読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

罪を犯し捕まった囚人の血は抜いてもいいし臓器提供し減刑されるのもいいアイデアらしい

b.hatena.ne.jp
はてなブログ2016年上半期薄っぺらいブログアワード1位を驀進する多更新ブログ“アニキズム”
その中でも「囚人には強制的な単純労働じゃなく献血を課すべきだ」というかなり歪んだ記事が上がっていて、そもそも献血を「課す」って時点で色々やっぱり浅薄な思いつきだけの薄っぺらい記事だなーと思って完無視してたんですが、コメント欄見て驚くなど。

人権とか倫理観って何なんだろう。

※記事がアレなのは承知なので、記事自体ではなくコメントに対しての記事です



【スポンサーリンク】



ナイスアイデア

まぁ、こんな偏向思想の記事をブクマしてる時点でコメントに倫理観を求めても仕方ないんですがまともなコメントは、

刑務所に入れられてる人間なら基本的人権を根こそぎ奪っても構わない的思想は嫌い。
http://b.hatena.ne.jp/entry/286423144/comment/ryu_goma

これ1つくらいかな。
スター付けておきましたが。

あとはもう死屍累々、倫理や囚人の基本的人権なんざどーでもいいってコメントが並ぶ。

かなり目の付けどころが鋭い! と思ってしまった記事('ω')身体に負担のかからない程度には協力してほしいですね。
http://b.hatena.ne.jp/entry/286423144/comment/kumasi

なるほど、労働で自分の地位を築く以前に「人としての自分とは何か」を考えることは重要ですね。自分を欲してる人がいる、出所したらいつもの献血にハーゲンダッツが付いてくる、これは強いインセンティブですね。
http://b.hatena.ne.jp/entry/286423144/comment/nok298

再犯を繰り返す人の多くに知的障害がある事を考えると、、うーむ。刑務所はバランスの取れた良い食事なわけで、希望者を募って献血するとかはアリだと思う。希少血とかいるかもしれないし、いればラッキー
http://b.hatena.ne.jp/entry/286423144/comment/nenesan0102

「希望者を募って」以外の部分はもうなんだ、これは。
自分の親兄弟が刑務所に入っても同じことが言えるのかね。

献血は「課す」ものではない。
「課す」は負わせる、やらせるバイアスを持つ言葉。

刑務所にいるから悪人で、悪人なら人権無視して血を抜いていいなんて、ホントお前らの血は何色だよ?
いろいろな罪の重さとそれに対する量刑がなされていても、人間の尊厳を奪ってもいいってことじゃないですがね。
知的障害だの希少血がいればラッキーだの……もう、ため息しか。

そして、

考えたことなかったけどありだな。ジェネリック医薬品のように犯罪者の血を拒む選択も出来るのであれば。臓器移植もありかもね。死刑囚から取るのは問題だけど、死なない部位なら提供による減刑なども。
http://b.hatena.ne.jp/entry/286423144/comment/amd64x64

( ゚д゚) ・・・

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚) ・・・

(つд⊂)ゴシゴシゴシ

(;゚Д゚) ……!?

f:id:paradisecircus69:20150420172033j:plain
臓器提供で減刑?!マジっすか??

さすがにこのコメントはGWなのに二度見したよ。
減刑されたきゃ代わりに臓器提供って、おま。

献血と代償

一度罪を犯すとここまで言われるとは、そりゃあ囚人が社会復帰するのが難しいわけですよ。
刑務所に行ってしまえば、そこでは同じ人間として扱われなくてもいいらしい。

単純労働の代わりに囚人に献血させる→罰

これがおかしいとわからないとかいろいろヤバい。

もし学校で「授業の代わりに献血を課せ」と言い出せばどれだけ反対が出るか。
なら、健康状態の悪い囚人より健康的で若い学生に「課す」ほうがいいと思うがね。

自主的な献血という行為が「課す」とつけるだけで大きく風景を変える。


ちなみにアメリカで「刑務所に行きたくなければ献血しろ」と言った判事が人権侵害で訴えられる事件があったそうで。
www.afpbb.com

人権団体「南部貧困法律センター(SPLC)」が20日に同団体のウェブサイトに掲載した音声記録によれば、アラバマ州ペリー(Perry)郡のマービン・ウィギンス(Marvin Wiggins)巡回裁判所判事は9月17日、出廷していた500人以上の被告人たちに対して、「お金が全然なくて刑務所にも行きたくないなら、献血することを考えた方がいい。お金を持っていない人間に掛ける手錠なら十分にある」と話している。

 SPLCは、ウィギンス判事が倫理に反した行いをしたとしてアラバマ州司法調査委員会に申し立てを行った。

実際に献血したひともいたらしいが、減刑はされなかったとのこと。
なんやそれは。

罪とか罰とか

献血は、罪に対しての罰でもなければ、減刑に対しての代償でもない。
なぜ罪を犯して刑務所に入ったら血を抜かなきゃならんのか。

囚人が献血できるシステムを作ろうじゃなく「囚人に献血を課す」ですぜ??

こういう倫理観の欠落した発想の先にあるのが、映画「デス・レース」*1の世界。

囚人同士で殺し合いをさせてそれを楽しむ娯楽。
血を抜いてもいいし臓器を抜いてもいいなら殺し合いだっていい。
罪を犯したら人権なんざねーんだよ、死んで償え。
功利主義こそ資本主義の正義だ!という、ね。

善意に基づく倫理観のない意見

互助会云々とか言われるが、そんなものより、こういう「元の記事が歪んでいてもコメントが追従する」図式が嫌いなんですよ。

「いいですね!」
「そのとおり!」

と同じノリで倫理観なく無邪気にコメント。
マトモな感覚でよく書くわ……。
記事に対して批判的なら悪で肯定的なら正しいと言う輩もいるけど、こういう場合はどーなんすかねぇ。

功利マンセー、人権すら守らなくていいらしい。
ま、そもそも囚人の中には、ドラッグやってる可能性のある人らも大勢いて、正直に申告しないかもしれないのに献血に向いてるかどうかなんざ分かりそうなもんだが。
臓器提供で減刑?
だったら「自分はクリーンです」って言うだろうよ。
何のための裁判で何のために司法制度があって、量刑があるのかわかってんのかね。

まぁ、コメ欄がいいブロックリストとして機能するかもしれない。
少なくとも倫理観に多少の難がある。

あと元記事はマジでどーでもいい。

デス・レース (吹替版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 16,081

*1:アマゾンプライムで観れるみたい