暇があれば美味そうなところを探しに……。

これが「渇望と行動(行為)」
渇望には、まず経験や興味が必要になる。

だからミステリ読みなんかの読書好きは「うわーやられた!こんなトリックがあったなんて!!」という経験をどこかでしているからこそ「他にどんなトリックがあるんだろう?」と言う興味、好奇心による渇望を原動力にして読み進める。
どんなに壁投本にぶつかろうが、未読本を積みあげようが。

一歩さえ踏みださずに「オレに面白さを感じさせるにはどうすればいいんだ?」と聞いてる時点でなんか違う。
「渇望」ってのは受動じゃなく能動なんすよ。
読みたい本の探し方なんて、増田が見下してるブログに山ほどオススメ本が書いてある。
それを参考にしないなら誰に聞いても同じこと。

ちなみに松岡正剛氏「千夜千冊」のオススメが好きですね。
実に質が高く、まさに書評。
千夜千冊TOP
 
  

映像派

戦闘妖精・雪風(改)

小説という手もあるが個人的に物語は小説より映像派

この映像派ってのもよくわからない。
たとえば神林長平「戦闘妖精・雪風」はアニメ化もされたが、情報量が圧倒的に薄い。活字媒体は、時間的制限がないから多くの情報量を入れこめる。
映像化できない(仮にするとしても冗長になる可能性が高い)からこそ活字で読む必要がある。

映像は、具象表現だから小説よりもダイナミックな映像を作ることはできる。
だが心理や哲学といった抽象的なモノを表現するのに映像は向いてない。
だから「戦闘妖精・雪風」の戦闘機によるドッグファイトシーンはアニメで描けても、ジャムという敵の姿や神林氏がテーマとする「機械と人間の境界」や存在などの哲学的な側面を描くのは難しい。

活字の物語と映像の物語は、元が同じでも全くの別物。

はてなの中の失楽

新装版 匣の中の失楽 (講談社文庫)

昨日、新装版で出たばかりだが竹本健治「匣の中の失楽」はミステリの名著(新装版の表紙素晴らしい)。
だが、これも映像化は難しい。
突然だけれど、少し「匣の中の失楽」の構造がどういう風なのか、はてな界隈に置き換えてなんとなく雰囲気だけでも伝わるように書いてみることにする*3
(以下の駄文より圧倒的に面白い「匣の中の失楽」は是非一読を)
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

1

「へぇ……これ書いたの?」
「えぇ、そうなんですよ。まだ第一章だけなんですけど」

”村長”は、わたしが書いた原稿に目を通す。

「おぉ、実名小説?あざなわさん得意だね」
「えぇ、はてな界隈のひとらを実名で出して事件が起きるのが面白いかなーと」

スーツに身を包んだ”村長”の姿は、ネット上の犬アイコンとはずいぶん印象が異なる。
隙のない着こなしは、やり手ビジネスマンにも見える。
安物のスカジャンに身を包んだわたしと”村長”がスタバでテーブルを囲み原稿を読む様子は、新人作家の持ち込みに見えるかもしれない。

はてな界隈というのは、ネット上のはてなというサービスを使っている人たちを指す。
お互いにアカウント(固定ハンドル)ネームで認識をする関係性。
kanoseさんは、通称”村長”
わたしはアカウント名が長いのでブログの名前を略した「あざなわ」で呼ばれることが多い。

「……おぉ、でhagexさんが殺されるんだ」

一章の最後、著名なブロガーhagex氏が密室で殺される。
それを切っ掛けに次々と殺人が起きる。

「探偵役は誰にするの?」
「悩んでるんですけどねー。サイトーさんに神の声が聞こえて事件解決する神官探偵とか、名医シロクマ探偵、青二才が魔法で解決する魔法探偵少女。もしくは多重解決もの」
「多重?と言うと?」

「芥川龍之介「藪の中」みたいに多重に解決が提示される形式ですね」
探偵役が複数登場し、それぞれに推理を披露することで幾つもの解決が提示される。
ミステリにおいてそんな多重解決作品は結構多い。
有名どころだとバークリー「毒入りチョコレート事件」ノックス「陸橋殺人事件」アシモフ「黒後家蜘蛛の会」あたりだろうか。
他にも……

「ちょっと待ってね、電話が」
”村長”は、上着の内側から震えるスマフォを取り出し耳に当てた。自転車のストラップが揺れている。
「はい、もしもし。kanoseですけど……え?!orangestarさんが脳天を手斧で割られて死んだ?」

