あざなえる~の1月のPVとブログ収益は……

http://www.flickr.com/photos/68532869@N08/15838939830
photo by Japanexperterna.se

どうも!あざなえるです!

毎月頭、恒例行事のように新着記事として書かれる「○○万PVガー」「○○万儲けた」ブログとそれを読み「スゲー!」「さすがです」といったコメントが並ぶ光景を見ていると、しみじみこいつらは何か違うゲームをしているんだろうなーという気になる。

同じ世界を見ているようで全く違うものを見ているんだから、相容れるわけがない。



【スポンサーリンク】



マネタイズゲーム

ブログというツールは真っ白なノートのようなもので、どのようにだって使える。
日々写真を載せたり、あるいは日々の心情を淡々と書く人もいる。
芸能ニュースを貼り付け、アニメの感想を書き、スライドを載せ。

ひたすらPVとその金額を追うマネタイズゲームは確かに楽しい。
なにせネットに転がっているやり方を真似すればある程度のPVは確保できる。
何を書くのかという記事の中身の価値ではなく、いかに検索エンジンから人を流入させるか、いかに広告や商品をクリックさせるかの手管に価値がある。
PVが確保できれば収入も増える。

そこからは人脈ゲーム。
人脈を広げシェアされればそこから収益が得られる。
だから人脈を広げ、同好の士と手を組みお互いの収益増加を図る。

すると薄っぺらい○○万円以下のパソコンだの、漫画100だの、自己啓発書を○百冊読んだボクがおすすめする自己啓発書10だとか、クソのようにどーでもいい記事がずらずらと並ぶことになる。
そういうものは読んで面白くもないし、大して実用性もないがマネタイズには強い。

盛り上がっている界隈はお互いに儲けとPVを披露し、俺スゲーを連呼して、お互いに褒めあう。

そういう光景を見ていてもあまり楽しく感じない。
それは求めている価値が違うからだろう。
ブログは自由だ!と叫ぶのと同じ口でPVと儲けを叫ぶのだからマネタイズに縛られていることには無自覚。
表面的なポジティブさに、どこかしら息苦しさを感じる。

火花

火花

先日、元理化学研の小保方さんが手記を発表した。

しかしその売れ行きを見て○○万部売れたからといっても感心したりしない。
どちらかといえば眉をひそめてしまう。
又吉直樹の「火花」が○○万部売れ、収入が増えたというニュースには拍手できても、小保方さんの手記や元少年Aの手記が売れたニュースに拍手はできない。

儲ける手段に対し、多くの人はある程度の倫理というものを求めている。
その根本は
「価値あるモノが評価され対価を受ける」
ということになのだろう。
ありえない価値を見せかける詐欺のような手管はだから評価されない。

市場で1万円の価値のものが、1万円の対価で取引されることを正当だと感じる。
しかし市場で1万円の価値のものが、100万円で取引されればそこに違和感を感じる。
※市場では「時間」「希少性」など付加価値をつけることで価値を増加させている

ネットにおいてのPVや儲けというのは根本にSEOがある。
検索エンジンに評価をさせる手段を知ることで上位に表示させるチートプレイ。
PV=価値ではないし、価値がなくてもPVがあれば、クリック率が高ければ儲けを可能にする。
これがネットの儲けの基準になり、チート上等になった。

「ネットは儲けたもの勝ち」
この考え方がチートプレイを大きくし、さらにブログで儲ける「ブログ飯」と繋がり、現在の
「ともかくPVが多く、沢山儲けたブログがすごい」界隈になっている。

ネットで儲けを叫ぶ多くの輩はチートプレイの勝利者であり、それに追随するのだからチートがチートではなく常套手段になるのは当然。

DO NOT EVIL

誤解しないでいただきたいのは、ブログが儲けることを否定しているのではなくて、ブログ自体の面白さや価値よりも単なる数字をひたすら追い続けるプレイスタイルに辟易とするだけ。
あとひたすら記事を量産するだけのブログは、もはや自家中毒の修行僧。
何をしたいのかすらよくわからないし、あれを1年やるならまともに働く方がよほど楽に儲かる。

読んで面白いブログが評価され、対価を得るのはいいことだと思う。
そういうことがあればブログも盛り上がり、面白い記事も書かれる。

Googleは「Do Not Evil」を掲げていたが、残念ながら、そんなGoogleの検索エンジンが専横するネット世界はどうやら「EVILマンセー」、「マネタイズこそ我が正義」になっているらしい。
アングラで(少なくとも素人レベルでは)儲けとは無縁だったネット世界は随分とクリーンになった。

しかし恥じらいもなく情報商材を売り、ブログのためのブログばかりが書かれ、マネタイズの効率性を自慢げに大手を振るう未熟な精神性が評価されてしまうネットは、表面的にはきれいになっても人間のドロドロした汚らしい部分が露呈していて今日も地獄です。
まぁ、価値なきものに価値を付与するんだから、資本主義的には正しいんだろう。

面白かったらシェアお願いしま(ry
※この記事は早朝30分で書きました
※そしてこの記事もマネタイズとは無縁なわけで

グーグル ネット覇者の真実
CCCメディアハウス (2012-08-31)
売り上げランキング: 5,041