読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハリウッドザコシショウが面白くなくても当然だし、確かに子供には見せたくない

kopelani.hatenablog.jp

ハリウッドザコシショウ。うむ。なにが面白いのかが全く分からない。信じてほしい。本当に分からないのだ。元々R-1グランプリってキワモノの人しか出ないという印象なので見た事ないんだけど、めざましテレビでのネタを見た時にしばらく凝視してしまった。これは一体何なのだ。

ふーむ。
そりゃあ朝からめざましにハリウッドザコシショウが出たのを観て「おもしろくないなぁ」と思ったなんてのは当たり前の反応だろうなぁ。
こってりしたとんこつラーメンは腹が減った深夜に食うのが一番美味いし、朝からとんこつラーメンなんてくどくて食えないのと同じ。

つか、早朝のワイドショーに登場して爆笑かっさらうなんて大概のお笑いには無理だと思うんだけれども。
ましてやザコシショウ。



【スポンサーリンク】


 

愚直

ザコシショウは芸歴が長く、二丁目ワチャチャテレビ時代とか、ケンコバと仲良とか静岡茶っぱの話は、ここ数日いろいろなブログで語られている。
ザコシの思い出が優勝を契機に語られるのを観ていろいろな人の中にザコシに関する思いや記憶があって「売れなくても続けてれば日の目を見れるのよなぁ」と松本大洋「花男」読後感のような感慨があった。

花男(1) (ビッグコミックス)
小学館 (2014-04-02)
売り上げランキング: 19,661

ザコシなんてここ数年なら、あらびき団とかレッドカーペットに時折登場し古畑のモノマネでハンマカンマやってるイメージしかない。
やってることが変わらない。
「相変わらず売れる気ねーなー」と。
そもそも似てないモノマネってモノマネは似てるからモノマネなので既に破綻してる。
似せるのが前提のモノマネを似せようともしない。これを単純に「似てない」ととるか「似せようともしないから面白い」ととるか。
だから裏の笑いなんですよね。

natalie.mu

3年くらい前は3分の中でモノマネ3個くらい入れてたら受からなかった。ほかのお笑いコンテストを見たら、ボケをいっぱい入れ込んでる。お笑いコンテストって時間の中でどれだけ笑いが取れるかってことだと思うんですね。モノマネが得意なんで、いっぱいモノマネを入れた構成にしたんです。時事ネタも入れたほうがいいと思って。いっぱいコアなものを入れると(客が)離れていくんで、わかるようなものをチョイスしました。
 
(中略)
 
コンテストはウケるものから入れていくんで、今日のやつは100%ウケるヤツを入れました。「モノマネ2兆個」は言い過ぎですけど、1兆個はあります(笑)。その中から1本目は8本、2本目は6本。100%ウケるモノマネでした。

それが今回のR-1に関してはネタの詰め込み方に言及。
ライブで実践し反応の良かったものばかりを厳選してR-1用に組み立てた、なんてインタビューを読んで
「あの、ハンマカンマで押し切るしかなかったザコシが本気で勝ちに来てたの!?」
と驚いた。
確かにお得意のハンマカンマを決勝まで温存し、最後の最後に持ってくるあたりはザコシを知ってる観客の「よ!待ってました!」って声が聞こえてきそうなくらい圧勝の雰囲気があったし、あの時点でザコシの優勝は間違いなかったけれどアレも計算とは...*1
これまで同期がどんどん売れ、あるいは売れず引退するのを横目に、ひたすら芸風を変えず、深夜番組やYoutubeを中心に、地道に日銭を稼いでいたザコシがついに賞レースで優勝したってのは素直に喜ばしいし、バッファロー吾郎がKOCで優勝した時くらいの感慨がある。苦節23年。

めちゃくちゃうれしい。今年の「R-1」は3回戦が肝だと思ってたんですよ。通るか通らないか。通ったから決勝行けるのかなと思ってたんですけど。優勝できるとはこれっぽっちも思ってなかったので、めちゃくちゃ、スーパー超バカクソうれしいです! こんなうれしいことないですね。同期もケンコバとか中川家とか陣内(智則)とか、すべて売れちゃってるので、早く自慢してやりたいです。

勝ちたいと思い賞レースに挑んで勝った。
優勝おめでとう。
R-1優勝してもその後は今ひとつブレイクしないジンクスを破ってほしいけど...いやー、三浦マイルドどこ行ったよ?*2

子供には見せたくない

話を戻して、めざましテレビに出てたザコシが面白いかどうかって言えば面白くないんじゃないっすかw
ZIPでハンマカンマやってたけどスベッてたしそれが正しい。
朝からウケるようなことをやったらこれまでの芸がなかったことになる。ケンコバみたいに器用じゃないんだから。

ただ「関西人だから」ってのはよくわからない。
シュールさで東京っぽいけど、ザコシだって関西芸人。
リットン調査団とか野性爆弾、バッファロー吾郎とかハリウッドザコシショウとか。
関西芸人でも芸風がシュールだと関西芸人→コテコテってイメージからは外れるけれど。

森三中みたくシュールなネタを封印してタレントで頑張るっていう方向もあるけど。
どうするんだろう、今後に期待。

一つ言える事はさ、ウチのチビにはハリウッドザコシショウは見せたくないなぁ。これもジェネレーションギャップなのかなぁ。

あぁ、それは褒め言葉ですね。
親が子供に見せたい、安心して見せられるお笑いなんてろくなものじゃない。
笑いってのは突き詰めれば狂気だし恐怖。
理解できないものから子供を遠ざけるのは当然の反応。

にしても2016年はベッキーが不倫でテレビから消え、SMAPは解散危機に陥りデビッド・ボウイが亡くなり、ザコシショウが賞レースで優勝するとは……。

ハリウッドザコシショウ (L, ピンク)

*1:審査員に恵まれたとか言わないの〜

*2:バカリズムは一度も優勝できなかった