読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11年半ぶりの幸福 岡村靖幸「幸福」

音楽

さよなら小沢健二

樋口毅宏のサブカルエッセイ本「さよなら小沢健二」を読んでいたら岡村靖幸に触れている章があって、そこに「誰しも自分だけの岡村ちゃんというものを持っている」云々と書いてあった。

確か、初めて聞いたのは、ありがちなCITYHUNTERのエンディング「SUPERGIRL」だと思う。



【スポンサーリンク】




eZaGoGoの放送を見ていて。
「パラシュート★ガール」口パクライブで岡村靖幸の姿を認識。
長身、長い手足を振り回しジャケットプレイを決める。
そんな姿にさらにハマることになる(CHARAにもハマる)。

「パラシュート★ガール」以降、岡村ちゃんは佳作になる。

時折流れてくる噂で激太りしたとか「曲は書けるんだが歌詞を書いても時代の流れが早すぎて追いつけない」みたいなことがクイックジャパンに小さく書いてあって、こりゃあ新作は期待できないとがっかりしたり、「ハレンチ」「ミラクルジャンプ」PVで薄っすらみせる姿はすっかり別人だったり。
やがて沈黙期に入りそして麻薬での逮捕に。

幸福

幸福

前置きはさておき。

11年半ぶりのアルバムには、相も変らぬ岡村靖幸がそこにいた。
岡村靖幸というひとは、変わらなくていい。
歳を取り、肉体が中年になっても、ナルシストでありながら自身に欠けてこじらせ、永遠に厨二病の真っただ中で、エロい割には愛や恋に悩む純真さを忘れない。
だからこその魅力があるんだろう。

アルバムジャケットは、会田誠。
タイトル「幸福」と家庭、家族が連想されるゆず湯に入る親子の姿。

しかし岡村靖幸のこじらせた歌詞世界はそのまま。
何が幸福なのか考え、肉欲に愛情に恋に。
幸福を求める姿がそこにある。

打ち込みっぽい音も今っぽく、ファンクネスはキレキレ。
先行していた「ビバナミダ」「愛はおしゃれじゃない」「ぶーしゃかLOOP」も収録。
岡村靖幸の現在進行形であり最新系。
とはいえ大きく変わったわけではなく、11年半の時間を超えて世界が地続きなのもよくわかる。
岡村靖幸というひとは、変わったが変わっていない。


ファンからすれば、岡村ちゃんが健康にライブで歌い踊い、アルバムを出してくれるのが一番の幸福。
耳福な一枚でした。

岡村ちゃんが結婚したらどんな音になるんだろうか。
そんなことを想像しながら聞いていた。

幸福
幸福
posted with amazlet at 16.02.01
岡村靖幸
SPACE SHOWER MUSIC (2016-01-27)
売り上げランキング: 20