読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

noteは情報商材プラットフォームと化すか?

f:id:paradisecircus69:20160406122627j:plain
お金を見つめてニヤけている男性のイラスト | 無料イラスト かわいいフリー素材集 いらすとや
今、情報商材ビジネスが熱い!
ほんと全員し(ry
 



【スポンサーリンク】


 

【目次】

※もう情報商材の説明はいらないという方は”noteという情報商材天国”からどうぞ

じょうほうしょうざいってなあに?

簡単に情報商材をWikiから引く。

情報商材(じょうほうしょうざい)とは、主にインターネットなどを介して売買される情報のこと。情報の内容自体が商品となるものである。
(中略)
情報商材は、それ自体に金銭的な価値を設定し、売買されるものであるが、特に「ある目的を達成するための方法」を指すことが多い。ただし、単に画像や動画・文章といったコンテンツ(娯楽媒体や学術的な知識などの集積物)を指しては情報商材の範疇では扱われない。
情報商材 - Wikipedia

対価を受け取り販売される情報を”情報商材”と呼ぶ。
ただし”画像や動画・文章といったコンテンツ”は指さない。
なのでハウトゥなどは情報商材と言える。

ブログで「○○万PV達成させるノウハウ」と書いてもそれは情報商材じゃない。
販売していないので。

「情報商材」というものは大きな縛り。
いい情報もあるが、そんな中に混ざり込んだ
・対価に見合う価値がない情報商材
にこそ問題がある。

どうしてだめなの?

ことこれらの「商品」は内容を購入希望者が知ってしまった時点で商品としての価値が損なわれ、このため販売側では購入希望者に商品の内容を具体的かつ仔細に説明することが出来ない面もあり、いうなれば消費者は袋とじ付録の内容に等しい目隠し状態で購入すべきかの判断を迫られること、そして販売側も無名の個人から実績のある業者まで玉石混交であり中には悪徳商法まで紛れ込んでいること、更に内容を保証しうるものが余りに少ないことなどが、問題を根深いものとしている。
情報商材 - Wikipedia

※太字引用者
たとえば食品であれば、内容物やその量を記載し、賞味期限など記載しなければならない。
販売する商品に対して企業や業者には「責任」があるし、その信頼があるから商取引が成立する。

だが「情報」売買の場合、それが難しい。

「表記した題と中身が一致している」無価値な情報を売ろうとする悪質な輩がいる。

競馬で絶対に損しない方法、損したら全額返済いたします。
競馬を予想します、しかし馬券は買わずに貯金してください
これで競馬をして、損も絶対にしません
 
友達を作る方法、損したら全額返済いたします。
友達を探します、しかし学校へ行かず家に篭もってください
これでネトゲをして、損も絶対にしません
Scrapbook: 俺がヤフオクで騙されて買ってしまった情報を晒す

こうなると、もはや大喜利。

問題のある情報商材が謳う「絶対損しない」という言葉には、

優良誤認(4条1項1号)
商品・サービスの内容が、事実と相違して、
実際よりも優良であると誤認させる
他社の商品・サービスよりも優良であると誤認させる
ことを規制する。

[不当景品類及び不当表示防止法 - Wikipedia:title]

不当景品類及び不当表示防止法に違反している可能性が大いに考えられる。

noteという情報商材天国

ユーザーが自分が作ったコンテンツ(イラスト、動画、文章など)を販売できるnote。
しかしnoteでは、悪質な情報商材を販売しているのではないか?という指摘がある。

8.禁止事項

以下に該当するデジタルコンテンツの掲載は禁止します。

・ 盗作など、他者の著作権等を侵害しているもの。
・ 上記のほか、他者の財産権、著作権・商標権等の知的財産権、肖像権、名誉・プライバシー等を侵害するもの。
・ 詐欺や公序良俗に反するもの。
・ アダルト、性的、わいせつ的、暴力的な表現行為、その他過度の不快感を及ぼすおそれのあるもの、およびそれらのサイトへのリンクがあるもの。
・ 差別につながる民族・宗教・人種・性別・年齢等に関するもの。
・ 自殺、集団自殺、自傷、違法薬物使用、脱法薬物使用等を勧誘・誘発・助長するような行為
・ 情報商材
・ 法令に違反するもの。
・ その他POCが不適切と判断するもの。
ご利用規約|note

note運営側は「情報商材の販売を禁止する」とのたまっているが実際はどうだろうか。
以前リコピン辺りの中身スカスカのnoteが悪質な情報商材相当ではないか?という質問をした人がいた。

tensaychang.hateblo.jp

※返答をそのまま公開するのは問題あるかもしれないので、内容を要約します。
 
・某氏たちが販売している報告やサロンは情報商材にはあたらない
・情報商材であるかの判断は個々に対応いている
・サロン的な機能に関して現在プレミアム会員機能を開発中
 
えぇぇぇぇえxmdfffuuuucccjskじゃ;;;;ぁsd−ーー!!!!∑( ̄[] ̄;)!ホエー!!

有名なひとがやってる→悪質な情報商材ではない。
だそうだ。

f:id:paradisecircus69:20140911105541j:plain

まぁ、不利益をこうむるのは信者ばかりなのでどうでもいいが。
そんな無価値なものに私財をブチ込むほど狂ってない。

さて、情報商材プラットフォームと化したとも言われるnote。
軽く調べてみたが、野放しのように見えるのは気のせいだろうか。
たとえば、これ。

note.mu
100%確実に売上がアップする最強のAirbnbマニュアル
と謳ってる。
しかも既に8記事目でがっつり市民権も得てる。

note的には「100%確実に売り上げが上がる」は優良誤認じゃないらしい。
斬新な解釈だな、おい。

あと、こんなのも(情報商材というかワンク...)。
note.mu

それに先立って私も様々なビットコインを利用したお金儲けの方法を考えたのですが、調べても調べても同じことばかり、、
その中で見つけたNAVERまとめのなかにとんでもなく美味しい情報あったのでみなさんにお伝えしようと思います。
(中略)
サイトに無料で登録し、自分の仲間を増やしてビットコインで報酬をもらう!という方法ですね。
ありきたりですが、日本では、はやっていないので、本格的に取り組めばかなりの儲けになるのではないでしょうか?

無料で登録するんですか?!し、しゅごい!
……。
 
 
法規制がまだ及ばないグレーゾーンを生み出す市場では、プラットホームを提供する運営側のフィルターや自浄努力だけが唯一の信用。

noteは、はたして何をしたいのか。
もしかするとネット上に情報商材やさんたちのモラトリアムを築き上げたいのかもしれない。
とすればnoteは定められた法すら超越する猪木イズムの継承者を目指(ry
 
 
オチは御大の名言で〆ましょう。


せやな。
 
 
ニューカルマ (集英社文芸単行本)

ニューカルマ (集英社文芸単行本)