読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ジョブズの伝記はクズ野郎を正当化する』Netflixドキュメンタリー「プリント・ザ・レジェンド」が面白かった

Netflixで観られる3Dプリンターを巡るスタートアップに密着したドキュメンタリー「プリント・ザ・レジェンド」
これがなかなか面白かったので感想を少し。
もしNetflixに加入中なら一度観るのをオススメ。
特に意識の高いひとに。



【スポンサーリンク】



メイカーズムーブメントと意識の高いひと

wired.jp

3Dプリントの世界がドキュメンタリー映画になったとは信じがたい。この業界では古参にあたる、ブリー・ペティス氏が開設したMakerBot社でも、登場してわずか5年なのだ。
冒頭でティーザー動画を紹介した『Print the Legend』は、過去数年間の3Dプリント世界における「マッキントッシュ的瞬間」(Macintosh moment)を追っている。

SXSWで上映され審査員特別賞を受賞したと言う今作。
個人向けの卓上3Dプリンターという発明。
そしてスタートアップの先陣を切ったメーカーボット社のブリー氏は一躍時の人になる。
いわゆるメイカーズムーブメントが始まる。

MAKERS―21世紀の産業革命が始まる
クリス・アンダーソン
NHK出版
売り上げランキング: 2,898

しかし既存大手が市場参入、新興ライバル会社もキックスターターなどを利用し資金を集め次々登場。
ブルーオーシャンを徐々に赤く染めていく。

そんな中「3Dプリンターによる銃の製造」を始める人物の登場。Defense Distributedのコーディ・ウィルソン。
ここから3Dプリンターによる銃の作成という「自由」と倫理の問題が浮上する。
www.nikkei.com
個人で何を作るのも自由な3Dプリンターとそれを使い殺傷能力のあるツールを造る倫理的問題。

過当競争は激しくなり、大手が新興企業を権利侵害で訴えることもある。
これにはスラップ訴訟的な側面が強い。

ジョブズの免罪符

一方、メーカーボット社は成功。
月に数千台の3Dプリンターを販売し、規模を拡大していく。
ブリー氏は、メーカーズムーブメントのカリスマに祭り上げられ、徐々にエンジニアから経営者へと変貌。社内で対立が始まる。
握った権力で思うがまま、かつての仲間の首を切っていくブリー氏とそれに対する恨み節が響く。
ブリーはオープンソースの信条を撤回しクローズドソースに路線変更を企む。
そしてライバルだった大手企業に高値で会社を売却し富を得る。

自分勝手に権力を振りかざすブリー氏を指し

「ブリーも御多分に洩れずスティーブジョブズの伝記を読んだんです。あれはテクノロジー業界で働く人間にとって迷惑な本でしょう。ジョブズと同じ大勢のクズ野郎にお墨付きをお与えてしまったんです」

などと言われてしまう始末。
なるほど、あの本にはそんな効果がw

成長と未熟


24 Hour Party People - Blue Monday

急激に大きくなる新興会社では、経営陣の経験と拡大とでミスマッチが発生。
規模拡大のスピードに経営陣の経験や人格の成熟が追い付かず差が生まれ、経営的失敗や社内の不満、軋轢を生む。
理想で飯は食えないし、現実に尻尾を振れば石を投げられる。


「24アワー・パーティピープル」という映画がある。
英国マンチェスタームーブメントを題材にした映画。

ラジオパーソナリティのトニー・ウィルソンは、レコードレーベルを立ち上げレコードを売りだし、巨大なクラブ”ハシエンダ”を経営したが、膨らみ続けるムーブメントと拡大する規模の大きさに経営が追い付かず儲かるどころか赤字での自転車操業。
レコードの製作費はミュージシャンのドラッグに消え、ハシエンダも閉鎖に追い込まれ、レーベルも売り払うことになる。

大手企業がやってきてアーティストとの契約書を見せてくれというシーンがある。
ファクトリーとミュージシャンの間にマトモな契約書はなく、ラリった状態で“ファクトリーは何も所有せず、アーティストが全てを所有する。アーティストはクリエイティヴに自由で、やめるのも自由”と書かれ、血でサインされた血判状しかない。
そりゃあ潰れるわ(納得)。

「24アワー・パーティピープル」を観てると芸術家や理想主義者はインディーズでやる分にはいいが、会社経営に向いてないし、だからこそ失敗するのがよくわかる(実話なんだから)。


メイカーズだってハシエンダと変わらない。
理想と意識が高くドラッグには走らないが、理想で飯は食えないし、現実に直面すれば若く未熟な面が露呈する。
WIRED辺りのガジェット系メディアが持ち上げ過ぎなのも一役をかう。

3Dプリンター発、メイカーズ狂騒曲。
かなりオススメ。

スティーブ・ジョブズ I
講談社 (2012-09-28)
売り上げランキング: 6,107