読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パリに恋するアメリカ人 映画「ミッドナイト・イン・パリ」

ハリウッドの脚本家ギルは、婚約者とその両親と共に憧れのパリに滞在中。 そんな彼がある夜、0時を告げる鐘の音に導かれて迷い込んだ先は、芸術花開く1920年代だった! これは夢か幻かと驚くギルの前に、次から次へと偉人を名乗る面々と、妖艶な美女アドリアナが現れて・・・

ウッディ・アレンのロマンティック・コメディ「ミッドナイト・イン・パリ」
非常によかった。



【スポンサーリンク】



恋する都

パリ~♪花の都パリ~素敵なパリ~♪
そんな歌詞を付けたくなるようなロマンティックな曲とともにパリの町並みが映しだされる。

オーウェン・ウィルソン演じるギルはハリウッドの脚本家、見た目もフランスっぽくない。
「シャンハイ・ヌーン」でカウボーイを演じたアメリカっぽい役者。
しかしそんないかにもアメリカっぽい彼だからこそパリの魅力にどっぷりとハマる。

過去作「カイロの紫のバラ」の逆を行く構造。
不幸な結婚生活から現実逃避をする主人公セシリア(ミア・ファロー)が映画館に通ううち、映画の中の登場人物ギル(今作の主人公と名前が同じ)が白黒のスクリーンを抜け出てセシリアと二人逃避行する物語。

今作では、主人公のギルが自身の憧れる過去のパリに入り込んでしまう。
タイムスリップでもなんでも無く切り替えや切れ目がなく、ただ車がやってきてギルが乗り込み、気づくと過去のパリにいる。
そこで彼は恋に落ちてしまう。


パリの町並みは過去も現在も変わらず、切り替える必要性がない(現代の日本なら場面をごっそり変えないと難しいが)。

タイムスリップ

ハリウッド嫌いなアレンは今作でも映画脚本家から小説家に転向しようとする主人公を通じてハリウッドをくさしつつ、パリに住む人々やそこにある存在を美しく描く。
美術館の案内人にはモデルのカルラ・ブルーニ(サルコジ仏大統領婦人でもある)、古物店を営む女性ガブリエルにはレア・セドゥを起用。
いかにも見た目重視なキャストで、現代のパリも魅力的なバランスをとる。

「文豪ストレイドッグス」じゃないけれど、フィッツジェラルドやダリやピカソ、ヘミングウェイ、ルイス・ブニュエルなど小説家や画家などパリに関わる有名な芸術家が次々登場。
実物に似せていたり、似ている役者を起用している辺も面白い(コリー・ストールのヘミングウェイは雰囲気で押し切った感じだが)。
次にどんな芸術家が出てくるか期待しながら見るのも楽しい。

タイムスリップ要素が非常に大きいのにタイムスリップ感をあまり感じさせない。
CGなどを使用せず科学的考察は一切ないファンタジーに昇華してる。

アレンっぽいロマンティック・コメディ。
過去を憧憬しながら、しかし生きるのは今しかないというシニカルな視点もある。
“ウッディ・アレンの「ブロードウェインと銃弾」以来の名作”と呼ばれているらしいが、それも納得できる出来。

ミッドナイト・イン・パリ(字幕版)
(2016-05-18)
売り上げランキング: 715
ブロードウェイと銃弾 (字幕版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 14,611