2

はてな村奇譚上

「……で、オレが死ぬんだ?」

orangestarさんは、ニヤニヤしながら原稿を返してきた。
初めて書いたミステリ、まだ第一章しかない実名小説。
第一の被害者は、目の前にいるマンガ家のorangestarさん。
はてなユーザーが実名(アカウント名)で多く登場するマンガ「はてな村奇譚」の作者であるorangestarさんが、わたしの実名小説で被害者になるというメタを狙ってみた。

「どーですかね?」
「いやー、オレもはてな村奇譚で結構殺してるから文句はないよ。でもkanoseさんに電話がいくほど仲よくはないな。あとあのひと普段、スーツ着るんだっけ?」
「まぁ、そこはフィクションなんで」

オフ会の会場になった個室居酒屋の一室。
まだ自分とorangestarさんしかいない。

「次は誰が死ぬの?」
「とりあえずサイトーさん辺りが被害者に仕立てやすそうかなーと。ミニマリストとかブクマ互助会連続殺人なんて書けないですし。あのひとたちってシャレが通じないから炎上しそうでしょう?」
「あぁ……なんとなく」

そこへ”村長”ことkanoseさんがやってきた。
ニット帽を目深にかぶり、楽なユニクロのブルゾン。
メッセンジャーバッグを肩にかけている。
最近ハマってる自転車で来たのかもしれない。だったら飲めないな……。

「「「おつかれーっす」」」

なぜかオフ会のあいさつって大概「お疲れ」なんだろうと思わなくもないが、皆社会人なのでお疲れというくらいがいい距離感なのかもしれない。

「いやー、まいったまいった大変だよ」

カバンのストラップを外し、席に座るなりニット帽を脱ぎおしぼりで額を拭く。

「どうしたんです?道混んでました??」
「いや、そうじゃなくて、聞いた?hagexさんが死んだってさ。どうやら殺人らしい」
「え?」
f:id:paradisecircus69:20141121121043j:plain

3

orangestarさんの葬儀から数日。

わたしは渋谷のサイトーさんの家に来ていた。
相変わらず雑然とした部屋。
山手線で来たわたしと一足先に自転車で来た”村長”は椅子に座り、その様子を見ている。
いつものサイバーサングラスをかけたサイトーさんはカメラのセッティングをしている。
今から「はてな村殺人事件推理会」ネット中継することになっていた。
告知の書かれたブログ記事には「他人の死をネタにするなんて許されない」などのコメントも多くつき、軽い炎上を起こしてもいた。

それでも今回放送を強行する理由はやはり、orangestarさんを殺害した凶器が手斧だったからにつきる。
はてなにおいて手斧は特別な意味を持っている。
犯人はそれを知っている、つまりネットで繋がりのある相手。

そしてorangestarさんのブログ。
数ヶ月前から暗号の書いた記事が載っていた。
もしかするとあの記事に今回の事件に関わる何かがあるのではないだろうか。

ブログの記事や手斧を実際の殺人に絡めて警察は考えないだろう。
そこで今回の推理会が開催、中継されることになった。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

……といった具合(匣の中~は、もっとちゃんとしてます)。
ちょっと長いですが、ざっくりこういう虚実が入り乱れるメタ構造だと思っていただければ。

「匣の中の失楽」は複雑で衒学的。
映像化もされる見込みもないし、仮に映像化されてもそれは原作とは別物になるだろう。
だからこそ「活字で読む意味」がある。
こう言う本に出会うから「活字を読もう」という気になる。

最後に

「読まなくてもいい本」の読書案内 ――知の最前線を5日間で探検する

読みたい欲求がないなら読まなければいい。
何か気になる作品があれば手に取ればいい。
単にそれだけのことでしかない。

自分で探して面白い本に出会い、気づけば「読書の渇望」が生まれるかもしれない。
出会わなければ読書に飽きてやめるだけ。

仮に本なんて読まなくたって死ぬわけじゃない。
読書なんざそんなに大した行為じゃない。
映像派ならXVIDEOSでも観てりゃいいだろうよ。
 
ウチは「掟上今日子の退職願」と「ナチスの財宝」「マネーの進化史」「ミステリーアリーナ」をさっさと読んで「新装版 匣の中の失楽」を再読したいんだけど、時間がなくて困ってんのよ。
人生は晴耕雨読で生きられないように出来てるねぇ……。

読みたい本は多すぎて、人生は短くて、だから困る。
読書になんて底なし沼にハマらなくていい。

掟上今日子の退職願 忘却探偵
講談社 (2015-12-17)
売り上げランキング: 22
新装版 匣の中の失楽 (講談社文庫)
竹本 健治
講談社 (2015-12-15)
売り上げランキング: 2,817

*1:釣り針とも言う

*2:はてなアノニマスダイアリーの匿名の書き手。アノニ増田イアリー→増田

*3:なんとなく書きたくなっただけですが