読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛でぬりつぶせ

xkxaxkx.hatenablog.com

先日、TMGEのファンを称するまとめ記事があがった。
しかしどこにも愛が感じられない。

ファンはファンだからこそ温度に敏感だし、その記事の熱さが分かる。



【スポンサーリンク】



愛でぬりつぶせ

ファン心理は、難しい。

特にTMGEのようにある時代、カリスマとして君臨し、突然解散。
そしてメンバーが死に再結成すら叶わなくなり、伝説になってしまった。

そういうバンドだからこそ思い入れが深くなる。

あと10年もすると電気を電グルと呼ばれても、シャングリラが一番の名曲とか言われても「ははは、そうですね」で済ませられるようになるのだよ。本人たちもファンも。
http://b.hatena.ne.jp/entry/287322726/comment/khtno73

まりんも元気な電気グルーヴとは違う。
二度と全員揃うことはありえないバンドなんですよ。

BURNING MOTORS GO LAST HEAVEN [DVD]

そしてファン心理はコントロールが難しい。

愛が暴走すればファンが天狗に変わる。
ロック天狗は甘々ロック野郎に手斧を振りかざすべく天をかける。
知識の多さやファンの長さを尺度にしたりしてしまう。

おや、どこかで聞いたような...。

 
 

くそったれの世界

今回のTMGEの件で言えば天狗というより、ファンを名乗りながら雑な扱いをする行為に対しての憤りがメインになる。

自分だって雨の中、YOYOGIRIOTに並んだクチ。
YOUTUBEの検索結果を並べただけの記事でファンを名乗るやり口は嫌悪感しかない。

ここにいたんだよなぁ……(懐)


コメントに「ミシェルって書いてあっても気にならない」なんてのもあったが、読んでる人間が気にするかどうかが問題じゃない。
ファンを名乗り紹介するという人間が自称「好き」なバンドの名前を思いっきり間違えてるのがおかしい。

たとえば「いいよねー、アイドリングマスター。初期からハマってんだけどドルスタの魅力ってさ」なんて語ってる奴がいたら「え?お前本当に好きなの?」って思いませんかね?

「艦これどハマりしてさー。かわいいよねー舟娘」

「大好きなんだよなー。名シーンていうと赤い...あのほらマスクの奴がさ、地下洞窟で尖った腕でズサーッて刺すところとか当時すごいアニメだなーって思ったもの。ガンダム」
なんて語ったとして、そのひとをガノタ認定できんのかね。
シャアもズゴックもジャブローも知らないガンダムファン?


ただこういったことは、ファンでなければわかりづらいのが実際。

だったら、その作品群がいかに偉大であるかを、自分の言葉で延々と語るべきだと思う。それをしないでニワカを叩くだけなら、それもニワカだと、個人的には思う。
http://b.hatena.ne.jp/entry/287322726/comment/yukibarashi

id:yukibarashiのコメントは軸が違う。
TMGEというバンドと音楽の是非を言っているわけではない。
その素晴らしさをあえて謳い競い合う必要もない。

露骨にPV狙いの記事を書かれ、しかもその真意をそらすためファンを名乗るのが透けてる。
ファンの度合いを比べる必要もない。
そういうことじゃないんだよ。

本気で好きな人が記事を書いてくれればなにも言わない。
それはそれで面白い。

でもあの記事には愛がない。
作品の素晴らしさが100だの50だとか、ファン同士でどっちの方が好きかって話じゃあない。
愛や思い入れが0だからアレを読むと「あ?なにこれ?」と感じるんでしょうよ。

自称「好きな」ひとがあんな記事を書けんのかね。
ファンというのは、愛があるからファンなんじゃない?
 
 

涙がこぼれそう

今回の流れは、

ここ数日エンタメジャンルにラップ系のまとめ記事が揃ってホテントリ→真似しようと企む→TMGEを少し知ってる→ファンとして初心者向け記事を書く(初心者向け=雑さへの保険)→PV集め成功

こうなんですよ。
これならTMGEファンと言いながら書くものは、とても薄っぺらいのも得心がいく。
ラップで同じような記事は書けなかったんだろうよ。

何の温度も愛もなく、雑に動画貼り付けただけの記事で賞賛されるんだから、それなりに思い入れを込めてブログ書くのがアホらしくなってくる。
あーいう記事を賞賛するひとらは、本気で好きなものを好きと書くひとの気持ちを削ってんだけどそれには気づかない。
 
 

NIGHT LINE

こういう出来事を見ると昔の嫌儲の一件を思い出す。
誰かが自分の金儲けとして商材として扱う。当然そこに愛はない。
だから反発が生まれる。

今や中心を占めるはてなブロガーの多くはマネタイズのためにブログを更新してる。
一週間に50記事更新したと自慢気に書いているブログもあったが、50回という更新回数って果たして誰のためなんだろう。
誰も読まないような記事を50回更新することがそんなにすごいのかな。

こうなると何を考えているのか全く理解できない。

ブログを書いて誰かに読ませるのではなく、更新してアクセスが欲しいから更新する。
そんなブログが誰に支持されるの?
更新ってPVと金儲けの方法だったのか。


これからも金目当てに薄っぺらい記事は書かれ続けるし、そういうものが今や多数を占める。
そういう記事を読む読者はウチみたいなブログは読まない。

個人的には、ブログが金儲けでもいい。
ただ「この記事なら儲けていい」と思える記事を書いてくれれば納得もできるのに。
なんだあの記事は……。
「日本は韓国を侵略しなんじゃなく併合したのだ」とか……書くものに対して何の思い入れも責任も感じられない。


それでもウチみたいにひねくれたブログは、読んでくれる一部のひとに向けて書くしかない。
ごく一部のひとらに向けて、何かしらひとつでもモノの見方のヒントでも与えられれば。
そうでも思わないとやってられない。


ほんと笑うしかない。

つうか、さっき気づいたけれど、このコバろぐとかいう人、ちょっと前に炎上していた、歴史修正主義のネットde真実なネトウヨか。
http://b.hatena.ne.jp/entry/287322726/comment/xKxAxKx

え?
知らなかったって、あーた……。

※各章タイトルはthe birthdayの曲タイトルから


【関連過去記事】
azanaerunawano5to4.hatenablog.com


THEE LIVE [DVD]
THEE LIVE [DVD]
posted with amazlet at 16.05.13
日本コロムビア (2010-01-20)
売り上げランキング: 51,016